41upbpkh3ql

一風変わった大家さんとの“二人暮らし”の日々は、ほっこり度100%! 1階には大家のおばあさん、2階にはトホホな芸人の僕。挨拶は「ごきげんよう」、好きなタ... 続き

コメント

大家さんと矢部さんの掛け合いが、家族でも単なるご近所さんでも恩師とのそれではなくて、心がぽかぽかときゅんきゅんが混じったあたたかさ。後輩芸人さんが出てきたときに、僕の大家さんなのに…と矢部さんが思うシーンに、矢部さんの表現の素直さを感じた。いつまでも、読んでいたい。

その他のコメント

ずっと読みたくてやっと手に入れた。
大家さんと矢部さん、必然の出会いだったのでしょうね。矢部さんって体力はなさそうだけど優しそうだし、そして教養があって、そこがお二人の波長が合うところなのかなって思う。
ことさら強調はしていないけど、芸人さんの仕事のシビアな面も垣間見られて興味深い。個性豊かな登場人物も面白い。大家さんを通して昔の生活を知ることもできる。
本の中にそこはかとなく漂う、笑いと物悲しさ。
とてもいい本だと思う。

涙がポロポロ、ポロポロ出て来ちゃった!
素敵です。

読者

13cbb42b c223 430a 839f e6e0e8525715Icon user placeholder763de688 9e98 4f46 a6f7 ed079e712334Bede488f eb09 4e91 9a54 e8af296f0c6158f9d5fa c8cd 4a42 9e52 e46170321dc166514ac8 9f5d 49d0 819d e8978ce3832d1cbff4d3 a5a5 45eb 9033 1ef0b1441b3a46da03c0 292d 4d30 bcab ef72e7307ed6 123人

コミック

レイリ

レイリ

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

女姿のレイリに察して下さい感。 あれ?最終巻なの? 武田家の終焉をどう描くのか、もっとじっくりやるかと思ってたので拍子抜け。 かなりあっさり終わってしまった。

5日前