Btn appstore Btn googleplay
51ivtdplywl

自然主義小説家・田山花袋はまたジャーナリストで無類の旅行好き。手甲脚絆、日に十数里もゆく昔の旅と全国の温泉を美辞麗句抜きで素朴に記す。風景・湯量・宿・人情... 続き

コメント

古きよき日本の風景をたずね、「蒲団」の花袋先生とともに旅する一冊。

読者

B895e8fe f2e0 4393 b335 c54abfd41f56220a4b3e 19d8 45d1 934e b33adf8cdbd5

田山花袋の本

(100)朝

(100)朝

4qou8kje normal

類人円

誰もが知らない円

『そばの花咲く頃』は作中で時間的な朝の景色は表れないのだが、それでもこのテーマで選ばれたその意味が粋。

2か月前