新刊

cook

cook 坂口恭平

料理のレシピ本というより、料理日記のような感じ 鉛筆のようなもので書かれた手書きのメモがとても親しみやすくて、疲れている時など全て文字にそれが出ているのでリアルに伝わってくる。 なにより、とても美味しそうだし、作る事をとても楽しんでいてこちらまでニコニコしながや読み更けてしまった。

92ba8856 ba0e 4fd9 b549 42afaab3a3af97a324dc 0c61 4901 b94b c33e24c3f351Icon user placeholderCda577f6 55a7 45af 8c90 2ba5a74e1a27Eb552d48 dd94 4640 ab00 366b6d191d66F42c9bc6 3205 4a7f a4d0 18cd6f5ef93522353682 dcf4 4e46 9e55 c3bb96f07310 12
野性伝説 羆風・飴色角と三本指 作:戸川幸夫 画:矢口高雄

野性伝説 羆風・飴色角と三本指 作:戸川幸夫 画:矢口高雄 戸川幸夫

木村盛武氏の「慟哭の谷」は以前読んだが、同じ三毛別羆事件を取り上げた戸川幸夫氏の「羆風」を劇画化。自然を描かせたら右に出る者がいない矢口高雄氏の華麗な筆致を得て、序盤からラストまで戦慄が止まらなかった。羆の本能、性格、心理状態まで細かく描かれている傑作。

日本国紀

日本国紀 百田尚樹

歴史が苦手な私には、進むのに時間がかかる内容ではありましたが、勉強にはなる。 知っておく事実が、わかりやすく書かれていました。 次はじっくり読まねばっ!

C6502eab 3c6f 45cc 8a22 e6faf3602abaIcon user placeholderC9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892fa382ac57a 4c2e 47c1 aeed a9c97d224dd8Icon user placeholderC6541c1a af4c 4abd a981 30e7891f96bd18dfc70f 9cf4 4b77 9926 2ca9b6a433b8 41
今日のハチミツ、あしたの私

今日のハチミツ、あしたの私 寺地はるな

2年間同棲した安西に連れていかれた故郷で彼の父親に結婚を反対された碧。 彼女は、中学生の頃に偶然出会ったハチミツを手掛かりに、頼る人もいない場所で自分の居場所を求めて孤軍奮闘する。 食べ物をテーマにした小説はどれも好きだ。 登場人物が何かしら食べていてくれると、心底安心して先を読むことができる。 拒食症に悩んだ碧の、どんな時も自分と、そして目の前の人にちゃんとしたものを作って食べさせようとする姿勢に共感を覚えた。 蜜蜂たちが懸命に集めた金色の恵みが、人間の寂しさや悲しみを癒す薬になる。 それは人間の毎日が、小さな自然の恵みによって支えられていることを再認識させてくれる。

4bb0d6f4 8f25 4bb3 ae15 48abac5771fd66840c0d e215 4d42 9e76 2e39cb92489cBd3f1c37 f049 4a4a af4d 35748b1db2b2961950db 0be3 4f5d afd9 68237fb114c64282fd02 d0b0 40d9 a72b 2aada7900676B6726f9a f4ff 42cd ac37 63324f4bdff26db3f0a2 636e 4594 91af d342928bb009 26
IQ

IQ ジョー・イデ

著者いわく、「フッドの(=低所得者の多い黒人街の通称)シャーロック・ホームズ」。知性のパワーを武器に、時に学校への通学路すら命を脅かすほどに危険な街角をすりぬけていく主人公と、元ギャングの相棒。冗談みたいなラッパーといかにもな下っ端、腹黒社長などなど、登場人物が軒並みクセが強い。 マーロウのようなスタイリッシュさとは違う、漂うようなグルーヴ感。レナードタッチで味わう丁々発止のかけ合いやハードボイルドさとも違う、ストリートの意味合いが異なる地域の熱く渇いた空気感が、独特の雰囲気を感じさせる作品。 エピローグまでが本編です。ここでまさかの…と思わせて次回作に繋げるのが何ともニクい…。

