41ixbhx67ul

コメント

前作が面白かったので手にとってみた。簡単に言ってしまうと義経記の現代語バージョンなのだが面白いのは語り手が現代に生きる?義経、というところ。この作者が凄いのは普通は「この義経はこういう設定」と説明したくなると思うのだけど、語り手が生まれ変わりなのか霊なのか、はたまた何かなのか、というところは何もなく淡々と900年前のことを義経に現代語で語らせているところ。日本の古典には面白い作品がいろいろあるけども現代語版は訳が硬かったりまたはそのまんまだったりでとっつきにくい。更に古典でありがちなのは心理描写が少ないところで、ここではそういう行間も「やだなー」とか「ムカつく」とか平易に描かれていて凄く面白い。本作では頼朝との対面から平家滅亡がほぼ数ページで片ずけられて、土佐合戦から義経が吉野に逃げて静と別れるあたりまでが描かれていてまだまだ先がある感じ。次作がとても楽しみ。

その他のコメント

待ってました。第2巻!
実兄の頼朝との再会から話は始まる。
現代のヤンキー言葉で語られる『ギケイキ』だが、当時の人間模様が活き活きと伝わる。
早く次巻が読みたい!

『義経記』を現代の若者っぽいノリノリな文体でアレンジした『ギケイキ』の第二巻。頼朝との対面の場面から始まり、頼朝から狙われて吉野に向かう場面までが描かれる。

まず、平家に反旗を翻そうとする場面から、わずか1ページほどで平家が滅亡してしまう超スピードな展開に驚いた(どうやら義経記もそんな感じらしいが)。

古典では服装がやたら詳細に描写されるが、その辺りのアレンジが絶妙。
「インナーは真っ白な直垂。ホワイトをベースにイエローの文様を染め出したレザーでステッチした鎧。兜はあえてかぶらずハットをかぶって、弓も塗っていないホワイトの弓。それは佐藤のような単にシンプルで簡略なコーデではなく、計算され尽くした引き算の美学だった」

相変わらず楽しく読めたが、第三巻はいつ出るのだろうか。

読者

8c67a483 0183 48fa 9c92 c171619f8812Da10b101 e52f 44af bdc8 6002e3401c4756a03690 63b8 4975 853f fac13092849b25e97c3b 9446 4a0c b95f a76c11981f9f883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093C4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26c08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c76440943 bfc8 44a0 8c4b f51706576ad0 8人

町田康の本

正直じゃいけん

正直じゃいけん

4f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b43

Y.usu.K

本が好きです。

「くっすん大黒」に続き、町田節に笑かされた。私は音読の癖がある。傍から見るとさぞ不気味だろう。ブツブツと念仏を唱えるように、呪文をかけるように言っているだけでも不気味だろうに、急に笑いだすのだから、狂気でしかない。町田康は読者の様子を想像して書いているに違いない。 大阪出身で、大阪弁も惹かれている一因であろう。この感覚どこかでと思えば、近松門左衛門に辿り着いた。 池澤夏樹が編集した日本文学全集で宇治拾遺物語を現代語訳する仕事に町田康が抜擢されている。宇治拾遺物語を書いた(歌った)のはきっと当時のパンクロッカーに違いない。

約20時間前

猫のエルは

猫のエルは

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

愛猫家として名高い、町田康が文章を書き、 猫絵を描かせれば天下一品のヒグチユウコが挿絵を担当するという、夢コラボ作品。 表紙イラストでは、猫が逆さまになってるんだけど、、発売当初、Amazonでは上下逆に絵が表示されていて話題になった。まあ、確かにあれって思うかもね。流石に、、すぐ正しい向きに戻ったけど。 怠惰、協調性が無い、小動物を弄ぶ、自分勝手、どちらかというと猫の欠点であるような部分をことさらに取り上げて描くことで、逆に猫の可愛さを際立たせてしまうという、町田康でないと出来ないような職人芸がスゴイ。 ちなみにヒグチユウコ猫絵の、個人的な萌えポイントは、猫のお腹である。このポッコリした曲線が最高に愛らしくて好きなのだ。

約1か月前

A01542c4 9efb 434f 8a1d a0fc7d11c151Icon user placeholder80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a 9