41ir2b1knol

愛するベイビー、いつになったらまたあなたをこの腕に抱けるの? 43歳独身のシェリルは職場の年上男に片思いしながら快適生活を謳歌。運命の赤ん坊との再会を夢み... 続き

コメント

全開のミランダ節が創造したイタくて孤独な妄想中年女の生態に本気で引いたりゲラゲラ笑ったりしていたはずが、いつの間にか彼女の味方になっていた。美人で巨乳ですごく足が臭い女に徹底的に破壊された彼女の世界が、まさかあんな結末に化けるとは!

その他のコメント

狂おしいまでに誰かを求めて、その気持ちがこじれて、ねじれて、間違った方向に暴走してしまった43歳の独身女性シェリルと、20歳のクリー。
年齢も性格も共通点のない2人が互いの中に同じ“真っ当でない何か”を見出し、憎しみと愛情を全身で交換しながら、つかの間の同居生活を送る。
頭の中で自分本位な空想をするばかりで、実は他人と関わることを避けてきたシェリルが、止むを得ず関わることになったクリーに愛憎が入り混じる生の感情を抱き、身悶えする姿が愛おしい。
他人と繋がるというのは格好いいことばかりではなくて、繋がればこうして滑稽で深く濃い感情のぶつかり合いを経ることは避けられない。
醜い自分が苦しく、つらく、悲しい。
でもそれは自分の頭で考えているだけではたどり着けない境地であり、誰か他人と関わることでしか得られない生の手ごたえだ。

読者

0c0a9e37 6a00 44f9 af19 b6d64c2eedaeIcon user placeholder8fe9c0bf 1fa7 40bd 831f f37f992766de78c5345e d02a 4ad4 899e 40f89c28aaed2642492b ebb0 4eaa ae98 7745051d9efdIcon user placeholder8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda6466514ac8 9f5d 49d0 819d e8978ce3832d 43人

ミランダ・ジュライの本

あなたを選んでくれるもの

あなたを選んでくれるもの

Maman putain6 normal

阿久津隆

初台で本を読む人のための店をやっ…

たまらなかった。人間てすごいよな、というか。凡百の小説より市井の人々のほうがどれだけ豊かなことか、というか。こういうの読むとうかつに小説に手を出せなくなりそうで危ない。

3年前

C6edbd66 6290 41ee 8878 bbb93acf1d55Ac175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1e92a46802 6ba2 47be a6b0 567046aa6abd 50
いちばんここに似合う人

いちばんここに似合う人

3fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798b

takeshi

ウクレレ、NY、ハワイ、北欧、カ…

滑稽だけどリアルで自分のことを見ているような人たちが描かれた短編集。自信を無くした時に再読したい。

約4年前

92a46802 6ba2 47be a6b0 567046aa6abd84bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae71852c7f9 c8a3 4c55 bfe9 81a2fc5cd664 31