Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
612czvc7pcl

極端に臆病な幼い有里の初恋の相手は、文房具屋で買った銀のステッキだった。アニメの魔法使いみたいに杖をひと振り、押入れの暗闇に銀の星がきらめき、無数の目玉が... 続き

コメント

特に表題作が良い。佐世保の女子高生殺害解剖事件を思い出すが小説の方がずいぶん先に出ている。確かに村田作品はクレイジーな主人公が多い。けれど、自分の幼少期や思春期にも同じような悩みや苦しみ、巣食った猟奇心があることを思い出して決して他人事と思えないのだ。銀色のナイフを心に忍ばせていた自分、もう想像じゃ飽き足らなくて実物を握りしめた自分、忘れているだけで過去にはそんな私がいた。そんな私は村田作品で救われる。そして、今苦しんでる子どもたちが村田作品と出会い、犯罪者にならずに済むことを願う。

その他のコメント

誰にでも巣食う憎しみの矛先の極論か?

子供時代における環境がどれだけ人格形成に影響を与えるのかが分かる
感情移入しては自分と重なる部分にひんやりとしたものを感じた

読者

C26c862a cd52 4929 b1eb cb305f921c83E6e46408 7d9f 4c98 a3bd 456d3e7432212e09f365 42dc 471b b4a6 ad9c7a0568fc272492b6 d6db 4ed6 aa02 37ab6d2d62aaB28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca86818e08 9f1c 47a9 94d0 270200f0d8413a0e11b9 e6e0 4c2f 8e32 18fe7ed4fa5052757853 4979 4685 8f0e 2287b9d2298c 9人

村田沙耶香の本

タダイマトビラ

タダイマトビラ

7c37bb70 d567 446b 973a 7f9c62c1a8ef

いさ

♡をまーるく。

☆4 子供だから愛せるわけではないし、親だから愛せるわけでもない。それでも、私たちは「家族だから」愛してる愛されてる、って思いたくなる。 村田さんの作品は型に嵌った枠を壊しちゃうことで物事の本質を剥き出しにしちゃうのが恐ろしい。今作もとってもクレイジー。

5か月前

マウス

マウス

B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca

あなご

教育と心理の仕事。1987生

読んでいて小学校の頃のことを思い出した。いい子で臆病者の主人公よりは、別に人からどう思われてもどうでもいいと思って浮いている瀬里奈の方に共感できた。瀬里奈が「くるみ割り人形」という物語を得て変身するところが好きだ。自分も物語を得て演じて生きてきたし今もそうして人前で生きてる気がする。一人の時と、心許した相手の前だけでは演じずにいられる。大嫌いと言える相手が一番大切。

7か月前

Icon user placeholder2e09f365 42dc 471b b4a6 ad9c7a0568fcD27612f7 482a 4cfe 84af f5be4ad6430e 8
コンビニ人間

コンビニ人間

10dee52f a736 471e 9b9f 8267b8e9b931

岩瀬竜太

和歌山市内の書店に勤務しています…

前半と後半とでの、主人公の周囲の人たちの、主人公を「見る目」が変わる様にはドキリとしたけれど、「確かにー」と感じる部分も多々あった。 思った以上に、ズシリとくる作品でした。

9か月前

11950a6b adf5 40b1 85d9 82cd5c0201fa88e456a4 57e6 4492 bb90 7322706f900668846bbe f9fe 4f84 9769 b3159f1b0d98 307