51jgd50s87l

あきらめなければ、夢はかなう。絶望からはい上がった35歳の男と、彼を支えたウソみたいにいい人たちが将棋の世界に起こした奇跡。 続き

コメント

自伝小説。
道なき道を切りひらいた先駆者です。
作家さんではないので、ぼくとつとした文章です。
天才ではなく、普通の人がプロ棋士を目指して奨励会で頑張る姿がリアルで新鮮でした。
奨励会を退会してからプロ試験を受ける過程は、端的に語られています。

映画化という事で手にとってみました。

読者

Ae7048e8 b4f1 4287 959d 937b328ff3e51525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

瀬川晶司の本