51g2qnjpsul

1888年、フランスに滞在していた画家のゴッホは、己の片耳を切り落とす――現在でも語り草になっているこの衝撃的な事件はなぜ起きたのか? イギリスの気鋭の歴... 続き

コメント

ゴッホと言う一人の人間を再発見できる本である。

書き方が独特なのか、訳が独特なのか分からないが、少し読みにくさを感じた。(一人称がゴッホになったり著者になったり)

ゴッホの新説に興味がある人は是非!

読者

5b7f5eb1 8b9d 4e84 9650 1b5e4f72ae66Icon user placeholderBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311B13d8520 e928 46a8 8042 e946b9fcd72f5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5be66feff89 7503 4093 b855 5506bddb18687225a567 edb7 4fa9 92d0 7b10908e4888F6ce5dda 1862 4b16 b852 9fe7ff383b5c 18人

ノンフィクション

ヨーコさんの“言葉”

ヨーコさんの“言葉”

7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

じんわり沁み込んでくる話が、とても抑揚なく入ってくる。 淡谷のり子さんを、その生き方を尊敬する気持ちはよくわかります。 私は私だよと言えることは尊いなぁ。 自分もそうありたい。

3日前

Icon user placeholder5d9aa654 0b5d 41e1 a880 d527ef95bd7b8eca2a5d ab82 46b6 b722 fa50d8d41668
泣き虫しょったんの奇跡 サラリーマンから将棋のプロへ

泣き虫しょったんの奇跡 サラリーマンから将棋のプロへ

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

自伝小説。 道なき道を切りひらいた先駆者です。 作家さんではないので、ぼくとつとした文章です。 天才ではなく、普通の人がプロ棋士を目指して奨励会で頑張る姿がリアルで新鮮でした。 奨励会を退会してからプロ試験を受ける過程は、端的に語られています。 映画化という事で手にとってみました。

11日前