51zgu hzrkl

その年の五月から翌年の初めにかけて、私は狭い谷間の入り口近くの、山の上に住んでいた。夏には谷の奥の方でひっきりなしに雨が降ったが、谷の外側はだいたい晴れて... 続き

コメント

村上春樹の新作は基本読むようにしてます。相変わらず比喩表現力がキレッキレで、「暗闇が手でそのまま掴めちゃえそうなくらい真っ暗」とか肖像画家に対して「鏡で見る自分はただの物理的な反射に過ぎない」←今回のポイントかも
他にも妻を月に例えて当たり前にある(いる)ものと思っちゃいけない、月がどうしてそこにいてくれるか考えなければないとか奥が深い。。

物語は主人公の肖像画家の離婚話から騎士団長殺しという絵と謎の人物免色と出会い、そこから不思議な出来事に関わって行く話に発展していきます。美術、特に絵が好きな人にはたまらない内容であることは間違いないでしょう。もちろん絵には興味ない人でも楽しめる内容になってます。

その他のコメント

まだ読んでる途中なんですが、「村上春樹がもし○○を書いたら」みたいなのがここ数年でネットに氾濫したおかげで、ものすごくレベルの高い村上春樹の真似(デフォルメを超えてくると言えばいいのでしょうか)みたいに読めて笑いが止まらないという倒錯的感覚があります。感想は遷ろうメタファー編で。遷ろうメタファーってうつの難しすぎだろ!

読者

51aa5d13 8527 41f2 a0b8 ee0b98587cb1Picture95ba87f2 a891 4a31 988d a61f5c9f9ef16a5814fa d45f 468d 8be0 ebcf09a423431a58a418 9404 4011 85da d661916a181f23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c59437c007 975d 417c abab 9115cb628414 80人

村上春樹の本

41cevz2ozml
E4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4

avocado901

読むのは主に翻訳小説だけど、本棚…

特集「翻訳は嫌い?」に惹かれて購入。外文が好物なので。 巻頭の「日本翻訳史 明治篇」では、坪内逍遙や二葉亭四迷らが、西洋文学の翻訳を通して、新しい日本語(今私たちが読み書きしている日本語)を生み出していった歴史が述べられており、大変興味深く読みました。 「翻訳講座 村上春樹+柴田元幸」は、原文とお二人の訳文を比較しながら、良い翻訳とは何かについて論じています。私は柴田氏の翻訳が選書も含めて大好きなのですが、正確さよりも物語の雰囲気を重視した村上春樹の翻訳も読みやすくていいものだなあ、と思いました。

約1か月前

Fe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa46dbdc6a4 9d7e 4688 a23d b7db3958e1b5
41oybner4pl
#<actiondispatch::http::uploadedfile:0x007fb585260d80>

ハイパラ

年に50冊は読みたい!よろしくど…

村上春樹の作品、実はほとんど読んでいません。(^^;;が、この本は良かった!村上春樹が語る「村上春樹」。共感というか、「繋がる」という感じ。ご本人の受け売りですが。(^^;;小説、毛嫌いしてましたが、読んでみようと思います。

2か月前

F157a395 dd8e 4942 a829 47ec55fc798b19de2fed 9472 4fce 90e4 1ed9e7ed3b736a5814fa d45f 468d 8be0 ebcf09a42343 28