新着

おれは非情勤

おれは非情勤 東野圭吾

人を好きになって得することはたくさんあるけれど、嫌いになって得するなんてことはめったにないってことさ。 だったらわざわざ嫌いな人間を探す必要もない。           by おれ

2174a424 19f9 474c 8f48 3f4028fcee52E9f19941 aa8b 4782 82b1 0df464084d5eB81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f48817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18feC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991Icon user placeholderDbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e2 8
アナログの逆襲: 「ポストデジタル経済」へ、ビジネスや発想はこう変わる

アナログの逆襲: 「ポストデジタル経済」へ、ビジネスや発想はこう変わる デイビッド・サックス

昨今の行き過ぎたデジタル嗜好について考えさせられる内容だと思う。デジタルが良くアナログは悪いという一刀両断的なゼロイチ思考ではなく、デジタルとアナログの融合や共存が必要だと思う。デジタル技術はアナログ思考から生まれることに共感を覚える。

8373c472 3a52 4329 b64c 768691df82be45122d4d 760d 4ee8 8f3b 9f2de9a84a6c
日本スターバックス物語──はじめて明かされる個性派集団の挑戦

日本スターバックス物語──はじめて明かされる個性派集団の挑戦 梅本龍夫

この本は、ビジネス書ではなく物語。 「スターバックス、なんか持ってるんだよ」 スターバックスが生まれた理由のひとつ。 理屈じゃない成功者のセンスがカッコいい! 情熱から始まった日本のスターバックス。 そして成功が積み上がると、利害関係者での厳しいビジネスの交渉。 あれだけのブランドを築くまでの道のりはやはり険しく参考になる。 スターバックスの冒険は今も進行中。

Icon user placeholder3665eda2 3d97 4fb7 958e c54d92fc4a00B6726f9a f4ff 42cd ac37 63324f4bdff2Icon user placeholder0f47945c ebf6 499b b6af 2f43fc6d84a50cfcd8d3 edeb 4e47 94ab 7b01b9a42c4a5f3f266b e8b2 4776 bbce 2ecc090622b4 8
黒燿のシークは愛を囁く 5

黒燿のシークは愛を囁く 5 神月凛

誘拐されたルチア 助けてくれたのは砂漠の民のラシード 誘拐者たちに穢されたとルチアはもう陛下の元へは戻る資格がないと思っている ラシードはずっと民たちと一緒にルチアを護ると言ってくれた ずっとルチアを探してくれてた陛下と再会したルチアは戻れないと言ってラシードと去ってしまった ルチアはほんとに穢されたのか 誘拐者たちに聞かないとわからない

なんでも だっこ!

なんでも だっこ! スコット・キャンベル

(あらすじ) ぼくはむてきのだっこロボ! 人間でも動物でも、ベンチもポストもゴミ箱も‥なんだってだっこする。 だっこする事で、ほんわかしたり、いきいきしたり。 だっこロボの燃料はピザ。 とっても疲れた時は、ママにだっこされるのも大好き。 (感想) いつの時代も、だっこは必要。 だっこはたくさんのものを満たしてくれる。 (だっこ=ハグ)

ふたりの約束

ふたりの約束 プニーナ・ツヴィ/マーギー・ウォルフ

ナチスのホロコーストを生き延びた二人の姉妹の本当にあった物語。 二人が最後にいたベルゲン・ベルゼン強制収容所は、アンネ・フランクもいた収容所。 作者の二人は、生き延びた二人の姉妹のそれぞれの娘。 作者の一人マーギーは、「ハンナのかばん』の制作にも携わっているらしい。(あとがきより)

こんとんじいちゃんの裏庭

こんとんじいちゃんの裏庭 村上しいこ

(あらすじ) 中3の俺がコンビニで店員に暴行を働いて警察に世話になっているその日、認知症のじーちゃんが交通事故に遭い死んだ。 じーちゃんを轢いた相手は、『じーさんが赤で信号を渡った』の一点張りで、謝罪するどころか車の修理代や損害賠償を請求。 父親の取引先の重役だからと、父親は逃げ腰の言いなり。 母親は仕事と介護で疲れ切っていて、面倒事はお金を払ってでも早く終わらせたい。 学校の先生達へは不信感しかなく、友人達の事も学校に手懐けられた飼い犬のように感じている。 俺はたった一人で、事故について捜査し、じーちゃんを轢いた男や、悪どい保険屋と対峙する事にした。 (感想) 実際にありえる話なので、とてもタメになった。 中3でもこれだけの結果を出せる事に、勇気や励ましを貰った。 子どもだからと見下す大人たち、子どもであろうとも一人の人間として誠実に対応する大人たち、いろんな大人が見られて面白い。

ねぇ先生、知らないの?(1)

ねぇ先生、知らないの?(1) 浅野あや

美容師のイケメン理一くんが一目惚れして告白したのは漫画家の華 いつも原稿を書いてるときは 髪もボサボサでスッピンでお風呂も入らず 理一くんのメールは既読無視 なのに理一くんは華にメチャ惚れ 周りは綺麗な人だらけで華も心配だけど仕事が大事 理一と仲がいいモデル兼女優の子から 華は宣戦布告されたけど今のところ理一くんの気持ちを信じるしかない 時間の決まってる仕事じゃないとなかなか不定期にしか会えなくて大変

