Btn appstore Btn googleplay
9784758413398

「幸せになりたいから働いているんだ」  谷原京子、28歳。独身。とにかく本が好き。現在、〈武蔵野書店〉吉祥寺本店の契約社員。 山本猛(たける)という名前ば... 続き

コメント

面白かった。途中何度もあほらしいなぁ、軽いなぁ、と感じるが、なぜか続きを読みたくなり。最終章で、やっぱりと分かっていたのに何故か涙ポロリ。みんな辞表を鞄に入れてるんだよね。

その他のコメント

書店員さんを主人公に、コミカルで癖の強いキャラクター達が登場しつつも、軽妙な文章についついページを読み進めてしまい一気に読了。

エッセイのようにサラサラと読み進めてしまったのが迂闊でだったのか、最後の最後で「えー!」と予想を裏切る展開に。この予想の裏切り方も気持ちよかった。

読み終わった後にとても気持ちがいい本!
毎日の生活で人に振り回されたり、辛く辞めたくなることがあっても
それでも続けていくのは本当に本が好きで、偶然の巡り合わせがあるからなんだろうと感じた。
何度も葛藤していくところは人間味があり、
とても感情移入しやすく、のめり込んでしまう作品でした!

読者

807d31b9 c6fe 41ba a710 9698452e5e656b5d05fc 88a6 499c 8b25 d866f0e683648511289b 8a2d 4fa4 8680 b8977f191636Fcbee6cb 1572 4737 a50e fca3fdbf76a56c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c934427059 6124 42fe 87ef ae4d11987d48Icon user placeholder458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c2 77人

早見和真の本

95

95

B8ca8c89 e49f 4be0 a6e1 d3f25d2a64fd

馬頭郎

いひひひ。

仲間、青春、ダサさへの嫌悪をこれでもかと、匂わせじゃなくはっきりと言葉で訴えてかけてくる。 渋谷と彼らに、自分はどの街を駆け、どんな仲間を当てはめるかな。 同じように僕の友達は、どこを、そして誰を当てはめるだろう。 仲間たちの生い立ちやバックグラウンドが強すぎるけれど、それより彼らの内面、言葉がまず印象に残る。 確実に、ダサくないとは言えない大人へと歩を進めてるいま、読んでまた掻き立てられる。 何年経っても、そうして全員でまた会える環境を羨ましく感じたり…。 ふつふつと青春時代を掻き立てられる終盤までと比べ、程よくクールダウンしてくれるラスト。 たぶんまた読んでしまうクセになる本。 (2020.05.04)

5か月前

小説王

小説王

266d4001 a219 428c b8e7 41af412e2abf

だい

大学4年生

現在の出版事情とリンクしているので、業界の人はただのフィクションとして読めなかったのでは!?

約4年前

248d0eaf dc10 43d8 8345 1d2fd45a33c322b3a3bf 0bd7 4c5a a63b da875268a8e750367e80 0ba6 40c0 b4ed a1531cc2e83a