Btn appstore Btn googleplay
9784591164198

一九四六年、アメリカ。「黒人は、図書館に入れない」とラングストンの母親は言っていた。しかし、新しく越してきたシカゴの町で、ラングストンは、だれもが自由に入... 続き

コメント

1946年、母が死んだことで父と2人、アラバマからシカゴに越してきた黒人の少年。

父にも理解されず、学校でいじめを受けていた少年は、黒人でも入館できる図書館を、偶然見つける。

読者

4bb0d6f4 8f25 4bb3 ae15 48abac5771fd5ace6702 1746 41f7 9378 2e7cda372cb0Bqatd8du normal4dc48445 e300 4859 bb9a c9437a47f3218b0cb29a f6a3 4400 a8c6 d3cba15285ae7735f997 3879 4462 b098 45474928d55dIcon user placeholderIcon user placeholder 32人

新刊

こんなことでよかったの! ? 96のメイクテクニック 美しくなる判断がどんな時もできる

こんなことでよかったの! ? 96のメイクテクニック 美しくなる判断がどんな時もできる

F51e8a3c db1f 4b15 ad1f b2f3f60e21d4

かすみ

アガサ・クリスティがすき。

スキンケアからメイクまで為になることしか書いてない。私はよくパンダ目になりやすいんだけど、この本に書いてあるテクニックでパンダ目解消できました。メイクの悩みがある人、これからメイクをし始める大学生とかにおすすめです。

11分前

E3599b6a 834e 4b6a 82e9 d5a1636185c18d0240f5 ec16 4903 8978 5ff4bde1a5ceCb34b2b3 79d5 4a61 8dbd e287339ddabf
「いまの説明、わかりやすいね! 」と言われるコツ

「いまの説明、わかりやすいね! 」と言われるコツ

Deb28d02 e0c3 4061 95ec 1b18a196d40a

たつてん!

よろしくお願いします^_^

200401 ◆読んだ目的 「わかりやすい説明の仕方を学ぶため」 ◆ひと言でまとめると 「3×3で情報を整理し、考えをまとめ、動作化して伝える」 ◆どういう事か? ①情報を3つの視点(when、where、whoなど)で整理する ②あれもこれもではなく、3つの構造(what、why、howなど)にあてはめる ③「ポイントは3つです」、手で3をつくる、紙を見せる、など動作化して伝える

約19時間前

Bff9dd77 b333 4ffd b5b2 f2403fb28c3280a74f5d 4c28 4b89 8980 fd0b3d3029eb
のまえで

のまえで

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21

bitte

本の虫

新型コロナの影響でどこにも行けないので この本を読んでちょっとした旅行気分 日本国内にある美術館所蔵の絵がでてきます ゴッホ、ピカソ、セザンヌ、クリムト、東山魁夷、モネ、、、 ひとつひとつ素敵なお話の短編集です 心が疲れたり、人生に迷っている人たちが主役です この本の中に出てくる美術館にいってみたくなりました

1日前

52fa3bd1 8ca5 4467 ae1f c9c56b50dfbfEb552d48 dd94 4640 ab00 366b6d191d66A0a723cc 2220 4afa 82c5 ffb35dfe144a
かわうそ堀怪談見習い

かわうそ堀怪談見習い

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

日常に潜む得体のしれない何かがすうっと忍び寄ってくる。いやもしかしたら日常と思っているこの世界はあくまで世を成す一部分であり、並行する世界が存在し、ふとした瞬間に入ってしまうことがあるのかもしれない。そう感じたのは環状線乗車中成り行きで降りた駅に広がる見知らぬ街の風景である。妙に古臭い街でスッと指差される恐怖。誰もいない校舎から聞こえる子供の合唱。回りは古い家ばかりでどこも窓を閉め切って人の気配はしない。 これはもしかしたら戦前にあった街で、空襲で亡くなった人達の怨念がこの世への未練のために作り上げた街かもしれない。それが環状線と繋がってこの世と出入りできる通路になっているのではないだろうか。と勝手な妄想を抱く。 「元々うちの店は千日前のほうにあったんやけど、じいちゃんの代の時に空襲で焼けて、戦後に親戚がやってたこっちの店に移ってきて」p.113 「ここで昔、大きな火事があって、その時の人が、今でも人を待っているそうです」 その話を受けて 「それに似た話、わたしも聞いたことがあります。この近くにある、私が中学生くらいまではデパートやったビルがあるんですけど、そこの角で待ち合わせしていると、知らない人が待った?って声を掛けてくるって」p.210 全く違うページなんだけど「千日前」「大きな火事」「デパート」が脳内で繋がり 千日デパート火災と答えが導き出された。怨念が残るのも当然の痛ましい事件の記憶。 元々著者の風景描写が好みだけど、今回も「金網のフェンスの外は、運河の流れがある。対岸は白っぽく霞んで、ぼやけている。灰色がかった空気の向こうに、工場のクレーンと煙突がかろうじていくつか見える。向こう岸は、ずいぶんと遠いような気がする」」p.86 家鴨が右左に見ながらただ川を流れていく姿を描いた三好達治の「家鴨」に通じるものを感じた。どちらもたまらなくグッとくる文。

1日前

559945c1 302a 4572 90d7 e691d0e407d853e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a