Btn appstore Btn googleplay
9784344037731

幸せな日々は、もう手放さなければならない。 遺体で発見された善良な弁護士。 一人の男が殺害を自供し事件は解決――のはずだった。 「すべて、私がやりまし... 続き

コメント

久しぶりの東野圭吾作品で、とても楽しめました。
予想外の結末と事件に関わる家族の心情が印象的でした。ドストエフスキーの『罪と罰』を読んでみたくなりました。

その他のコメント

罪と罰

読者

Icon user placeholderIcon user placeholder9fe9815c 39e6 4e68 86eb c14a429e7a897009b3b1 712c 4f71 9da9 6512246fbe32Bbb39884 bff1 42f3 b207 c4b411623b37E8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3cB8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee73976c99 f57c 4636 aad4 8f7f5769a2e9 16人

東野圭吾の本

透明な螺旋

透明な螺旋

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

久しぶりにガリレオ。やはり引き込まれて、一気読み。 今までのも読み返そうかな。(たぶん今までの伏線忘れてそう)

3か月前