51n6n2mxdkl

旧作の夜   有名税   ひとりで踊れ   きみを嫌いな奴はクズだよ   無色の虹   理想の墜落場所   小道具の月   雲の待合室   僕の身体はきっ...
続き

コメント

私は死にたいなど本気で考える程勇敢ではないし、精々が生まれてこなければこんなに苦しむ事もなかったよなと考える程度ですが、自分の力ではあまりにも解決できない今更どうしようもない事に直面した場合は、"エマージェンシーブレーキが作動してアダムとイヴを轢き殺せない"と言おうかなと思います。著者がどんな意図でこの短歌を詠んだのか明確には知りませんが。

その他のコメント

日本語のこと、大好きになるよ。これを読んで「面白くない」なんていう奴はクズだよ。

読者

D7eec114 a3ba 4eb2 95c4 0faddf5b125eIcon user placeholderC75581c4 6d52 48a2 bebf a33f8889789a08f9baa6 79f8 4ef1 9650 f3973c8df6ec88630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3c49448683 e6cb 4bea 841b 0883d9480cf9Icon user placeholder9eff2376 715a 48e6 adbf 153adfada9e0 13人

木下龍也の本