Aaf3a5a9 1641 4c32 84cb 16e7f9edc36b893c7a03 6ff6 42d8 b81f 2795c753583eAbc154e0 3994 4f0d 9d52 84a14e43a597031ef79a 6886 4cbc a8f1 f809cc18d1dcB6726f9a f4ff 42cd ac37 63324f4bdff2136df2a3 3aee 4402 a223 7710f260b629Af23a43c de7a 4b77 a911 0b5446efba2f 21
笑いのカイブツ

笑いのカイブツ ツチヤ・タカユキ

リトルトゥースにはお馴染みのハガキ職人。 自分へのプライドや世間への憎悪で所々読むに堪えない部分はあったが、狂気染みた笑いへのストイックさをひしひしと感じた。 少しでも世俗で生きる力を身につける努力があればツチヤタカユキさんはスポットライトを浴びていたのか、それともその努力によってこの「笑いのカイブツ」が生まれることは無くなってしまっていたのか。 彼曰く「遺書」であるこの作品の後、どんな人生を歩むのか。 有り得ない話だが、またハガキ職人としてのツチヤタカユキさんに出会いたい。

0b0fe38f 579a 4952 bd4f 5d5737d9c1ae26f8034f e38d 42e2 9b13 2f242b3877b8Icon user placeholderF6a4cb47 f782 4267 a852 5047a594aa1971f179d9 4336 4ee3 957c 89270efa45227e3e9861 7ca3 440a b5c4 386487680a513e15ba04 a396 4ca7 b118 fa06c4bf0688 11
てんげんつう

てんげんつう 畠中恵

大好きなしゃばけシリーズの最新作。 今回もとても楽しく一気に読んだ。 若旦那は相変わらず寝付いてはいるがおとっつぁんやおっかさんに判断を仰ぐ事もなく随分と大人になったなぁと感じる。長崎屋に集う妖たちもずいぶんと聞き分けよく大人しくなってきた気がする。 初期の頃は病弱な若旦那と人ならぬ妖たちの凸凹なドタバタ感が楽しかったが、みんな徐々に大人になり一緒にいる安心感が伝わってくる安定感が今は読んでいてとても心地良い。 相変わらず様々なトラブルが舞い込んでは来るけれど、みんなが幸せに暮らしてる様子がとても微笑ましく楽しい。 早くも次回作が待ち遠しい。

未来人に教えてもらった病気の秘密 ~人類に病気がなくなる世界~:バシャール✕おのころ心平

未来人に教えてもらった病気の秘密 ~人類に病気がなくなる世界~:バシャール✕おのころ心平 ダリル・アンカ

飛びすぎて分かりにくいバシャールさんのお話を、おのころ心平さんは私たちに伝えようと工夫してくださってたり、対談を通して噛み砕いてくださっていて内容は私にとって難しいけど愛を感じました (^-^) この本が自分や身近な人の病気に直面した時に少しでも頭の隅に引っかかっていて助けになったらいいなぁ

死に山: 世界一不気味な遭難事故《ディアトロフ峠事件》の真相

死に山: 世界一不気味な遭難事故《ディアトロフ峠事件》の真相 ドニー・アイカー

もし著者が、半世紀も前の外国の山岳事故について解明を試みなかったら、この事故は間違いなく謎のままだった。遺族や捜査関係者はもちろん、本人たちでさえ、なぜ自分が死んだのかはわからなかっただろう。あらゆる学問の進歩は、より良い生活環境のためのものとばかり思っていたが、過去の無念を晴らすことにもつながる。 膨れ上がる老齢人口に伴い年金問題に頭を抱える日本社会だが、これから育つ子供たちのことも考えなければならない。子供たちの翼を折ることなく、学問にはげめるような未来であってほしい。(だいぶ着地点がずれました)

03cce5dd c435 48a4 bafc cf986643d7798f80e5cc f258 4902 a28b 6b47f676166b81cc5180 9be6 43d3 b4dd a8695a40bda4E8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3cIcon user placeholder08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c0c0a9e37 6a00 44f9 af19 b6d64c2eedae 21
俺様ティーチャー 27

