Btn appstore Btn googleplay
9784334045616 1 3

コメント

新聞記者だった著者は定年目前の58歳で退職後、書店経験が全くないまま浅草にある本屋「Readin,Writin ,BOOKSTORE」を開業。前職で著書も何作かあるので出版と全く縁がないわけではないけれど異業種からの書店業参入は硬直化しがちな出版業界にもまだまだ可能性があるということなのだろう。前半部分に前職の仕事内容に触れられている。
「東京の生活史」ではないけれど仕事をきちんとしてきた人の話は興味深い。論説委員という職種の詳しい内容は知らなかった。
書籍仕入れは買切で子供の文化普及協会、八木書店、トランスビューや版元との直取等。
書籍、イベント、カフェ、雑貨、棚レンタルP.196と収益を分散し,本を売り続けるための収益の安定化を図る。そして買切で故「興味をひかれても賞味期限の短い本や雑誌は避ける。仕入れてから半年後、1年後、3年後も「読む価値があると思う本」「買ってもらえると思う本」を選んでいる」p.108 競合を避けニッチな場所で共存・補完する。
飄々と書いてあるけど熱意とアイデア、そして続ける努力は相当だと思う。

「こうした偶然の積み重ねによって僕は本屋として生きている。」p.74
「理想の本屋のかたちなどもたなくてもいい。お客さんの声に耳を傾け、自分自身の変化に応じて本屋づくりのプロセスを楽しみながら、それを続けることができればいいのではないか。いつまで経っても完成することのない、つまり常に未完成な本屋でいいのではない。」p.91

巻頭カラーで店内の様子が掲載されているけどここには何かあると思わせる様子が伺える。コロナが収まったら訪れてみたい。

読者

Picture

人文

一人飲みで生きていく

一人飲みで生きていく

A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a

まる

発芽マニア? 旅と文庫本とビン…

ちょっとくどくてウザいんだよなあ、文体が。女の一人飲みの指南書的な本なんだけど、読めば読むほど「ああ、めんどくせえ」って思ってしまったよ。 そうは言っても、稲垣さん、好きです。

約4時間前

「ない仕事」の作り方

「ない仕事」の作り方

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書/漫画 コ…

0249 2021/10/17読了 この手の本、やった仕事が自慢に聞こえがちだけど、全くない。くだらないというか、意味不明すぎて読んでて面白かった。 情熱がすごい…。ここまで突き詰めると仕事になるんだな…。自分を洗脳するくらい…! 趣味のままではいけない! 自分の世界を突き詰めているように見えるけど、自分から売り込んだり仕事にする力もすごいなと。 あと仕事にするため、チームを組むことの大切さも説いている。自分ではできないこと、不得意なことはまわりにやってもらうほうが早い。 「自分なくし」もそう。 仕事として価値を見出すためなんだなあと。 ひとつのことに特化せず、やりたいことによって相応しいツールを選んだにすぎないとあり、趣味を突き詰めるのもそうだけど、表現方法の幅を広げるのも大事だと思った。

3日前

35
デジタルデトックスのすすめ 「つながり疲れ」を感じたら読む本

デジタルデトックスのすすめ 「つながり疲れ」を感じたら読む本

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書/漫画 コ…

0248 2021/10/16読了 物理的にデジタルを切り離す方法を解説しつつ、精神的に断ち切る方法も解説。 精神的な断ち切り方は東洋思想より。 アナログなことは確かに最近少なくなっているかも…。コロナで行けない・できないことが多いとはいえ、デジタルに頼らない生活をしたい。 滝修行とか禅とか、著者は実際にやっててすごいな。そこまでじゃないな…。そこまで行かなくとも、物理的に断ち切れるようにしたい…。

3日前