51igwm8jy5l

コメント

綺麗なイラストが気になって購入した。読み終えた直後の感想は、?だった。どこにでもいるような家族の話だと思った。例えば、自分の子どもが命に関わるような病気になってしまったら。心から好きな人が(友人でも恋人でも)、怪しい宗教を勧めきてたら。それでも、勧めてきた本人達は本気で信じている訳で、子どもを救えるなら、好きな人の信じることなら、ってどこにでもありそうな話だなと。なんだか切ない。宗教って難しいテーマだけど、自分は無宗教だったとして、宗教を信仰するかは自由だが、その宗教の考え方を否定するのはナンセンスだと思った。色んな人の読了を見ていると、色んな考え方があるので、面白い。読んでみて良かった。

その他のコメント

生まれた頃から病気ばかりだった少女「ちひろ」の症状は、「金星のめぐみ」という水のおかげで劇的に回復する。これを機に両親は怪しい宗教にのめり込み、姉はそんな家族から距離を置くようになっていく、という話。

宗教に疑念を持ち始めた「ちひろ」がどう折り合いをつけていくのか、気になってページをめくるも、そこは解決しないまま終わる。この宗教自体、一体何なのかわからない。
「ちひろ」が奇異の目で見られながらも信頼できる友達ができていくところ、両親が不審者扱いされたところから「ちひろ」が両親を客観視する場面など、話は面白い。だが、釈然としない部分も多い。ぜひとも続きを書いて欲しいと思った一冊。

この空気感が芥川賞候補ということなのだろうか。やっぱり馴染めない。ただ定まり切らない絶妙な心理描写で苦手なジャンルでありながら、情景描写がわかりやすく、馴染めないながらに、スラスラと読み終えてしまってる感じは、個人的に向かないだけで、良い作品ということなのかもしれない。

読者

A2e77bda dd4d 4013 82ee 151bd28d8a5c55dffe9e 7cbe 47b5 ae66 f2382ff5f7712c22dbfb 2c56 489e b642 4a226951eb17E1562d5e 21ae 427c 8cbf 124bdb642864Ca7b5bd3 81fd 4de2 a5f2 a19c195d572bE6b27e3d cb2b 46e7 95a6 dc648abca4c839daa13d a72a 4906 a7e4 ad8313cdb71eEc9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25f 123人

今村夏子の本

文学ムック たべるのがおそい vol.3

文学ムック たべるのがおそい vol.3

E4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4

avocado901

読むのは主に翻訳小説だけど、本棚…

今号で真っ先に読んだのは、セサル・アイラの『ピカソ』 牛乳瓶から出てきた妖精に「ピカソになるのとピカソを手に入れるのと、どちらにするか」と訊ねられていろいろ考えたあげく……というお話。面白い。どうにもならないことを考えて(妄想して)いるうちに1日があっという間に過ぎてしまうタイプの人はハマると思う。

約1年前

De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644cEc3aa304 f8ad 4c36 ba38 b47dd07e80e01e83e0ed bc19 46c3 9ac4 081018c472aa 10
こちらあみ子

こちらあみ子

52164439 ed55 41d1 a6fc cfdffb76ec2d

todatori

英米児童文学で育って今はお話書い…

寝る前なのに一気に読んでしまった。この作者の視線はすべてを照らして影に隠したものまでさらけ出す。身につまされるところもあり、きつい。

約1年前

0b85626e bc23 4e2b ad3b 5dc873d552f229336ecb 05ae 4a8f 8e0a bfdbbdc1e463Ee5be961 4ff4 4d23 a889 a8416bd0fac6 11