51%2bpx9t8vnl

第155回芥川賞受賞作!36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。オープン当初からスマイルマート日色駅... 続き

コメント

普段、利用するコンビニが少し変わって見えるようになった。
コンビニを文章化するとこんな感じなのかと感心してしまう。小説は著者の人生のようなものが出るなぁと改めて感じた。

何より主人公と寄生する男のやりとりが奇妙で、でも、何処かいる2人の会話なんだろうと思いページをめくる手が止まらない。
最後はどういう事になるのか?と思いながらも、やはりコンビニ人間なんだと思った。

その他のコメント

率直に大変面白かった。芥川賞作なのに。周りの人に協調できない恵子は「企業の歯車になりたくない」ではなく、逆に「世界の正常な部品になりたい」と切望する。コンビニを「光の箱」と形容し、そのマニュアルの中で生きることがこの上ない幸せならば、37歳で独身・フリーター・処女だからって、世間との違いを気にせず好きに生きればいいのではないかと。が、かく言う私も「普通」の枠を押し付けて、経歴や性格から色々と憶測する人間だったと自戒。センス溢れる文体を維持しつつ、時に滑稽な描写で高いリーダビリティを実現している点も素晴らしい。

彼女がコンビニで働けない日がきたときに、彼女は何をするのか。
コンビニ人間としての死は彼女の人間としての生にどう影響を与えるのか。
小説ではあるけれど描かれない未来の姿に非常に興味が湧きます。

これはすごい。クレイジー沙耶香と呼ばれているのも納得。クレイジーでありながら他人とは思えない主人公に共感。我々は排除されないために、行動を選択しているところがある。

読者

11701081 cbc7 4780 8914 77ed527af2968dea9cbb 8151 45ea 9889 b16ad0ada7a2B83b1b3f d203 4291 ad91 d15c2d2cb3b3980f7f53 7976 45e7 8fc4 6cae8f795d0aCb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b7996973f 240d 4bae 8c3e d55d0bbb84901fb0a015 8a7c 4d41 a916 b54b5939da35D628c9e8 2ab2 4ba7 b5c4 2925016ea1a2 571人

村田沙耶香の本

ラヴレターズ

ラヴレターズ

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

西川美和さんの恋文にジンときて、壇蜜さんにはゾクッとさせられ、松尾スズキさんに、ほほうとなった。俵万智さんも素敵。

15日前

となりの脳世界

となりの脳世界

8a147539 d412 4499 b071 084ec14a5be6

キムチン(Yoko Okamoto)

大阪府出身

わかる、わかるが其処彼処に。年齢忘却の日々、旅行用のすごくいい袋、など。着ない服愛好会、朝酒の会、参加したい。 幼い頃の違和感や思い出を的確に言葉にできる人だなぁ。

約2か月前

Icon user placeholderB1fd3374 5115 4fbb a3d4 f51e3acf2767Icon user placeholder 8
コンビニ人間

コンビニ人間

Cf6018d7 d549 4d64 8864 8ea9214a4176

三才

メールを送るのが仕事です。

わたしは自分をマイノリティだと思ってるけどきっと多数派なんだろうと思わされたほん

3か月前

3e02af49 bbde 4dd1 8171 bc6325aff0624c011148 94a2 48c5 8d69 c51e6eaf977a80480504 cf6a 4d47 a27b 215bd082ac13 207