Btn appstore Btn googleplay
9784480437532 1 2

2004年京都市左京区で開店する前の話から、2015年に閉店後、「ホホホ座」へと発展するまで。個性派書店、青春期。解説 島田潤一郎 帯文 武田砂鉄 20... 続き

コメント

個性的な少年時代からガケ書房の経営、ホホホ座までとこれからのこと
すべてを通してかっこいい生き方だなーと思います
ガケ書房行ってみたかった!

私たちは自分の町に本屋がいるかどうかの国民投票をしているという一文にハッとしました

読者

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

山下賢二の本

ガケ書房の頃

ガケ書房の頃

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー@書店員

書店員2ndシーズン突入

「京都、本屋さん、青春。」 帯のコピーがこの本のすべてを表現している。 山下さんの本に対する想いが自分と重なる部分が多くて、 読みながら感動しました。 同じ歳の時くらいから書店員の仕事を始めていて、 シンパシーを感じずにはいられない。 本屋というより、本そのものを愛している気持ちがひしひしと伝わる一冊です。 読書は娯楽。 人と本との出会いがもっと楽しいものになりますように。 ホホホ座にも必ず行く!

5年前

17