Btn appstore Btn googleplay
9784041109953 1 3

「遠野は化け物が集まんだ。咄だって、なんぼでも来る」 盛岡藩筆頭家老にして遠野南部家当主の密命を受けた宇夫方祥五郎は、巷に流れる噂話を調べていた。 郷が... 続き

コメント

久しぶりの新刊。
楽しかった。

その他のコメント

この作者の百物語シリーズはとっくに完結したものと思っていたので本作を見つけた時には軽い驚きがあった。いわゆる妖怪であるとか怪奇現象を人為的に演出することで難事件を解決に導く、と言うこのシリーズもマンネリを避けるためかどんどん話が大袈裟になっていって最後は作者の手に負えなくなってしまったのかな、と言う感じで完結していたのでよもや続編を目にすることはないだろうと思っていた。かなり分厚い作品で知られる作者だけれどたまたま怪談を下敷きにした比較的分量の少ない作品を読んでみてその才能に驚き、百物語のシリーズで物語作りの天才では、と思ったのだけれどやはりシリーズものの宿痾からは逃れられなかったのかなと思いきや舞台を遠野に移した本作ではその魅力的な舞台設定と相まってかっての輝きを取り戻した感すらある。読み進めていくに従って昔の物語との繋がりも徐々に現れる辺りがやはり只者ではない。非常に面白い作品。できればシリーズの最初から読んでほしい、そういいう気がします。おすすめです。

シリーズ第六弾

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c2d5e4841 5e82 4746 a20b 85b0ee3af33405869e97 438c 425a a124 54c865af4a1f68cf50e6 a041 456b 916e 9f6380044ab6Icon user placeholder6abcf575 1c22 4761 9771 eed2ad8a455f 6人

京極夏彦の本

ざしきわらし

ざしきわらし

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

読むの遅いのが玉に瑕 (2016…

座敷わらしが住む家は栄えるという 妖怪の部類に入るのかわからないが 気持ち悪くないならいればいい むしろいてください

4か月前

文庫版 厭な小説

文庫版 厭な小説

Ju8isiss normal

田舎たぬき

ミステリ、ホラーが特に好き

大変に後味の悪い厭なお話が続きます。 しかし、他人の不孝は蜜の味とでもいうのか…これがまた面白いのです。 厭なのにするすると読みやすく、ラストの締めまで完璧。 実に厭らしい、素敵な1冊でした。 個人的には「厭な扉」と「厭な彼女」がお気に入りです。

4か月前

厭な小説 文庫版

厭な小説 文庫版

De7a13b6 22df 4d72 915d 37f1e9f2d5b2

猫屋凪

怪談・オカルト・ホラー・ミステリ…

ボリュームがあるのもあるけど、思った以上に読み進めるのがしんどくて時間が掛かります。 いちいちイメージしてると、厭な気分になって、読み進められないです。 深谷と言う人物の 周りの人物 に起こる怪奇現象。その怪奇現象で当事者たちは、どんどん厭な気分にさせられて行く。 最後は、廃人になったり、空き巣に刺されたり、救いがない話を7話載せている。 厭な気分にさせられてしまう、素敵なフィクション小説です。

7か月前