511xjej0eel

-------------------------------------------------------- 本を読む人と、その生活。 このような36... 続き

コメント

学会準備及び書店廻り終了。帰宅路の新幹線にて「読書の日記」阿久津隆著NUMABOOKS、本の案内をしながら買ってしまうというよくわからないループ。いまは「八月の光」あたり、翌日仕事なのでアルコールはないがすこぶる好調。
と書いた半月前。現在進行形で気の向いたときにパラパラとめくる。
例えば本日7月8日の日記
「寝る前に酒を飲みながらウルフを読んでいたら『幸福』という気持ちになった。ウルフは相変わらずあれこれに一喜一憂していて、その様子を見ていたらというか、ただ読んでいたらなんでだかとても満たされた気持ちになって、同時に、『こんなに働いたらやっぱりダメだ。こういう時間をもっととれるようにならないといけない。明日店に行ったらまずは皮算用だ。Excelだ』と思った」P.831
思わずクスっと笑う至福の時間だ。

読者

D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd2963bc143a 9630 456a a9be a98b79acaed46cc053b7 a35f 4d76 8b84 5f08ee0a5def289c3885 012f 4353 974f ba5fa8ad8d2dEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09Ede2370c 52b5 401f a02b f85ff334e436Dc1fbd20 af0d 4bf2 a240 bfce758a3fceEf4056d8 4c77 4727 8c8a 4ec70402cae3 20人

文学

などらきの首

などらきの首

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

比嘉姉妹シリーズの次女「比嘉美晴」謎の人物だったけれど、随分世の中斜めに見る女の子だったのだと認識。亡くなっていたよね? 琴子さんは相変わらず頼り甲斐があって。真琴さんは、相変わらず安定感がない。野崎さんの学生時代の話は(などらきの首)若い頃はこんな考え方していたのかと……。もっと昔の話を読みたい、祖父母の話は何かありそう。 このシリーズは、霊か超能力か妖怪か決めつけるのが間違っているんじゃないかと思わせられる奇怪現象にゾッとします。

約12時間前

少女たちは夜歩く

少女たちは夜歩く

328ed07f fd1e 4a0b b315 5abba972a31a

さゆりん

活字大好き

怖いのだけど どこか引き込まれずにいられない夜のお城と森イコール死者の住人たち 一人ずつライトアップされるかのように生き様が炙り出されていく不思議な魅力を持った小説

約19時間前