410p7zvee7l

『元気ですか?浮上したら漁火がきれいだったので送ります』彼からの2ヶ月ぶりのメールはそれだけだった。聡子が出会った冬原は潜水艦乗り。いつ出かけてしまうか、... 続き

コメント

表題の『クジラの彼』を含む全6編の短編小説集。
全作品とも陸海空の自衛官の恋模様を描いている。 

“普通じゃない仕事”の自衛官。そんな彼らが誰しもが共感できるような「どんなメールおくればいいだろう」といった悩みから、「恋人を信じてはいるが疑ってしまう」などの恋愛あるあるがあちらこちらに顔をのぞかせる。気づけば自衛官が“普通じゃない仕事”なんてことも感じなくなっている自分がいた。恋人が好きで、でも不安もあって、、、わかる、わかるぞ〜!

どの作品も読み終わるとスカッとしたあまさが心に満ちて何だか心が若返る。恋がしたくなる。超恋してぇ。

長く本を読むのが苦手な人でも読みやすい内容、長さ。
ライトノベルも手がける有川浩の小説は本当に読みやすい。
10代前半のピチピチボーイズ&ガールズが読んで恋を学ぶも良し、おっちゃんおばちゃんが若きあの頃に重ねて読むのも良し、みんなで甘い気持ちになろうや。

個人的には筆者である有川浩の方言と喋り口調バリバリの後書きも面白かった。ぜひ読んでみてほしい。

その他のコメント

自衛隊三部作『海の底』『空の中』のスピンオフを含む全6作の短編集。
安定の大人ベタ甘ラブロマンス。どれも胸キュン待ったなし。

読者

Icon user placeholderBd3f1c37 f049 4a4a af4d 35748b1db2b2Icon user placeholderIcon user placeholderE50a13ef 047d 4e1b 8cee 4f5ef7f71a819440ca99 c408 41f9 8f6c 6585664366ae391ed77c 25f0 4a3e 84f7 0637becdf0bcIcon user placeholder 195人

有川浩の本

ヒア・カムズ・ザ・サン

ヒア・カムズ・ザ・サン

79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd

kuwa

小学生を相手に、日々働いています…

登場人物や設定は同じなのに、ストーリー展開が違うだけで、こんなにも父親像が変わって見えることに驚かされた作品。 それに、2つ目を2つ目に持ってきたところがまたいい。逆だったらこんなにも心に残らなかったと思う。 「親は立派な人であるべきだっていうのは、子供の幻想」だから「諦めろ」のくだりは、皆が一度は通る道なのかもしれないなぁなんて読後感。

9か月前

E7245062 a26c 4832 b620 d50414471cddC2952b28 ce5f 4d28 a16a 0c9e21412e40Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e 30