Btn appstore Btn googleplay
9784041054734

 「われわれがそれ(角栄潰し)をやった」。K長官が漏らした真意とは!? 「自主外交」で角栄はアメリカに潰された。 国際ジャーナリストが15年に及ぶ取材で掴... 続き

コメント

熟練の国際ジャーナリストがロッキード事件について15年かけて洗い直した作品。以下の大きく5つの陰謀説を中心に米国で公開されている資料にも丹念にあたってその真贋の検証を中心に展開されている。
1.ロッキード社の秘密資料(ピーナッツの領収書とか)が偶然誤って議会に配送されて事件が発覚した。
2.ニクソンが自分の意に沿わない田中角栄を嵌めた。
3.三木武夫が政敵である田中角栄を葬るために強引に追求を行った。
4.田中角栄が資源外交で米国から睨まれて嵌められた。
5.キッシンジャーが意に沿わない田中角栄を嵌めた。
こうして書くといくつか重なっているように見えるが…興味深かったのはこの米国そのもの、またはニクソンかキッシンジャーの虎の尾を踏んで嵌められた、というのは伝聞というか噂話をもっともらしく田原総一朗が広めたものらしくそれだけでも彼がジャーナリストを名乗る資格が無いことが分かる。実際にはニクソンやキッシンジャーが意に沿わない田中角栄を嫌っていたことは事実のようだがかなり厳しく対応を検討していて陰謀と言えるようなことではなかった、ということがよく分かる。当時経営不振に陥っていたロッキード社が地元にあるニクソンはロッキード社への融資に国の保証を無理矢理付けていた。なのでなんとしても倒産だけは避けたく販売不振の旅客機をなんとしても日本に売りたかった。つまり陰謀を巡らせるようなゆとりはなかった。また融資に保証をつけていた関係で議会はその経営をチェックする必要があり監査法人から正式に提出された資料に領収書などが含まれていた。キッシンジャー率いる外交筋は日米関係に亀裂が入るのを恐れて日本の政治家の名前が分かる資料を日本の司法当局に渡すことにむしろ難色を示していた。三木は強硬に資料の公開を迫ったがあくまで司法当局の者だけが見られる、という条件をつけられ強引な追求はできなかった、などなど面白おかしい陰謀説が次々と検証されていって本当はどういう事件で誰が一番悪かったのか、が暴かれていく。キッシンジャーがかなりとんでもない奴だということもよく分かるのだがそれを超える巨悪がいる、という展開でかなりのページ数も苦にならず読めてしまった。日本にもこういう時代あったんだな、としみじみ思わせられた。あっと驚く展開こそないけれども非常に面白い作品。おすすめです。

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

人文

ガケ書房の頃 完全版

ガケ書房の頃 完全版

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

山奥

花屋から転職 書店員見習い中

個性的な少年時代からガケ書房の経営、ホホホ座までとこれからのこと すべてを通してかっこいい生き方だなーと思います ガケ書房行ってみたかった! 私たちは自分の町に本屋がいるかどうかの国民投票をしているという一文にハッとしました

7日前

ジャパンバイシクルルート

ジャパンバイシクルルート

Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8

Koppepantaro

身の丈五尺八寸、中盛無料と戦う日…

どこもかしこも走りたい、垂涎のバイシクルロード10選。北は北海道から南は九州まで、山も海も両方もすべてまるっと取り揃えました的なラインナップで、サイクルツーリズムの可能性に期待しかない今、まさに必携の書と勝手に認定。

7日前

マンガでわかる考古遺跡発掘ワーク・マニュアル

マンガでわかる考古遺跡発掘ワーク・マニュアル

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f

ぐーるど

半世紀、本を読んでる

考古学にもいろいろあるが、その学問、研究の多くは発掘調査に携わる人たちの成果に拠っている、と実際にやってみて感じる。あの厳しい肉体労働をこんなに楽しげに、分かりやすく、発掘現場をくまなく、マンガで紹介されたら、遺跡発掘してみたいという人、増えるんじゃないかなー。

9日前

荘園

荘園

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

墾田永年私財法から応仁の乱まで。750年にわたる荘園の歴史を教えてくれる一冊。 土地や税制の側面から日本史を考え直すという視点を与えてくれていて、なかなかに新鮮。 守護と地頭、国司と郡司。複雑極まりない土地制度の変遷史を分かりやすく解説してくれている。

10日前