41eaj4f36xl

日常に侵された脳髄を搔きくすぐる、名状しがたい幻視と惑乱。冥境から降り来たる歪形の奇想。ありふれた想像を凌駕する超越的感覚と神経症的筆致で描く14の短篇。... 続き

コメント

ポーランド唯一の怪奇小説家と言われる作家の短編集。ラヴクラフトにも擬せられるというが、同じ超自然的な存在なり現象なりを題材としてはいても、クトゥルフ神話のような不定形な存在との邂逅ではなく、日常の中に垣間見える恐ろしさ。物や土地に宿る忌まわしい過去が何かの拍子に目覚め、そこにいる者に不幸な影響を与えるというやりきれなさがやや装飾過剰な文体によって薄暗い華やかさで描かれるのはなかなか癖になる。その薄暗い華やかさは、同じくポーランドの映画やポスターなんかに見られる、彩度の低いモノトーンの重苦しさの中にふと見える濃厚なあでやかさとも通底するようだ。邦訳がもう一冊出ているので『動きの悪魔』、そちらもいずれ。

その他のコメント

ポーランドの怪奇小説家。
ラヴクラフト、ポーの香りに東欧の湿った感じが加わった、他には無い世界。
物凄かった。
再読します。

読者

De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c7d884a2e a77e 44f9 ae8d a928cff242c778c5345e d02a 4ad4 899e 40f89c28aaed05568384 ab95 4018 86d5 f621d1ac22bfEe70adaf f789 4ba3 8131 174b8c056307Fbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de58d93e1db 2966 4110 a87e 4236e54cc18339d8dc3e 9357 4a27 adca 83507e23f466 12人

文芸

510dajmbmgl
E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

さすらいのアリクイ

兵庫の山の中で暮らしています

作曲家、ブルックナーが作った曲を聴きに演奏会に来た主人公の女性と、女性に「ブルックナーのファンだから」という理由で話しかけてきたブルックナーマニアの男三人、そしてこの小説の題材になった作曲家、ブルックナーたちによる、マイナーなものを追いかける者たちの衝突、困難、戦い、そして団結が書かれている小説。ブルックナー、僕はこの小説を読むまで知りませんでしたが、小説の中で書かれている「マイナーなものを追いかけるファン心理、行動」の部分、かなり共感しました。クラシック音楽に馴染みがなくてもマイナーな音楽、ミュージシャンを追いかけている方なら小説の内容に何かしら反応することがあるのでは、と。

約7時間前

41p9%2bwcgt1l
Ad47faf1 f79d 468f 9bd2 444ce25056fe

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 東京…

旦那からモラハラを受けていて 何をするにも旦那の許可を取らないといけない主人公の自由のない生活 それでも幸せなんだと思いこんでた 「歳下の男」と出会うまでは この旦那さん めっちゃ嫌い なんか 自分が全て正しくて 奥さんのやる事なすこと全て自分の思い通りにならないと気がすまないところが異常

約7時間前

5135fn60ykl
E0653cbb dde2 4174 9b68 a3e17d6fe915

広島で書店員をしています

女友達三人の何気ない、すぐそこにありそうな日常が書かれています。 自由とは、幸せとは。 考えされられます。

1日前