Btn appstore Btn googleplay
51l3hityqhl

コメント

自分の中にある一大要素。

その他のコメント

心から今のわたしが異常ではないと安心できた。
そして、非・繊細さんの存在も理解できたから周りとの付き合い方が分かってきた。ありがとう。

繊細さんの本

繊細な人は 、むしろ自分の繊細な感性をとことん大切にすることでラクになり 、元気に生きていけるのです 。

繊細さんは 、脳の神経システムが刺激に反応しやすい

自分のまわりにある 「いいもの 」に気づき 、深く味わう 。まわりのものや人から嬉しさをもらって 、身も心もふっくらする 。

痛みやストレスが多い状況では 、まわりに 「いいもの 」があっても感じにくいの

職場や仕事 、休みの日を一緒に過ごす相手 、暮らす部屋などの 「環境 」を自分で選ぶ

「私はこれが好き 」 「こうしたい 」という自分の本音をどれだけ大切にできるかが勝負どころな

繊細さんには 、ひとりでゆっくりと心を休める時間が必要です 。

魔法の言葉は 「とりあえず 」

自分の 「こうしたい 」を大切にすると 、人生が変わる

①自分を変えるのではなく 、自分に合うことを探す生き方へ

・明るい色の服やお守りを身につける
楽しい予定の後にも休日を入れてください
自分が過ごしやすい環境をみつける

②人間関係
人間関係において 「相手の感情を察しやすい 」 「その場の雰囲気を感じる 」といった形で現れます

感じるがゆえに気を遣いすぎる 、自分の意見を言えなくなってしまうなど 、悩みにもつながります 。

繊細さんにとって最大の罠は 「相手の 〝わからない 〟という感覚が 、わからない 」ことなのです

自分が当たり前に持つ感覚が 、相手には 「ない 」のではないか ?

感覚への理解と愛はイコ ールではない

あなたがもし 、 「わかってもらえない 」と悩んでいるのだとしたら 、相手には 、あなたの持つ感覚が 「ない 」 、あるいは 「ほとんどない 」のかもしれません 。

自分を出せば出すほど 、自分に合う人が集まってラクになる

表に出している自分 」に合う人が集まってくる 、というシンプルな事実です 。つまり 、 「本当の自分 」を抑えて殻をかぶっていると 、その 「殻 」に合う人が集まってきてしまうのです 。

自分を出さないようにして 「殻 」をかぶっていると 、その 「殻 」に合う人が集まってきてしまうのです 。

素の自分を出せば出すほど 、自分に合う人が集まってラクになるのです 。

人が離れることで 、一時的に寂しい思いをするかもしれません 。でも 、自分が感じていることを素直に顔に出し 、やりたいことを大切にして過ごすうちに 、必ず 「素のあなたが好き 」 「あなたって素敵ね 」という人たちと新しく出会います 。

でも 「そんなふうに思ってたんだ 。どうしたいか言ってくれて嬉しい 」と 、あなたの気持ちや意志を尊重する人 、あなたを大切にしてくれる人が残ります 。

「配慮が足りない人 」に振り回されない方法

世の中を見渡してみると 、繊細さんの 「ごく自然に配慮する 」という行いがハイレベル

「そうか 、配慮が苦手なのか 」 「こちらの状況に気づくことが 、そもそも苦手なのか 」
観察する

「キライ 」は大切なセンサ ー 。人を嫌えるようになろう

詳細さんの第一印象はなかなか正確!
コツは、問題が起きていなくても最初から近づかない。

あたたかい人間関係を築くには相手を嫌って、遠ざける事が大切。

相手の気持ちがどこまでわかるか?
気持ちを感じたら言葉で確かめてみる!

