41wylnpnesl

りくは中学生。おしゃれなパパと、カンペキなママ、「オーラがある」と友だちが憧れる、ちょっと特別な存在。美しい彼女は、蛇口をひねるように、嘘の涙をこぼすこと... 続き

コメント

最初から最後までなんとなく泣きそうな気持ちがつづく。ずっとりくのことが不憫で仕方なかったのが、最後のほんの数ページの希望だけで、全部塗り替えるかんじ。読んだあとはぽかぽかする。ハッピーエンドらしい終わりじゃないけど、中途半端さがすごく、現実的だと思いました。

その他のコメント

感情が、大きなバケツから溢れてとまらなくなったりくちゃん。
本当はまだ子ども

読者

D4dc49de 289d 4364 9d46 b2bde4005b3f1c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd752026f8034f e38d 42e2 9b13 2f242b3877b8441eeb00 70ed 4f8a 952a ea945c6d742aIcon user placeholderC9bfa862 ee91 4a8b 89c7 3446bbeb211764d80464 472b 4469 9f98 387fb5670e94A4180189 89b9 491c abf7 d03e985ee44a 33人

ほしよりこの本