Btn appstore Btn googleplay
9784103526810

大人の凝り固まった常識を、子どもたちは軽々と飛び越えていく。優等生の「ぼく」が通う元・底辺中学は、毎日が事件の連続。人種差別丸出しの美少年、ジェンダーに悩... 続き

コメント

多感な中学生、その目線を通した気づき。
そうだった。子どもは小さな時から色んなことを感じ、考えている。

その他のコメント

久しぶりにすごく好きな本に出会った。

この本の冒頭で「若者はすべてにぶち当たる」という言葉が出てくる。このフレーズを読んだとき、ハッとした。今、大人になった私は生きるのがとても上手になってしまったなと感じたのだ。自分の気持ちに折り合いをつけたり、危険な場所•人物を避けたりして、どうにか「ぶち当たらない」ように生きている気がした。もしくはぶち当たっているのに、「そういうもの」として受け止めて、思考を止めてしまっているのかもしれない。

この本でもう一度自分の身の回りのことや仕事のことなどを考え直してみようと思った。

ライターのブレイディみかこさんが、イギリス南部の元底辺中学校に通う息子さんとの生活を綴っている本書
この息子さんがすごい
ごく普通の日常で直面する人種差別や経済格差にほれぼれするほど真っ直ぐ向き合い、悩み、乗り越えていく
もちろん、彼からの問題提起に強くあたたかく答えるブレイディさんと、なんとも味のあるアイルランド出身のお父さんの存在も欠かせない
おかしくもありせつなくもある彼らの日常から、これがイギリスだけではなく世界の現実だと気づかされる一冊だった

読者

Icon user placeholderUoqnwgf1 normal3d8b2a69 4198 4cc8 aefa bfcfee9a60e71ef961b3 81f0 49f8 9519 151b6992948aIcon user placeholderIcon user placeholder8373c472 3a52 4329 b64c 768691df82be2263f4a2 791b 4ffe b8fe 94d359b929a9 192人

ブレイディみかこの本

MONKEY Vol.21 特集 猿もうたえば

MONKEY Vol.21 特集 猿もうたえば

B2800c38 e9b8 4ada be0b 85374fb62dfa

図書館小僧

雑多にいろいろ読むけど、アメリカ…

今号のMONKEYは「音」がテーマ。インディアンの口承詩が素敵だった。住民から自然発生的に生まれてみんなで使っていくための歌なんだけど、だからこそシンプルで親しみやすくて滋味深い。「岩にしみいる蝉の声」みたいに、その場の空気が心にポーンと差し込まれるような魅力がある。

約1か月前

THIS IS JAPAN

THIS IS JAPAN

5cef2405 2710 4cb7 89d6 a4e067fea66d

にんざぶろー

学生、基本文庫本

『子どもたちの階級闘争』に続いて読了。

5か月前

Icon user placeholder89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0eK6jqrfu5 normal
人口減少社会の未来学

人口減少社会の未来学

5f7643ca afcd 4ec2 8f06 fa7ef7a84372

michi

建築設計事務所勤務

内田樹氏の呼びかけで10人の論客がさまざまに論じた人口減少社会の未来について。ヨーロッパの「反緊縮」潮流に関する論考、AIがもたらす変化へ国民は何にプライオリティを置くべきか、精緻な統計分析による思い込みの払拭、一次生産者たちとの密な関わりなど、どれも密度が高く面白いです。

約2年前

1fec7c92 782f 45e7 9759 3d94af3e93ef485da432 00da 4fcd aba0 a07dc18973fa5cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16