アート

51bmlxtbpyl

青山さんらしい、フェティッシュ

51bhvrf8xsl

なぜか切なさしか残らない。

61veacifwjl

公共空間を学ぶものにとって必読書。ゲール氏に憧れを抱く。建築学生にも是非読んで欲しい一冊。

19827526 a639 4044 9981 d86c526cb750Ed124480 0d17 4e09 bca4 8bd2f8eeca59
519rdopiwol

日本の公共空間について考えさせられる1冊。デザインの手法まで載っているのは驚き。まちの見方が少しは変わったかな

86614da8 7e31 45ec 801f 444cc628088f86a98fbe f433 409e a164 ea57df574c38      2 normal
41mrwsmgn4l

古典劇、歌舞伎、シェイクスピア、ガンダムに共通しているのは『独白(モノローグ)』 その表現の粋に惹かれつづけてマス。

51izduovawl

ルネサンス、楽しく学べます。イタリア旅行に行きたくなるよ。

517jubjmrnl

☆☆☆

51qsatya ll

私たちは、どのように世界を切り分け/分節し、捉えているのだろうか。 類型別にみた建築の概略の歴史をまとめた、ある意味辞書のように使える本。建築の巨大化・複合化が進む現代において、一度それぞれのタイプ(図書館、鉄道駅、劇場etc.)の原初的な部分にまでさかのぼってものを考えるという視点は、とても重要に思える。 仮に、18Cまでは「様式」、19Cは「機能」という視点から世界(の一端である建築)を語れるのだとすれば、20C/21Cはどのように語ることができるだろう。コールハースは「スケール/大きさ」という視点を提出しているけれど、、

510fu0up0sl

立川市のオフィス街ファーレ立川の周辺は、現代美術が多く立ち並ぶ。それが屋内ならまだしも、屋外で立ち並ぶんだから、メンテナンスも相当に必要だ。最近立川へ行くことが多く、よく美術品をみては鑑賞したり遊んだりしているので、どういう制作意図があるのか?また活動や守ること(保守)についても詳しく書かれてある。アニメやマンガにしても思うのだけど、現代美術はなかなか受け入れが難しいと感じることがある。勿論ファーレ立川の美術品もとい、IKEAの製品デザインもしかり……。しかし、地道の良さは後世に伝え残すしかない。その情熱が増されて現代美術が面白くなって行くものだと感じる。各地でも現代アートイベントを市町村ぐるみで行われているが、その原点がファーレ立川にはあるのだと思う。

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696E014b6cb 83fe 4e54 93cc 355c9b858fe0
41j1ruvnjql

装丁と紙が変わってる 自分が知らなかっただけかもしれないけどこういうの他に知らない、面白いアイデア

41c99d01 a47b 4885 bf48 5bcbf83debe27ea0f0fc dcf4 445b b0b7 69b0cf4d06b7
41m420qxhsl

末井昭さんの「結婚」を読んだらこの神蔵美子さんの「たまもの」も読まないと、と思って。 なんか「私、生きてるのかな」と読みながら思った。 東京の風景や今まで読んできた文章や写真が繋がる。久しぶりに荒木陽子さんの「愛情生活」読み直そう。

8c59ac02 39d7 49b7 b831 d7598ed25621982e2ed6 3e7c 4410 ac27 43143492fd99
51che5tsffl

色の再現性、クオリティの高い図録。

9911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db200705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c539d8dc3e 9357 4a27 adca 83507e23f4664692462d e698 4e50 8343 f3ac63fbbe39De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644cA7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b5764081438 7136 4ce9 9620 8f9d4f403bb7 10
51e1zj3qecl

まちづくりというか「まち」の基本書。人気のスポットがなぜ人気なのかがわかる気がする

629ef3a3 0581 4dd9 8fe7 65dd7ea573a75b3e0e8c fc60 40d2 a2b6 dedf03df98b4
51i%2bqa k5xl

勉強

51lmkcnw94l

『週間読書人』で2014年5月から約2年間連載されていた「記憶の抽斗」が単行本になっていた。50年間を一気読了。

515%2b2e dkhl

洋書の逆輸入 海外の人が日本の美術のどういうところに惹かれるのか、何を紹介すべきかのヒントになる本 これからもこの国の豊かさを守っていくためにも、一人一人が自分の国の美術や伝統芸能についてもっとよく知るべきだと思う

41wn5bz4iyl

「GINZA SIX」の計画の背景には何があったのか。銀座街づくり会議・銀座デザイン協議会事務局長を務める著者が、会議の設立と、地区計画の改正の経緯を書いた本。 きっとどの地域にでもあるそれぞれの「らしさ」というものを、どのように認識・共有するか。「らしい」ものを安易に主導するのでなく、「らしくない」ものを弾くことによって結果的に「らしい」ものができる、という考え方は面白いなと思った。 -- memo ■小林一三(1873-1957):日露戦争後に大阪に出て、鉄道を起点とした都市開発、流通事業を一体的に進め、六甲山麓の高級住宅地、温泉、遊園地、野球場、学校法人関西学院等の高等教育機関の沿線誘致など、日本最初の田園都市構想実現と共に、それらを電鉄に連動させ相乗効果を上げる私鉄経営モデルの原型を独自に作り上げた。 ■芦原義信(1918-2003):建築家。ソニービル、東京芸術劇場などの作品で知られる。また『街並みの美学』で(戦後日本では)いち早く都市景観の重要性を述べた。 ■蓑原敬(1933-):住宅局、都市局で政策立案に従事。茨城県の住宅課長、都市計画課長として現場を経験。1985年住宅局住宅建設課長で退官。1989年㈱蓑原計画事務所を設立、主宰。2004年、都市計画と住宅政策を結びつけた業績により都市計画学会石川賞を受賞。 ■西村幸夫(1952-):専門は都市計画、都市保全計画、都市景観計画など。主な著書に『西村幸夫 風景論ノート』『都市保全計画』『西村幸夫 都市論ノート』『環境保全と景観創造』『町並みまちづくり物語』『歴史を生かしたまちづくり』など。

3bfa8377 8b42 41b2 b274 6714ef37d8ae174636fc 64b0 4154 8e1f 24126c9a62f7A8b2322f 4699 430e 8ad9 825f73982c0f
415dkj9hvjl

弱った心にてんしが染み込んでくる、ベッドサイドストーリーにおすすめの詩画集 絶望に打ちひしがれる儚さと、その事実を精一杯見つめる気高さ いのりたかった だれに? あいしたかった どうやって? どうしようもなく想像力が掻き立てられる 簡単な線に宿る豊かな表情をこんなに上手く言葉にしてしまえるなんて

41nsvj21x0l

サインもろた、お話出来た うれしやうれしや 部屋にポスター飾ってる

51%2bxcbwiofl

パンクだ。内田美紗さんの俳句の破壊力がまず凄い(1936年生まれ!)。で森山さんの写真との衝突が、さらにイメージを増幅させる。寺山修司や太宰と並べた時とはまた全然違う見え方がするから、森山さんの写真のポテンシャル、パナイ。大竹昭子さんの編集力にも唸る(嫉妬)。

次のページ