Btn appstore Btn googleplay
51%2bpx9t8vnl

第155回芥川賞受賞作!36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。オープン当初からスマイルマート日色駅... 続き

コメント

普段、利用するコンビニが少し変わって見えるようになった。
コンビニを文章化するとこんな感じなのかと感心してしまう。小説は著者の人生のようなものが出るなぁと改めて感じた。

何より主人公と寄生する男のやりとりが奇妙で、でも、何処かいる2人の会話なんだろうと思いページをめくる手が止まらない。
最後はどういう事になるのか?と思いながらも、やはりコンビニ人間なんだと思った。

その他のコメント

率直に大変面白かった。芥川賞作なのに。周りの人に協調できない恵子は「企業の歯車になりたくない」ではなく、逆に「世界の正常な部品になりたい」と切望する。コンビニを「光の箱」と形容し、そのマニュアルの中で生きることがこの上ない幸せならば、37歳で独身・フリーター・処女だからって、世間との違いを気にせず好きに生きればいいのではないかと。が、かく言う私も「普通」の枠を押し付けて、経歴や性格から色々と憶測する人間だったと自戒。センス溢れる文体を維持しつつ、時に滑稽な描写で高いリーダビリティを実現している点も素晴らしい。

彼女がコンビニで働けない日がきたときに、彼女は何をするのか。
コンビニ人間としての死は彼女の人間としての生にどう影響を与えるのか。
小説ではあるけれど描かれない未来の姿に非常に興味が湧きます。

これはすごい。クレイジー沙耶香と呼ばれているのも納得。クレイジーでありながら他人とは思えない主人公に共感。我々は排除されないために、行動を選択しているところがある。

読者

Default profile normalIcon user placeholder62a5ecc3 7f93 461a bbd6 49a4ebdbd2e5Icon user placeholderD5a39243 850e 41dc 9e85 03d51ddb5ee7Ac789350 b3b4 43ab b635 edb3af94bbca018b83c5 0668 4ed4 8ea9 38aff4a710bfIcon user placeholder 734人

村田沙耶香の本

変半身

変半身

26d6d996 bc9a 4c44 b38d 5a85a6a7d57e

ナオテン

30にして読書に目覚める。

世界を皮肉的に見る事は誰にでもあったのではないかと思う。 その究極はニンゲンを辞めるという事になるのかなぁと。 でも、それが出来る人は選ばれた人だと思う。言い方が悪いが狂うしか方法がないかなぁと。 集団心理で、最後の場面に自分がいたら… 小さく声を出すのだろうか? そして、急展開をする要因になる人が人格が変わったと思うのだが、これは…。 復讐なのか?金儲けか? 村田さんの作品はいつも余韻が後味悪く残るが、それが魅力の1つになってるのかも。 村田沙耶香作品を読む前の気持ちは、ホラー映画を見る前の気持ちに似てる。

2か月前

4d05909f 8525 4932 9825 728a0e38713259c65d18 a9d2 457c be9b 858fe719c5bdFa2f46de 09b8 4291 8d2c 025044e17ae2
生命式

生命式

7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

今の常識を超える12のストーリー。 共感できないが、何故か近未来を予感させる。とはいえ、最後の孵化で語られるコミュニティごとに違う、コミュニティが作る多様なペルソナは、現実にいくらでもある。自分も他人も多面あること、心に留めておきたい。

5か月前

8f849100 1a65 4ae8 9f35 de16191b3a3aAa92e1ad 14e6 4bf5 9dbb 2567a75ff696Icon user placeholder 16