Btn appstore Btn googleplay
51ubilldvdl

香港法人の代表取締役として出向を命ぜられた、IT企業ジェイ・プロトコルの中井優一を待ち受ける陥穽とは? 解説:北上次郎。 続き

コメント

600ページに及ぶ長編。夜も忘れて読み耽っていました。恋愛小説なのか、サスペンス小説なのか、ビジネス小説なのか。さまざまな要素が絡まり合いつつ、最後までずっとだれずに、緊張しっぱなしの展開。読み終わった後の喪失感がすごい。もっとこの物語にいたかったなぁと思いました。

その他のコメント

異色の犯罪小説にして恋愛小説、という触れ込みでしたが、後書きに書かれているように小説ジャンルを分類しても意味は無い感じで、この小説の魅力が伝えられないと思いますね。好き嫌いはあると思いますが、構成の良さ、文章力、キャラの雰囲気など、とても良くできてる作品でした!

600ページに及ぶ長編だったが、あっという間の終幕。
主人公は40手前の中間管理職のビジネスマン…だったはずなのに、気づけば守りたいものを守る為に成長していた。
ある意味荒唐無稽なストーリーラインを違和感無く伝えられているのは、マカオや香港の情景描写が精緻を極めているからだろうか。
そのかわり、主人公の脇を固める人々の描写にはややご都合主義的な部分を感じさせる点が残念だった。
とはいえ予想をつかせない展開は見事で、読み終えた時の満足感は高かった。

読者

C1243901 d6eb 4606 9351 ea9d9d21c2c4Icon user placeholderIcon user placeholderBd1fd651 b3dd 4f3d be9c fd6fa2549fb7Icon user placeholderFc37b4ad 16c0 4108 8aea 739dbd79b81fIcon user placeholderIcon user placeholder 74人

早瀬耕の本

彼女の知らない空

彼女の知らない空

00a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10

ほんのむし

2020年92冊目。早瀬耕の書く男女間の会話は格好良いなー。聡明でロマンチック。キューバと香港良く出てくるけど、好きなのかな。わたしもシェイクスピアの例え話で会話してくれる上司の下で働いてみたい。/20200611

1年前

52
AIと人類は共存できるか?: 人工知能SFアンソロジー

AIと人類は共存できるか?: 人工知能SFアンソロジー

2c296dad f582 43ea 9d9b 0bd7a6294950

嶋村史緒

無節操に何でも読みます。

どれもドチャクソ面白いです(語彙力無し)。
特に「政治」をテーマにした長谷敏司『仕事がいつまで経っても終わらない件』が好きです。
“AIが人間の仕事を奪うのではないか?”
とよくテレビで取り上げられていますが、この作品は
“寧ろAIのバージョンアップとアップデートのせいで、人のプログラミングの仕事がいつまで経っても終わんねーよ!”
という切り口でひじょ~に興味深いのです。

2年前

プラネタリウムの外側

プラネタリウムの外側

B1e77ac3 9774 4347 833b 973dcb63ec50

やな

本業はシステムやウェブ、紙モノな…

とにかくびっくりした。 読んでいて、ヤバイヤバイナニコレヤバイと、のたうちまわる感覚のまま読み切った。 前日譚となる『グリフォンズ・ガーデン』よりも先に読んだので、IDA-10がどんな格好をしているのか想像もつかなかったけれど、さらには削除という概念がないというバイオ・コンピュータの概念もよくわからなかったけれど、それでも仮想世界が現実世界を凌駕していく危うさは理解できた。というより、現実世界がどれほど危うく脆い世界なのか、ということを意識させられた。 「めったにない何度も読みたくなる作品」の一つに仲間入りした。

3年前

60
グリフォンズ・ガーデン

グリフォンズ・ガーデン

B1e77ac3 9774 4347 833b 973dcb63ec50

やな

本業はシステムやウェブ、紙モノな…

1992年に刊行された早瀬耕のデビュー作である単行本を、改訂し文庫化したもの。先だって刊行され、読んで衝撃を受けた『プラネタリウムの外側』の前日譚ということで発売を楽しみにしていた。元はゼミの卒業制作として書かれた作品と知る。(出典 HAYAKAWA BOOKS & MAGAZINE の 2017/9/13 の記事より) コンピュータや工学系についてはほとんど詳しい知識はないけれど、登場する恋人たちの会話の流れで難しい言葉もある程度、理解できる構造になっている。 結局、最後はどうなったのか。まだ読み終えたばかりで受け取ったものが上手くまとまらない。人によって捉え方も違うと思う。読んだ誰かと語り合いたい気持ち。 『プラネタリウムの外側』のときも思ったけれど、何度も読み返したい本の一冊に仲間入りした。

3年前

16