51dqhf75yll

これが、新自由主義の悲惨な末路だ!緊縮財政、民営化、規制緩和、自己責任社会…。支配層の欺瞞を暴き、英米とEU各国で絶賛された衝撃の書! 続き

コメント

「ニート」発祥の地、イギリスにおける「チャヴ」という現象。

日本において定着した労働政策に関する用語の一つに「ニート」がある。ニートとは、Not in Education,Employment or Training “NEET”つまり、就学、就労、職業訓練を受けていない事を意味する用語である。
本国イギリスでは、1999年の労働政策の中で作成された調査報告書内の一文から出てきたものである。
本書においても一箇所、ニートについて触れている部分がある。
以下、引用本書261頁より

「地元には、やってみたくなるまっとうな仕事がほとんどない。若者の四人に一人はどこかの段階で『ニート』になる。ー六歳から一八の『教育も受けず、雇用もされず、研修中でもない』若者のことだ。産業に徒弟制度がなくなったことで、労働者階級の若い男性の多くには、選択肢もほとんどなくなった」

本書ではこれ以上ニートに関する話題は出てこない。
しかし、この言葉の定義以上にイメージが定着した日本の「ニート」とイギリスの「チャヴ」、それがどういった若者達をさすかは非常に似ている。
まず、日本におけるニートのイメージは以下の本田由紀のインタビュー記事にあるように、今まであった様々な問題を含めた上で結局若者の「やる気のなさ」「向上心が欠けている」というような個人の内面の問題として捉えられてきたし、捉える方が都合が良かった。

以下、引用
http://www.futoko.org/special/special-02/page0513-121.html

「ニート」という言葉は、04~05年にかけて急速に広がりました〜きっかけの一つが、「働かない若者『ニート』、10年で1・6倍 就業意欲なく親に”寄生“」という見出しで一面に掲載された、2004年5月17日づけの産経新聞の記事です。それにより、日本のニート概念、つまり「意欲のない若者の増加」「親への寄生」というイメージが色濃く定まってしまった感があります。その後、「ひきこもり」や「パラサイト・シングル」といったニート以前の既存の概念もニートに集約され、あの急速な広まりが生まれました〜ニートという言葉の広がりを見て、政治家や識者からは「愛国心がないから、国のために働かず、ニートになるんだ」「ニートを育てた親の教育が悪い」といった意見も出されました。

本書「チャヴ」においても似た議論がある。広まる時期まで似ている。
本書15頁より

「二〇〇五年に初めてコリンズ英語辞典に載ったとき、『チャヴ』の定義は『カジュアルなスポーツウェアを着た労働者階級』の若者だったが、その意味は著しく広がった〜いまや、チャヴということばには、労働者階級に関連した暴力、怠惰、十代での妊娠、人種差別、アルコール依存などあらゆるネガティブな特徴が含まれている」

以上のように本書ではチャヴという言葉の使われ方、イメージがどのように広がっていったかが述べられる。
著者はその言葉のイメージと実態が異なる事、実態を見えなくさせようとする動きを指摘している。

・上下を隠す動き

昔に比べて無気力な若者が増えてイギリスが悪くなったという言説、「ブロークンブリテン」と呼ばれるものは、実際には、サッチャー政権下でおきた労働者階級の分断、産業の空洞化がもたらした真空地帯にほとんど何も手当を施さなかったどころか、「支援を受けるやつは向上心の無い怠け者だ」とするレッテルを貼って、責任を個人の能力の欠如とした事だった。
レッテル貼りにはその政権の人間だけでなく、メディアや有識者も、左派も右派も加勢した。

これは上下の対立を見えなくするやり方だった。
本書の核心は常に権力のあり方、行使のされ方だ。
本書361頁より

「本書で論じたかったのは、憐れみやノスタルジーではなく、権力だった〜われわれは実質的にみな中流階級だとか、階級という概念はもはや時代遅れ、社会問題は個人の失敗の結果といった言説、どれもまちがっている」

権力のあり方が資本と結びつく事を指摘した世界で最も有名な著者、カールマルクスはドイツ人ジャーナリストだった。
ジャーナリストは世界を下から見ていき、権力のあり方を分析し、批判するべきだと思う。
これはまっとうなジャーナリストが正面から権力について迫った本だった。

その他のコメント

イギリスの貧困層の若者たちを揶揄する「CHAVS(チャヴ)」という言葉を軸に、加速度的に経済的格差を広げる現代社会で起こるさまざまな現象を読み解く。
格差が広がる過程では、それと同時に人と人との間の心的距離も広がり、その結果、人々の親しさや共感は急速に減退する。
それは相互扶助が働かなくなり、人が孤立し、見捨てられる社会だ。
著者の口調は穏やかながら、根底には、一旦貧困に陥るとそこから這い上がることが著しく困難になるという残酷なシステムを作り出した者たちに対する怒りと、見捨てられた人々に対する共感と労わりの気持ちが溢れている。
この本を読んだ多くの人が言うように、我が国でも同じ状況が既に進行しているのではないかと危機感を覚えている。

読者

Bf5b322e ae2f 484f a218 718d0c72baa12e660f9d 042a 43c9 8a83 ab9221e5f4a4Af23a43c de7a 4b77 a911 0b5446efba2fIcon user placeholderC2d6999d 627d 40ac b68a 80aae8485e7529464afb 595b 402c a513 a16191529b21C00a5b6d 82b6 4a25 8807 f4e4043cb59eF5acdf0a 9d26 4489 be07 ea75c418152f 11人

社会

LIFE SHIFT

LIFE SHIFT

7b401418 5669 4657 b744 aeedef1eaea4

yklsa

100歳まで今の生活を維持しようとすると、今の時間の使い方やお金の使い方を考え直さないといけないと感じた。

1日前

D35676fc 436e 48c3 b25b 7e8405e7ef23E1fbbdac b3c9 4e6a 9f42 ff2bbcb68876E8e7efb3 e061 4dcb b68d d92b19e44a1f 140