Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
5103ea20yfl

コメント

スローターハウス5に続いて2冊めのカート・ヴォネガット・ジュニア。日本に原爆が落とされた日、関係者達は何をしていたのかというノンフィクション「世界が終末をむかえた日」を書こうとしている主人公の話。融点が45.8度の結晶体「アイスナイン」が発明されたことを取材を通して知り…
-
なんだか最初は面白かったけれど、サン・ロレンゾ島に行く辺りから、他人から聞く「昨日、こんな夢見てさ~」という荒唐無稽さを感じてしまい、上手く物語の中に入り込めなくなっているうちに、大変なことになって、さらに大変なことになって、またまた大変なことになって物語が終わってしまった。ボコノン教信者的に言うと「目が回る、目が回る、目が回る」状態。

その他のコメント

2回目か3回目
ヴォネガットはこの辺の笑い多めのが好き

読者

Icon user placeholder5cd8c4cc 4698 4a53 8909 14f61ee9f86cF4b211ea 0963 4178 92fe b51b494e5186D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869554b96f1 9ed1 474b 9112 2c20afdbee07931bc4b3 9cb5 48bb bed7 5c071e9c434a470fe9fb 70e0 4f4c a7ec 4115ac19979fE564b4c1 ae15 42a1 b1bf 8ff5e4a3d16e 10人

カート・ヴォネガット・ジュニアの本

ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを

ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを

D70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009c

aker_log

書店員+みつばち古書部//SF/…

P146 「こんにちは、赤ちゃん。地球へようこそ。この星は夏は暑くて、冬は寒い。この星はまんまるくて、濡れていて、人でいっぱいだ。なあ、赤ちゃん、きみたちがこの星で暮らせるのは、長く見積もっても、せいぜい百年くらいさ。ただ、ぼくの知っている規則が一つだけあるんだ、いいかいーー なんたって、親切でなきゃいけないよ」

約1か月前

スローターハウス5

スローターハウス5

F4b211ea 0963 4178 92fe b51b494e5186

しろいはなび

頼むからわたしの書いた小説を読ん…

2017年の8月末日、北朝鮮の中距離弾道ミサイルが北海道上空を飛んで太平洋上に落下した。そのことによって今までにないくらい、戦争の気配が濃厚になったような気がする。911の時には対岸の火事のように見えていたそれも、いよいよ日本もまた戦争に巻き込まれそうになるんじゃないか、みたいな微かな不安がネット上で浮かび上がる。 - スローターハウス5は、ドレスデン爆撃を経験した著者の、フィクションとノンフィクションが交差し、「けいれん的時間旅行」によってそれを追体験する小説だ。解説に書かれていたが、今まで書いた小説の登場人物や世界観設定がそのまま引用されているらしい。 - 極めて著者に近いビリーという主人公が、戦前と戦中と戦後を行ったり来たりして、時に過去作の登場人物と会話し、過去作に出てきたトラルファマドール星にアブダクションされたりしながら、相互に影響を与えながら物語は進んでいく。 - 何かが死んだときに言う「そういうものだ」と言う決まり文句が、人間一人にはとうてい抱えきれない悲劇を経験したものにしか感じることのできない実感なのだろう。 - 空襲のシーンが動画の「巻き戻し」のようになり、爆弾が飛行機に収まっていくというシーンがとてもキレイで印象に残っている。

約2か月前

1ee74e27 23aa 42e3 8787 1620f1c712cbE51916b3 c90b 45be 81df 9a242cc8b87aFc631cea f7a3 434e bd3f 0c02ce1da47a 12