新刊

51bmlxtbpyl

青山さんらしい、フェティッシュ

51wthg3jaul

優しい、優しい物語。

E04ef991 bbd5 473a 8e42 8865ecad167723b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593A4a00c23 4740 4b7b b247 7658a77e7ab1A4ffc1e0 e632 4f8f 8fbb bff7e759bfa8Icon user placeholder94402930 96d7 44d6 83c9 dfab76562456279e4c3d 4f48 4384 87de 10f0379cd9fa 24
51pxic2wh l

standで見つけた書籍、図書館にあったので借りて読む。「インターネット、こんなもんだっけ?」という閉塞感の何故についてのひとつの回答。夜明けにはまだまだ時間がかかる感じがするのは「権力者がニュースっぽいものを垂れ流したり相手を認めない」状況が大きく見えたからか。そして、メディアへの怒りを感じている人がしかしそれを肯定するように収益持たせているアイロニー。

8fbc0717 76b9 4e15 a15c 8aabb7a07a2aA7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b57Bb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a
516nywx90ql

こんなにも失うことが切ないなんて、なんと幸せなことだと思ったのだ、この一言につきる。

40fe8af8 9603 4e8f 99c8 24c5cf6528909bdb99ea adbf 4491 80ec eb69f4ea8bf8
61jltdklkml

2017/06/26 読了 和製異世界ファンタジー。出版されるのを楽しみに待っている本。とっても面白いのですが、出版されるまでの間が長いので、辛いものがありますね。もう一度、最初から読み返してみようと思います。 さて、今回は『雪哉』がなんだか「イヤなやつ」に思えてきました。

516ozuuwhfl

コルトピさん…

31alca%2bkdil

カルテットの原点が、垣間見える空気感。

Bd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bd44558317 fe8b 47da affe ee58d87532bc50d70d83 2014 445b a680 f09b8a70efc100262ceb e827 42de bd86 ac14d32025854168a2e8 88f2 4b89 b224 b136732a4ddb
514bclhrzgl

あいだn

513s2ikzkrl

「こんなこと、あらへん」ってモノが出てくるけど、力技で読ませる。ハラハラドキドキなエンタテインメント。こら映画になるわ。敵が味方になって、味方が敵になる。車に詳しいと、より楽しめます。

51cxq7bxtfl

糸さんとペンギンさんの生活に、新しい家族が加わってより賑やかに。 異国への旅、日々の暮らし、そして愛しいあの子にきゅん、きゅん、きゅん。

34ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb60B2b65203 e353 46ce aa95 7343420197f2
518xfkxlvul

「エリート対人民」の構図から、国民投票の功罪、リベラルな排外主義などポピュリズムの特徴が理解できる 「大衆迎合主義」「人気取り政治」の一言では片付けられない

Aca0a973 32e8 4dc9 b7cb 8c43a57bcfad705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5Df666e33 81f5 42b6 822d cc89f9604ffbFc9e2477 6cde 48d2 afbf 55a354b6958d
51szwu3tg1l

一気読みしてしまった。誉田哲也さんの傑作

65d881a7 fa14 4e34 b06b 2dfb907942bc84d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690A7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b576cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cB7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5B44fe3cf 0581 4568 9cc3 7fd84a5f8243
51m5juyvodl

ヒヨくんのかわいさに、始終ほっこり。 子供もいない、予定もないわたしですが、なんだかりえさんと一緒に笑ったり和んだりしてた気がします。

015dce07 cf3e 4648 a2ea 9129980e6554Bf884da7 d640 4c8d a311 9e2407397b7d34ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb6036a58641 b683 4d85 8ae3 7114d37f78ce6d6dc50a 273d 4f97 8467 a0e6df9c33625d9aa654 0b5d 41e1 a880 d527ef95bd7b
41udz0e4ocl

福永武彦が取り上げられてるのを書評で知って読みました。恋愛小説に限らず新旧織り混ぜて色んな小説やエッセイ、書簡などから引用されていて面白かったです。添えられたポエムは好みが分かれるかな~

9cf4731a ecbd 4715 a17e c918ad7b62f5F4887ac7 757f 4a17 b005 ef2d9ddeb085E153f4f1 5633 42a2 9622 6364109e0147A1715068 f216 45a3 bb82 bb7f421b9f6e9911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db2004c2d6079 6b2e 4a86 bcbf 8166e3193ecb705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5 57
51ik2cxs21l

職人という仕事を生業にしている 自分にとって、 今後の道しるべ!? になるかも?!しれない 先を見て柔軟に対応する人になりたいし そうある人ともっと交わらなきゃなって 感じた

866f24ab a98d 4cbc 9881 c512fc7ca5b4C612fc9b fc15 4cb0 809e a499a157330927dd1aaf 4baf 48e0 9f98 4797ae8947f566f17c7f 0733 4bab b7ae 16ca078d5eb4C8bef26a 923f 4206 a853 b6c11e7c9bef4db60b0e 3120 43e2 b9c8 6e1830d5f56c6840a890 6b9f 4f3d 95e7 dfbccff07461 17
次のページ