俺様ティーチャー 27 椿いづみ

相変わらずのテンションが面白かったです。 何気に「残りあと2巻の予定」と書いてあり、そこに1番衝撃を受けました。 マジか、寂しいな…。

はつ恋

はつ恋 村山由佳

バツ2のハナとバツ2のトキヲは幼馴染で今は遠距離恋愛中 お互いの仕事の関係で 会えるのは数ヶ月に一度 これが若い人同士なら 不安になったり寂しかったりで 脆くて不安定な関係に陥りやすいのかもしれない 主人公たちは どんなに自分をさらけ出しても2人の仲は大丈夫だと確信している この初めて感じる安心感こそが初恋なんだとすれば そんな人に出会えたことが幸せで 恋をするのに年齢は関係ないんだと素敵な気持ちにさせてもらった

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4E0035cdf d0df 4ace b7a7 15c2320e0e855057a02b e42a 49a2 86b2 f2c209bcccd5
転生したらスライムだった件(12)

転生したらスライムだった件(12) 川上 泰樹/伏瀬

リムルはこれまで最強のスライムだったから、まさかシズさんの教え子に追い込まれるとは…。 シズさんにしてもそうだけど、このマンガは女キャラの強さを認めてくれているのが嬉しいですね。 例えばこのシーンでも、教え子の男の子が立ちはだかってもおかしくないのに、女の子を選んでくれていて…。 私は強い女キャラ好きだから、単純にワクワクします! 後半の方では、テンペストに攻め込む新たな敵も出現。 早くリムルが皆の元に戻ってバトルシーンが見たいものです。

忌まわ昔

忌まわ昔 岩井志麻子

岩井志麻子氏は5時に夢中のイメージしかなく作品を読んだことがなかったが、今回気付かず購入し読む段になって「岩井志麻子ってひょっとして…あの?」と気付き驚いた次第。こんな作品を書いてるんですねー。 ということで初めて作品を読みました。 今昔物語をベースに現代の実際に起こった事件などを題材に書かれた短編集。 エロでもグロでもないのに人の本音や身勝手な欲望が生々しくものすごい圧力で迫ってくる。 何百年も前に記された今昔物語の時代から人というのは案外変わっていないのかもしれない。 生身の人間が一番恐ろしい。 そして薄々それと気付きながらも事件に飲み込まれていく刹那がとても悲しく恐ろしかった。

ウチの使い魔がすみません(6)

ウチの使い魔がすみません(6) 櫓刃鉄火

オビに、「今回はモフモフたらけ!」と書いてありましたが、本当その通りの内容でした。 よくこれだれモフモフまとめられたな…と、少し感心してしまいます。 使い魔テストの結果や、ノーマンとパティ父との秘話やオットー料理人の物語などなど、盛りだくさん! マウ目線で描かれた日常も面白かったです。 6巻は癒されるな〜と思っていたら、ラスト! やっぱりか!そうだと思ったよ、ノーマン‼︎ 次への続きとして、最高の締め方だと思いました!

学びを結果に変えるアウトプット大全

学びを結果に変えるアウトプット大全 樺沢紫苑

読み手の、その時に抱える課題によって、引っかかるアウトプットが変わる、辞書のように長く使える本です。 今回読んだ中で気になったアウトプットをご紹介します。 ・仕事中に浮かんでくるアイデアや、考えは、メモに書き出すこと 脳は一度に3つまでしかこなす事ができないから、棚卸しする ・構想を練るとき まずは紙に書いてざっくり考えて、それからPCで具体的にする 紙に書くのは、脳も活性化する ・新しいことを始めるときは、ちょいむず から始めて、少しずつハードルを上げていく 明日読めば、またささるアウトプットが変わるかもしれない 長くお付き合いください。

08cc3cb2 b3c9 4ecd a5f5 a0bd280aba13E638be73 d93b 4e1e 9581 7524f4f027141ff469e5 e07e 4a1e 93b1 ff88382adc5fFd2ec159 599a 48a9 b2e6 c652d423de7eBb7b517d 02a7 4bc5 9b26 904af76dcbda5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5be4551a2dd b87d 45e2 9801 225b9433b4af 220
次のページ