Btn appstore Btn googleplay
41wyr3la5gl

「こうであったかもしれない」過去が、その暗い鏡に浮かび上がらせるのは、「そうではなかったかもしれない」現在の姿だ。書き下ろし長編小説。 続き

コメント

この本で初めて初村上春樹さんを読みました。思っていたのと全然違い、本の世界に引き込まれました。なんか不思議な世界観。

その他のコメント

長かった(笑)

終わりに差し掛かる所で「これは?」と思い始めた。

BOOK2の内容が気になる。

早く「これは!?」という気持ちになりたい。

何か曲の始まりから最後の小節まで凄いなだらかなクレッシェンドをかけられているみたいだ(笑)

1Q84シリーズ、読了しました。

村上春樹さんの本は、ことばに命が宿っている気がして大好きです。

とくに好きなところは、
BOOK3 22章での、
牛河の「まずこの光景を丸ごと理屈抜きで受け入れるしかない。話はそこから始まる」という台詞。

自分の中での思い込みを一旦すべて置いておいて、新しいものを受け止めることは、難しいけど、世界が広がる可能性があるから大切だなって感じるこの頃です。

「常識」って結構自分で決めつけてるだけで、価値観を狭めている、足枷みたいなもの。

ハマっている大好きなことばは、「常識をぶっ壊そう」!!

読者

Icon user placeholder7009b3b1 712c 4f71 9da9 6512246fbe32Icon user placeholder4c5117c1 f31d 4270 9941 a4a8ec573e288e661df7 2d1b 42af 90d5 388f8e76cf647465d00b d974 433b ace4 584bb45a9520042c4960 208b 4c9b 9d72 e0e03cd3a2c9Picture 107人

村上春樹の本

辺境・近境

辺境・近境

Icon user placeholder

baro1n231

旅行をするという行為は、人に意識の変革を迫るもの、そして疲れるもの。日常から離れながらも、同時に日常に隣接しているか。 アメリカに1年いたときを思い出したな〜。 村上春樹もウィスコンシン州行ったことは個人的に嬉しい。

約1年前

「象の消滅」 短篇選集 1980-1991

「象の消滅」 短篇選集 1980-1991

E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a

kasa

旅行や食に関する本、 海外文学、…

17の短編 午後の最後の芝生が今の夏の季節と相まって良かった。 実在の地名が出てくるので想像がふくらむ。 飯田橋や駒込、小田急線など、距離感だとか山手線逆に乗ったとか、よく分かるのが嬉しい

1年前

15
村上T 僕の愛したTシャツたち

村上T 僕の愛したTシャツたち

A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a

まる

発芽マニア? 旅と文庫本とビン…

この本の中で私が着たいTシャツはやっぱり、安西水丸さんのナマケモノTシャツかな。あとはレコード柄全般に、書体がいいなと思うレタリングTシャツ、あと森林火災防止とヴェンチュラ・サーフショップのTシャツもいいな。 村上春樹氏は小説よりもエッセイやコラムが好きです。邪道ですかね?

1年前

20