51f4ashxhpl

コメント

物語はフィクションであると分かっていると思いつつも、さも当然の事のように現実にあるのではないかと錯覚させるような文の力があります。
独特な言葉まわしが非常に面白く、この人って頭の中どうなってるんだろう?と本の内容とは別に安部公房さんの人間性に興味がわきました。
この著者の世界観を味わいたいのであれば、まず最初にこの本を勧めると思います。

その他のコメント

安部公房の小説ってどうしてこんなに荒涼としているんだろう。この短編集も例に漏れず、子どもも大人も擦れっ枯らし。
昔はみんな貧乏だったし、戦争があったからなのかな?
原風景に、満州の砂漠があるからか。

読者

D1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558c1206b89e 3ffe 4f11 9473 6d7fc3fcda762c144179 394e 42df a05f 5d380807297cIcon user placeholder787f298d bedb 4a76 9827 1df78457715f1709b8d6 f254 4c0e 8ab5 33c4ad72d2caFb5c2ce3 4f84 45b0 ab32 3504621bb103399ab66c 2564 4a38 a01e 9acfd325ade6 10人

安部公房の本

飢餓同盟

飢餓同盟

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

かつての温泉街花園を舞台に土着の支配者とひもじいと称されるよそ者が結成したアナーキスト同盟たる「飢餓同盟」戦後民主主義を象徴する「読書会」3すくみのわちゃわちゃした対立を哀しくもどこかユーモラスに描く。 招致された医師である森が町につくも一向に病院にたどり着くことができない阿部公房的な不条理たらい回しぐるぐる地獄や人間をいかなる機械よりも精密な機械と化してしまう!ドイツ製の怪しげな薬「ヘクザン」の実験台となった地下探査技師織木、飢餓同盟員に対し「たとえばソロバンを盗んでこい、財務部長らしくなるために、明日までに割り算の九九をおぼえろ。電球を三つ盗んでこい。将来キャラメル工場の煙突塗り替えるために、毎日電柱にのぼる練習をしろ。姉さんの指紋をとってこい。電気コンロを盗んでこい。そして昨日は姉からヴァイオリンを盗んでこいというわけだ」P185と無茶ぶりをするリーダーの花井(ヒロポン中毒)等々奇妙奇天烈な登場人物が繰り広げる人間喜劇。

5か月前

53f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d35832Ba04bdee fbaf 4a6e 9a67 cfa92b2b9671D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f0
飛ぶ男

飛ぶ男

931bc4b3 9cb5 48bb bed7 5c071e9c434a

スエヒロケイスケ

劇作家らしき仕事してるが物書きら…

再読。安部公房死後に見つかった未完成稿。まだ初稿とも呼べない、ラフスケッチのような状態なので、作品が出来上がる過程が見えて面白いです。

約2年前