51phtfpbcvl

慧に告白後、関係がぎくしゃくしてしまっている鹿乃。そんな折、知人に若い男性を紹介される。佐伯稜一と名乗る彼は、実は蔵の着物の関係者で、大伯母の椿柄の振袖に... 続き

コメント

2018/5/31読了
シリーズの1巻目から出続けて、もっと活躍するのかと思いきや、大した当て馬にもなれずすんなり引いた春野の存在感の物足りなさよ…。でもまぁ、このシリーズに三角関係とか不要ではあるのだけれど。とりあえず鹿乃と慧ちゃんはおさまるところにおさまって良かったなー。由鷹と真帆ちゃんの話が割とホラー風味で面白かった。民俗学もう少し勉強しておけば良かったな。

読者

Icon user placeholderC0d7f1f6 fc86 4ddf 9f88 91b5eda7b98c25306675 8b5f 455a 99bd a409f623142e9d8a873a 7343 4ba1 bd6d 96f4d9cd3eaf80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a69f23578 a4a8 47e4 9f5c 89219e32098fD3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29C28dd2d6 cc1f 46ca a395 b08507e51659 11人

白川紺子の本

契約結婚はじめました。 3 ~椿屋敷の偽夫婦~

契約結婚はじめました。 3 ~椿屋敷の偽夫婦~

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

前回の「渡しません」発言後、少しどころか大きく変わった柊一さんが、いろいろと攻めあぐねている状況は、もしや晶紀さんも同じで… このお話は不器用な人がたくさん出てきます。 でも…ひとって、そもそも不器用なのかもしれない、とも思います。

5か月前

F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad1131525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4C0d7f1f6 fc86 4ddf 9f88 91b5eda7b98c
下鴨アンティーク 白鳥と紫式部

下鴨アンティーク 白鳥と紫式部

69f23578 a4a8 47e4 9f5c 89219e32098f

ひろむ

月に6冊以上、年間75冊読破が今…

2018/6/18読了 シリーズ完結編。野々宮家の代々受け継がれるものを、鹿乃もまた次代へと受け継いでゆくんだなーという象徴的な話が前半。多分この話が実質的な完結編。 後半は、これまでにも数話あった良鷹がメインの和風ホラーっぽい番外編かと思いきや、普通に本編に合流して、なるほどこの流れでまた新しいシリーズが始められる要素もあるなと思ったり…。

5か月前

C0d7f1f6 fc86 4ddf 9f88 91b5eda7b98cFcd78a68 5507 494c a56a b3dcf49699dbF8091af0 ce58 436f ba51 c60bfaf6c52b