511xjej0eel

-------------------------------------------------------- 本を読む人と、その生活。 このような36... 続き

コメント

学会準備及び書店廻り終了。帰宅路の新幹線にて「読書の日記」阿久津隆著NUMABOOKS、本の案内をしながら買ってしまうというよくわからないループ。いまは「八月の光」あたり、翌日仕事なのでアルコールはないがすこぶる好調。
と書いた半月前。現在進行形で気の向いたときにパラパラとめくる。
例えば本日7月8日の日記
「寝る前に酒を飲みながらウルフを読んでいたら『幸福』という気持ちになった。ウルフは相変わらずあれこれに一喜一憂していて、その様子を見ていたらというか、ただ読んでいたらなんでだかとても満たされた気持ちになって、同時に、『こんなに働いたらやっぱりダメだ。こういう時間をもっととれるようにならないといけない。明日店に行ったらまずは皮算用だ。Excelだ』と思った」P.831
思わずクスっと笑う至福の時間だ。

読者

Cbf5359e 4a74 476c 92ff 8fd73b3a9988B81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f489e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c6Da3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e1D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd2963bc143a 9630 456a a9be a98b79acaed46cc053b7 a35f 4d76 8b84 5f08ee0a5def 24人

文学

傑作はまだ

傑作はまだ

56a03690 63b8 4975 853f fac13092849b

Misatyu

念願の図書館常駐!

最新巻毎回楽しみです。瀬尾さんの小説は悪い人が出てこなくて、読後感が爽やか。世の中捨てたもんじゃないって希望が持てるので、好きです。親子をテーマに孤独だった主人公が、25年たって初めて会った息子に人間関係をまる〜くまとめられていく過程が面白くて、一気に読めます。ぜひ本屋大賞を取った作品と合わせて読んで欲しい。

約23時間前

E2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab67C14a222d 4ee3 4cd6 8319 3a96672a5869D58a0b0d e5d7 4b5f 843e 259541388591
漂砂の塔

漂砂の塔

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

SGGK

サッカーとミステリとハードボイル…

北方領土の島を舞台に、日本、ロシア、中国の思惑がせめぎ合う。現在の利権と過去の事件が組み合わさった結末は、やはり大沢節で格好良くまとめます。 佐久間公や鮫島など、痺れるセリフを言わせるのが上手い大沢氏ですが、今回はヤンの最後のセリフが格好良すぎました。

3日前

147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e0891383b 0c85 4f1f a06d db9b51d42e31
おろしや国酔夢譚

おろしや国酔夢譚

Eaf4a5f0 bc3b 4b28 b90f a039ca5c7ba8

電子機器の営業マン

教科書でしか知らない光太夫、ラックスマン。 数行で済まされる記述の背景には漂流者たちの大いなる苦難があったのだと知りました。

3日前

Dfbd1143 4c06 47d5 b974 471791c7d8c0C23297ff 4e40 44bc 90f8 aa7d870dfd7b41fb89ec ec7b 4c9d a66b 1124cf8a36d9
ゴーストハント2 人形の檻

ゴーストハント2 人形の檻

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

講談社X文庫ティーンズハートの『悪霊がホントにいっぱい』を一般向けに全面改稿した作品。 ページ数ほぼ倍増で、ほぼ作り直してる感じ。新キャラまでいる。 悪霊シリーズはここからがガチ。 8歳前後の子どもだけが命を狙われる怪異の謎。 細部がより書き込まれて、より怖くなっております。小野不由美らしく、ミステリ的な謎解議論要素が入ってるのも良い感じです。

4日前