相手の話を聞いて疲れたら、その人はテレビ画面の向こうの人だと思う。

頼るための心得
①「頼る」という発想を持つ
②相手の状態を推測せず、聞く
③相手が引き受けてくれたら、信じて任せる

ステップ2
①必ず答えてくれるひとに頼る
②簡単な頼みごとから始める

繊細さんは手を出すのが早い
動くのは相手にはっきり頼まれてから。

心の深さは個人差がある
自分がいいなと思う場所へ探しに行く。
心や身体について穏やかに学ぶ場所
いいなと思う周りの人を探す
何度も通う

いいと思えることを仕事にする。

機嫌が悪い人からは離れる

仕事は得意なことを生かす。

充実感を感じながら幸せにはたらくために
①想い:やりたいこと、いいなと思えること。
②強み:得意なこと
③環境:職場環境や労働条件
→やりたいことはなんだろう?得意なことはなんだろう?どんな人たちと、どんなふうに働きたいか?

5つの力
①感じる
②考える
③味わう
④良心
⑤直感

全力を出すには、自由に感じていい、安心できる場所にいることが大切

自分の本音を知る方法
①言葉を手掛かりに読み取る
②繊細な感覚を感じる
③自分自身と対話する
2歳の自分をイメージして、迷っていることを聞いてみる

読者

0dc5fa32 430d 4609 ae68 e8fecb9d58bd57abdeff 04ca 498d ad5d 237530668333Icon user placeholderIcon user placeholderD813a3cb 04c0 4bfc 9e55 97d89fdaf4f9F1303b3f 4c08 4cde 99fd 1895902b7f46Icon user placeholderIcon user placeholder 96人

暮らし

教養としてのラーメン

教養としてのラーメン

Bf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c97

nebe

本好き

ラーメンをもっと知れば、もっと美味しくなるはず!そういう期待からの一冊。 ジャンル、お店の系譜、進化、ビジネス ラーメンについて、多角度から啜られた教養本。 ウンチクが多いラーメンの世界が、頭の中で一つずつ整理されていく。 究極の一杯を見つけるよりも、どの店でも楽しめる自分になれたら無敵。と著者の自論。 味は当然大切だが、店主の佇まい、店舗の雰囲気、盛り付けなど、これからはもっと五感でラーメンを味わおうと思える学びを得た!

4日前

スマホ脳

スマホ脳

84894365 9625 46eb 850f 37b16a577526

Kazuki Kumeta

教育者です。 哲学、心理、教育

良い悪いよりも、どんな構造で人がスマホにハマっていくのかを説明してくれてるのが中立的で良い。かつ面白い。そこから先はそれぞれが選択すれば良い。

17日前

54
食べる投資

食べる投資

Bf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c97

nebe

本好き

食生活を見直して、人生のパフォーマンスを上げる重要性を感じる今日この頃。 「食べる」ということを投資として考えた時に、気をつけるべきポイントを学べる。 この投資はお金をかけるのではなく、食欲に対する自分との闘いである。 筆者が主張する、仕事の質は「食」で決まる。 今日からは、口にするものは全て自分への投資!

21日前

遺族外来

遺族外来

Icon user placeholder

まる

コロナ禍でちまちま読むようになり…

著者は埼玉医科大学国際医療センターに設置されている精神腫瘍科の先生。精神腫瘍科ではがん患者の方とその家族の精神的ケアを行うそうで、そこで全国で初めて設置された遺族のためのケア「遺族外来」のお話でした。遺族ケアの重要性はもちろん、人間の底力みたいな強さを感じられる、希望に満ちた本でした。 本の中に出てくる素敵な短歌があります。「憂きことも力に変えて生きようと凌霄花の蔓を断ち切る」。遺族の方が新しい生活に適応していく中での生きようとする気持ちが込められてて、読んだ瞬間ふつふつと生きる気力が生まれてきた。 This is the collection of true stories about grief care for the people who lost their family members. The author is Hideki Onishi , a physician of psycho-oncology, who started the first outpatient clinic for people who suffer from the loss of their family members. Each episode starts with pain or grief, but in the end you’ll find yourselves encouraged by how they try hard to overcome the deaths of loved ones and to live their lives. If you want to support someone in grief, perhaps no word will be needed. Just stay with them and listen to them.

21日前