町田くんの世界 1

町田くんの世界 1 安藤ゆき

勉強も運動もできない一見ダメダメ人間のようで でも人から好かれる町田くん 誰のことでもよく見てて気付いて優しくできるところが町田くんのいいところ

Icon user placeholderD44e4d5f 3de9 4047 a8df 4d84a3acc8e3Ad2b6c8f 7108 4631 870d f9efca90cf07908e9864 4884 4b22 9bca bc9f5e7e6bafEd2c5066 c7c1 4cdf b83d d5067ee9a8d215807308 83f2 4ab3 aaf8 9c984727f5de6b7f080b a772 48b7 82eb dbce63638a29 16
兄友 7

兄友 7 赤瓦もどむ

まいの学校の学園祭がいつもと違って他の学校のような学園祭をやることになり誰も経験がないからまいは初めて西野さんに助けを求めた 学校に許可をもらって他校生の西野さんにアドバイスしてもらったり 珍しくお兄が協力してくれたりと大変だったが何とか無事終了 新しく知り合ったたまちゃんは理事長の孫で加賀くんのクラスメイト これからも関わっていきそう

文学処女(4)

文学処女(4) 中野まや花

望月を好きになってたらもっと楽だったのに なぜ昔の亡くなった婚約者を忘れられず誰にも本気にならず女性と体だけの関係しか持たない加賀屋先生を好きになってしまったのか 月白の心を変えるのと 加賀屋先生の心を変えるのと どちらが難しいのか

高嶺と花 10

高嶺と花 10 師走ゆき

おかモンが花に告白して おかモンは正々堂々と高嶺に報告 花は高嶺が好きだからおかモンにちゃんと断ったのに 高嶺は2人が付き合うと思って見合いをやめてもいいと花につげる 落ち込んだ花を助けたのはおかモン 誤解が解けて見合い続行となったけど 高嶺よりよっぽどおかモンの方が男らしい 高嶺は大人なんだからもうちょっと花頼りじゃなく自分で花を引っ張るくらいしてもいいのに 高嶺の誕生日会みたいに酔った勢いで花にキスするのもできたらシラフで男らしく

60秒のきせき: 子ネコがつくったピアノ曲

60秒のきせき: 子ネコがつくったピアノ曲 レズリア・ニューマン

(あらすじと詳細) ニューヨークのジュリアード音楽院を卒業し、大学で作曲を教えていたコテル氏は、1992年(49歳の時)に小さな捨てネコを拾う。 モリスは、パリのニュー・ミュージック・レビュー紙主催の、1分間(作曲)コンテストのために曲を作っていたが、良い曲が思い浮かばずに煮詰まる。 そんな時にネコのケツェルがたまたま鍵盤の上を歩いたその音の美しさに感銘を受けて、そのまま楽譜に書き起こし、21秒の曲としてケツェルの名前でコンテストに応募。 ケツェルが作曲した『ピアノのための小曲:四本のあんよ』は、『創作上の直感と想像力』が評価され、特別賞が授与される。 その後の1998年、ピーボディ音楽院内にて、10歳の女性ピアニストにより初披露される。 ケツェルの曲は、CDにもなっている。(コンテストを主催した責任者で、雑誌編集者のガイ・リビングストンが、ピアノ演奏。) (感想) 飼い主コテル氏の談話(大学新聞に掲載されたもの)より↓ 『日常のささやかな出来事は、いつでも高尚な現実へと変容しうる。 われわれは、奇跡にとりかこまれているのだ。 そのことに気づきさえすればだが。』(あとがきより) 素敵な言葉だと思う。

アニーのかさ

アニーのかさ Graff, Lisa Colleen

(あらすじ) 元気でお転婆な10歳の少女アニーは、いつも面白い事や楽しい事を考えては、一緒に遊んでくれる一つ歳上の兄が大好き。 ところが、ある日突然心臓発作を起こしたために兄を亡くして以来、アニーは人一倍心配性になり、慎重になる。 何事も病気や怪我に繋げて考えてしまい、不安のため絆創膏やヘルメット、テーピングが欠かせない。 でも父親は毎日仕事をするのに精一杯で、娘の訴えに何も見えてないし、何も聞こえていない。 母親は息子の死から一年が経とうとしているが、未だに目を背け向き合おうとせずに、悲しみに暮れている。 (感想) 友だちや近所の皆さんが、見捨てずに温かく見守り支え続けてくれたおかげで、『私』とその家族が救われるお話。 読んでいて胸が苦しく切なくなったり、ホッとしたり。

あたしが乗った列車は進む

あたしが乗った列車は進む ポール・モーシャー/代田亜香子

(あらすじ) 10歳で覚醒剤乱用による母の死を見届け、祖母と住むことに。 11歳でニコチン依存による祖母の死を見届けたのち、お隣のゲイカップルの家に避難していたが、 ご近所の通報により、福祉員に連れられカリフォルニア州から、長距離列車に乗って、シカゴへ。 会ったこともない親戚の家を目指す、その長距離列車の中での、様々な出会いやでき事のお話。 (感想) 少女が鏡の中の自分に向かって吐く言葉。 『だれもあんたなんか愛してくれないよ、バカだから。 何も分かってない無知な子どもだから。 あんたが大切に思う人はみんな、あんたの元から去るんだよ。‥』 たくさんのウソで自分を精一杯大きく見せて、虚勢を張る少女が切なくて抱きしめてあげたくなった。

次のページ