51fuw9sav3l

子供の頃から、大人になった今まで、ずっとすれ違い続けてきた父と、もう一度やり直したい。そう考えた息子が思いついたのは、オンラインゲーム「ファイナルファンタ... 続き

コメント

いつの間にか父親との溝が予想以上に広がっていた著者は、ある日ファイナルファンタジーXIVを、自分の父親にプレゼントします。自分の正体を隠しながらもフレンド登録し、共に冒険を続け、いつの日か自分が実の息子であることを打ち明けるという壮大な親孝行計画を企てます。果たして結末は・・・!笑
2014年から2016年にかけて連載されたブログの書籍化です。現在深夜でドラマも放送されているようですが、そちらは見ておらず・・・でも本はめっちゃ面白かったです!٩(ˊᗜˋ*)و
今、ご両親と距離があいてしまっているかもと思う方には、ぜひ読んでいただきたいです。距離を詰める方法なんていくらでもあるんだよ、と教えてくれます。
ちなみに、現在期間限定で続きが読めるようになっていて、そのサイトが本に記載されております!そちらも面白いのでぜひ( ´ ▽ ` )ノ

読者

6c9f49e5 7325 4afa ac2f c4c58fbf626b08f10434 8670 4c74 8bc4 88920ba2d74fF278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e1 3人

新刊

51r 4lk6qsl
08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

ノンフィクションが好きでハルバースタムやウッドワードの本なんかは大好物なのでこれもタイトルだけで手にとって見たけど実に読み応えがある。世界史を取ってたわけじゃないからもしかしていい加減なこと言ってるかもしれないけど第二次大戦とか現在も続く中東の混乱とか世界の災厄の大元はほとんどこの大戦にあるような気がしているのだけど応仁の乱と同じくきっかけがどうにも分かりにくい。 名著「8月の砲声」もサラィエヴォでフランツ・フェルナンド夫妻が暗殺されて、から始まって大戦の流れを追ってるわけで第一次世界大戦がどういう流れで収束したか、についてはよく分かるし、同盟関係に引きづられていろんな国が参戦する羽目になっていったのもよく分かるのだけどそもそもの起こりがウヤムヤなままという感じがしていた。 そこで本作なのだけど下巻をまだ読んでいないのでなんとも言えないけど、純粋になんで戦争に至ってしまったか、について掘り下げた内容となっている。一巻ではなぜセルビア人がオーストリアの皇太子を射殺するに至ったのか、を前半に、後半にロシア、フランス、イギリス、がそれぞれどのような状況にあったのか、を説明している。 従来、植民地支配に乗り遅れて強引に巻き返しを図ったドイツの責任、というイメージを持っていたのだけど必ずしもそうではないことがよく分かる。下巻も楽しみなんだけども登場人物が多すぎて...できれば買ってじっくり読みたいんだけど文庫にならないかな...

3分前

51pgywfpsul
32c25c04 6874 44c6 b646 8d917d1c4f66

Yui Hiroi

雑食読み。

元がお好きな方には。 サイドストーリー?のはずなのに、しっかり別の話として動くんだろうなあが、オノナツメ感。

約4時間前

41xxw3sgr5l
6c54741d 4c86 487b ac23 922437e47ab5

aker_log

書店員//SF/哲学/宗教学/自…

P29 自ら運べるものを運び 自然のなかをやさしく歩き 自然のなかでそっと静かに眠り 自然の営みに気づき 自然との関わりを考える

約6時間前

511p%2bj6bn7l
47447c07 c188 4a46 a700 79a4bc3d1a55

らいこ

大好物は、ハイ・ファンタジー!ジ…

今回も風景が美しい物語だった。 今回は黒い感情、黒い情景が書かれているところが前回との違いで、転換期を思わせる内容。 いつかまた、くろがねに会えると信じて、他の玉妖たちとの出会いをたのしみに。 それにしても、今回も表紙が美しい!

約18時間前