41bxrl0xekl

芥川龍之介、中野重治、小林多喜二らとの出会い、結婚、自殺未遂、出産、離婚、同棲…といった人生を、作家活動や非合法活動で当局に弾圧を受け始めた太平洋戦争へと... 続き

コメント

今暮らしている東京の、昭和只中の姿を作者の目を通してありありと見せてくれる。

大きな街を、人が時代時代に生きた風景を見ていると、世界を旅してきたような気持ちにさせられる。

もとから歴史は好きだけど、
その醍醐味ここにあり。

自分のふるさとのことも学んでみたいな。

読者

Icon user placeholderE62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8 3人

佐多稲子の本

アンソロジー ビール

アンソロジー ビール

982e2ed6 3e7c 4410 ac27 43143492fd99

橋本亮二

版元営業部所属。酒部代表

山口瞳さんや田中小実昌さん、久住昌之さん等々の名エッセイがずらりと並ぶ。どこを開いてどこから読んでも頁に吸い込まれる。白眉というか、斜め上というのか、赤塚不二夫さんのバカボンのは絶対に読んでほしい。「ちくしょうどうしておれはこんなにお酒がすきなんだろう」

約4年前

7759613b 4b4b 4668 9bdf 28c7ce12026b3c15e891 e45f 4fb3 be3c 6b80061826dbBcef4f07 681e 45ad b000 bac28e968508