Btn appstore Btn googleplay
51iet7ar3sl

「この世には、おカネを手に入れる方法が6つあります」中学2年生になった僕は突然、奇妙なクラブに放り込まれた-。謎の大男、大富豪の美少女、平凡な「僕」の3人... 続き

コメント

みんな意外と知らないおカネの話。わかりやすく授業・対話形式で教えてくれます。サッチョウさんとビャッコさんがまぶしすぎてそれも面白かった。小説としても面白い。

その他のコメント

2022.01.04

Twitterで今だけ無料で読めると目についたので、読んでみた。無料に弱い。

学校のクラブ活動を舞台に、テンション高めの先生のテンポの良い授業が頭に入りやすくて良かった。

お金を手に入れる方法として、かせぐ、もらう、ぬすむ、かりる、ふやす、つくるの6つを紹介。
お金の本を新社会人の頃に読んでいたので、スッと入ってきて理解が深まった。

特に終盤の信用創造や格差の問題は勉強になった。
オフショアの闇の深さはどれほどのものなのだろうか。

娘のために書いた物語というのがとても良い。

ひとつだけ疑問が残るとすれば、転売屋はどれに当てはまるのだろう。リスクは取っているが、迷惑行為?

中学生のサッチョウさん、ビャッコさんに向けてカイシュウさんが講義するという形をとった経済の基礎のキソを学べる小説。その年頃ならでは潔癖さで家族について思い悩むビャッコさんの様子は苦しくも愛しいし、その想いを聞き打ち解けていくサッチョウさんとビャッコさんふたりの様子は甘酸っぱくかわいらしい。そして、講師役であるカイシュウさんが語るリーマン・ショックと自らの過去が何より印象深い。
私はカイシュウさんが物理学での挫折や大伯父に掛けられた言葉を交えて自らを振り返る件が一番好きなのだけれど、ここやビャッコさんの家族に対して出した答えを思うと、時には誰かの人生を滅茶苦茶にする「おカネ」は人の生活から切り離せず、「おカネ」とどう接していくかはその人次第なのだと思い知る。だからこそ、こういう本が必要なのだと思う。

読者

F594472c 0b62 423f b639 a20c06a365b60a669f78 a2bf 4298 9f0d 694fab3464d7Icon user placeholder315d30aa 558d 44c1 8ae6 bfe80d536842Piw6on96 normal6c9f49e5 7325 4afa ac2f c4c58fbf626bF498cf2c a42e 430c 93e8 92001c6160168615bce4 b623 4c39 92d9 fe81c105353c 39人

高井浩章の本

おカネの教室

おカネの教室

2bd0bda4 b5c1 4657 a139 0727faa512d1

yone

気分でなんでも読む

2人の小学生が選んだクラブ活動はお金の教室だった。先生役のオジさんから出される問題は不思議なものばかり。「自分の値段は?」「稼ぐと盗むの違いは?」日常的に使う、平易な言葉からその違いを考えることで、お金の本質に迫る。 経済ってこういうことだったのか、とストンと落ちる一冊。

4年前