Btn appstore Btn googleplay
9784488028022

あなたと共にいることを、世界中の誰もが反対し、批判するはずだ。わたしを心配するからこそ、誰もがわたしの話に耳を傾けないだろう。それでも文、わたしはあなたの... 続き

コメント

生々しい本だ。
爽やかな冒頭に騙され
だんだん毒に侵される
心の痛みに鈍感な人は
絶対読んでほしくない

その他のコメント

家族の形、しあわせの形はいろいろ。

主人公たちが笑顔でいられる世界でありますように!

この世界の人たち全員が色々な事を考えて関係性をつくっているから、誰が誰といようが自由だとおもわせる小説でした。
勝手に物事を決めつけて「こいつは悪だ!」とか「この子は可哀想…」とか勝手に決めつけてはいけないとも思った。

読者

9f5f945f d3f6 4076 a97d 93e8c8c4f517Pdujczx3 normal56758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2cIcon user placeholderB7wzktbw normalVcq3ckzm normal1c512f4f 59ee 4d90 b616 defd4d043b560aa865c1 23e7 4aa0 9c48 6a6668fe438e 223人

凪良ゆうの本

神さまのビオトープ

神さまのビオトープ

2e0862f7 6444 4109 b126 3125b8fb49a8

sora@あろす

屁理屈、眼鏡、本の虫、珈琲好き、…

歪な愛の上澄みのお話。 普通という呪縛への問題提起。マイノリティ=悪ではない、というところには頷けた。 2017/05/04 読了

4年前

24