514zwyvryzl

華文(中国語)ミステリーの到達点を示す記念碑的傑作が、ついに日本上陸!現在(2013年)から1967年へ、1人の名刑事の警察人生を遡りながら、香港社会の変... 続き

コメント

香港のミステリ。タイトルは2013年と1967年を意味しており1人の刑事を主人公とした中編が六篇、時代を遡る形で並べられている。いずれも香港にとって重要な年を舞台に書いている、とのことだったのでなんとなく政治色の強い作品なのかと思って読み始めたのだが、いい意味で先入観が裏切られた。「天眼」とも称される天才的な刑事が時に際どい手を使いながらも難事件を解決する本格的な推理小説で文字通り読みだしたらやめられない面白さが詰まっている。いくらなんでもこれはちょっとやり過ぎでは…という箇所も散見されるもののフィクションだし娯楽と割り切れば楽しめる。もちろんちょっとした描写で変わりゆく香港社会のこともきっちり描かれているが鼻につくほどではない。華文ミステリは初めてだったがクオリティも高く非常に面白かった。他の作品も読んでみたい。

その他のコメント

香港警察きっての敏腕刑事クワンの刑事人生を追った華文ミステリ。タイトルの「13・67」とあるように2013年から1967年までの6つ事件を年代をさかのぼって書いている、つまり話が進むごとにイギリス統治下のグラデーションが色濃くなっているのが興味深い。
手に汗握る突入劇と驚くべき真相の「テミスの天秤」1989年、風景や派遣されたイギリス人家族が居住するマンションにYoutubeで見る色あせた過去の香港CMと重ね合わせてみる「借りた場所に」1977年、が印象に残る。
翻訳は「歩道橋の魔術師」「台湾海峡1949」の天野健太郎。
ウォン・カーウァイが映画権取得。

冒頭「警察の威信が損なわれた最大の原因は、警察の事件対応に「ダブルスタンダード」があったからにほかならない。警察には当然「政治的に中立」という原則があり、どんな場合においても公正な対応をしなければならないのだが、実際には政府に近い組織にはまるで目に見えぬ抑圧があるように、かつてのような効果的な捜査ができなくなっていた。市民の間からはこんな批判の声が挙がった-香港にのしかかる巨大権力はとっくに香港のフェアネスをむしり取ってしまった。警察はもはや政府の犬と堕ち、偏った法の執行者として官衙の悪事を見逃す、政治のためのサービス業に成り果てた・・・」2013年 P9
東アジア的権威主義は共通。

6篇が其々にお見事。
そして「警察の正義」が貫かれています。
香港警察「名探偵」クワンは、やはり天才だと思う。しかし、偏狭ではなく社会に融通もチャンと利かせて、組織の中で生きています。読後感は、スッキリです。
けれどクワンは自他共に認める「ドケチ」って設定が笑えます。最後お話を読み終えて、「あら?」と最初のお話のページをめくってしまいました。

読者

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad408046b58 10fc 4538 ad28 8bc6ce8e348a98fe97a3 3898 4734 8940 4617f6aa686008634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cA2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b1326153e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8aIcon user placeholderDa0fc94d cab2 456e 95d5 cf0e660535d8 11人

新刊

酒場っ子

酒場っ子

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

さすらいのアリクイ

兵庫の山の中で暮らしています

酒場ライターのパリッコさんが東京や日本各地の居酒屋、酒場を巡って飲んで食べた記録の本。パリッコさんの引き出しの多さ、行くお店をとことん心地よく楽しんでしまおうという心意気に浸ることができる、読んでいてかなり愉快な気分になることができる本です。ただ酒場に行って飲むだけではなく、東大の食堂で飲める場所があるとか、開いているのか締まっているのか気になっていたお店の主人と酒場で仲良くなり主人のお店で夢みたいな内容の宴会をすることに…など読みごたえがある探索系の読みものもあり。著者はサービスし過ぎだよなと。サービスがうれしいけども。読んでいるとすんなりハッピーになれる心地よい本です。

約3時間前

世界で一番美しい病気

世界で一番美しい病気

Cbe668ff bf8e 4314 915b 5a089a854466

sunny

書くことに意味を持たせる、忘れな…

若い頃大好きだった作家。 今では小説の登場人物よりもずっと年上になってしまったな。 らもさんはあの頃会った時よりもずっと、知的で大人でした。

約5時間前

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a219dd1b988 517b 4f84 9c73 550d4205f3ed40f66a27 01a4 4b46 9365 4295a2f16609
山小屋の灯

山小屋の灯

568df437 3f78 4b41 b3cc 741955579aea

cisumon

Wes Anderson すき

山小屋目的の登山、どの小屋に行こうかなぁ。 どの小屋にもそれぞれ楽しみ方がありそう

約7時間前

8e56d571 b5e9 40eb 8f73 cdc295a236508f57cf26 368c 4173 9191 93cfda77cc8b6ce246ea 6801 44c3 bc07 1153d7dd2568
Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

15807308 83f2 4ab3 aaf8 9c984727f5de

喜八郎

百合マンガ、BLマンガ、動物行動…

例えば会社の新人研修、例えば子供の育て方。 育つ側から育てる側になった今だからこそ読んでおきたい本だなと思いました。 とくにメタ認知を持たせることでケアレスミスを防げるというのは目からウロコでした。 作業責任を伴う業務をマネジメントする場合に作業チェックシートを導入することでリスク担保をしていたんですが、著者の言う通り、チェックシートの意味がなくなる瞬間というのはあります。 職人を育てることは業務の属人化につながると思いつつ、現状との乖離を見て見ぬふりしていたことに気付かされました。 いっそ職人を育てるプロセスを組織に組み込めばそれは属人的ではなくなるという希望すら生まれました。

約8時間前