Btn appstore Btn googleplay
41g6ej9qc3l

「君はこれから世界でいちばんタフな15歳の少年になる」-15歳の誕生日がやってきたとき、僕は家を出て遠くの知らない街に行き、小さな図書館の片隅で暮らすよう... 続き

コメント

幸福は1つなのに、不幸は人それぞれ違う。
人それぞれ違う傷があり、それぞれのカサブタができる。

構成も不思議な作りで、勃起とか出てきて「おお、春樹さん」って毎度びっくりする。
現実と夢の行き来をしているようで、読後も不思議な気持ちになります。

ナカタさん、好きだな。

その他のコメント

「学校にはもう戻らないんです」「図書館は悪くない選択肢だ」

読む度に新たな感覚を与えてくれる、様々な世界が絡み合う、私にとって唯一無二の作品。

読者

8483c836 a782 4f38 9756 2b70750733fd9f5f945f d3f6 4076 a97d 93e8c8c4f517803d6c80 2917 4389 ab06 ff186609b9f2Icon user placeholderEfad5aef5237647daa1d899b58bfe361 normalA4454823 d18b 4a37 ae47 83783b2b75f7393c561f 87ea 46ba 9ee2 d9d1cdb6c0ecPicture 217人

村上春樹の本

辺境・近境

辺境・近境

Icon user placeholder

baro1n231

旅行をするという行為は、人に意識の変革を迫るもの、そして疲れるもの。日常から離れながらも、同時に日常に隣接しているか。 アメリカに1年いたときを思い出したな〜。 村上春樹もウィスコンシン州行ったことは個人的に嬉しい。

約1年前

「象の消滅」 短篇選集 1980-1991

「象の消滅」 短篇選集 1980-1991

E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a

kasa

旅行や食に関する本、 海外文学、…

17の短編 午後の最後の芝生が今の夏の季節と相まって良かった。 実在の地名が出てくるので想像がふくらむ。 飯田橋や駒込、小田急線など、距離感だとか山手線逆に乗ったとか、よく分かるのが嬉しい

約1年前

15
村上T 僕の愛したTシャツたち

村上T 僕の愛したTシャツたち

A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a

まる

発芽マニア? 旅と文庫本とビン…

この本の中で私が着たいTシャツはやっぱり、安西水丸さんのナマケモノTシャツかな。あとはレコード柄全般に、書体がいいなと思うレタリングTシャツ、あと森林火災防止とヴェンチュラ・サーフショップのTシャツもいいな。 村上春樹氏は小説よりもエッセイやコラムが好きです。邪道ですかね?

約1年前

20