Btn appstore Btn googleplay
51qpb4jgn0l

社長命令で、突然ニューヨークシティマラソンに参加することになった安部広和。かつて家庭教師をしていた社長の娘・真結を監視しろというのだ。(「純白のライン」三... 続き

コメント

電子書籍で購入したので一篇ずつの分冊版。東京マラソン、ニューヨークマラソン、パリマラソンにて、競技からは離れた、あるいは競技としては走ることに触れてこなかった人たちが走る。彼らが走る中でそれぞれ見るものとは。
市民に開かれたマラソン大会に向き合う三篇は三篇とも自己に向き合う人たちの話でもある。しかし、自分に、そうでなくとも誰かに向き合わない物語が存在するだろうか?走るという単純でいて奥深い行為が、それぞれの物語を進めていく。
近藤史恵「金色の風」の、バレエから離れた主人公にもたらされる「だから、あなたもバレエという芸術の一部なのよ」という言葉が眩しい。

その他のコメント

珠玉の三編。マラソンとは、42.195km先にいる、「私」に会いに行くためのラン。はじめてのフルマラソンの時の思い出が蘇った。

好きな作家さんばっかりの短編集♪楽しく読めた☆

読者

810ac2a0 6e91 415d 9d09 6a9725b9aafdIcon user placeholder387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4f0402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a006ea3d4d3 62d5 4ff6 a7ce 5c398c6074e3Aaf3a5a9 1641 4c32 84cb 16e7f9edc36b58b5566d 83bb 4051 87e5 7cb861f09d669b56c0f5 39c2 4eb0 9276 ca012daa2544 12人

三浦しをんの本

愛なき世界(下)

愛なき世界(下)

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

愛ある人々による愛なき世界の研究。登場人物みんながそれぞれ研究・仕事に真摯に向き合っていて清々しい。ずっと読んでいたい。

16日前

三四郎はそれから門を出た

三四郎はそれから門を出た

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2021/08/15 読了 書店の中を2周3周しても読みたいと思う本に出あわないことが長く続くこともある。そんなときに手元にあると便利な本。久々に中井英夫とマルキ・ド・サドの名前を見た(^.^) 小説や漫画の紹介以外のエッセイも面白い。

4か月前

ののはな通信

ののはな通信

A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a

まる

発芽マニア? 旅と文庫本とビン…

本屋さんのポップに大河小説なる文字が踊り、どんなストーリーだろうと思い買って読んでみた。横浜のミッション系の女子校に通う少女二人の10代から40代までの往復書簡で綴った物語。はじめの頃はちょっと飽きる部分もあったのだが、章を追うごとに、え? 彼女はこんな人生を送ってきたの? 二人はどうなるの? というちょっとミステリーのような要素もありつつ、ついついページをめくってしまう。私はののとはなと年代的に近いし、いろんな意味で共感できる部分があって、自分の物語のようにも感じた。物語は40代で終わるが、またいつかどこかで二人は交差していくだろう。

4か月前

8