Btn appstore Btn googleplay
414exjj1j9l

インドにおけるゼロの発見は、人類文化史上に巨大な一歩をしるしたものといえる。その事実および背景から説き起こし、エジプト、ギリシァ、ローマなどにおける数を書... 続き

コメント

2022.01.08

森田真生さんの『数学する身体』を読み、この本を知る。
年始のブックオフで見つけ購入した。

アラビア数字は、そもそもインド発祥の数字がアラビアを経由してヨーロッパに伝えられたことでそう呼ばれていることを知った。
アラビア数字が広まる前の世界では、ローマ数字など大小を比べることが比較的わかりづらい数字であった。しかし、零がなくても数字を表せるからこそ零は要請されなかった。

一番驚いたことは、アラビア数字が広まり、紙が普及して、筆算ができるようになったことで、算盤が不要になったことだ。筆算を早くやるための機械が算盤かと思っていたが、アラビア数字が広まる前の筆算ができない時代の計算に必要だったのが算盤ということは知らなかった。現代の義務教育では、筆算を教わった後に算盤を教えられるが、僕自身算盤について理解に苦しんだし、良さが分からなかった。ふいに、この昔年の疑問に答えを与えられた。

ともかく、人類の進歩はすごい。
巨人の肩の上で僕たちは数学をしているんだなと実感した。

読者

C1243901 d6eb 4606 9351 ea9d9d21c2c4PictureF594472c 0b62 423f b639 a20c06a365b617d8a33a d031 4cfd b471 4f74fb4a3af9Bbfd43c7 a06b 4d65 b822 80694813e6e907461343 e33e 4999 85ab 9a913ba0324aFa8271f3 60a4 44e6 a532 08894ae2c002C00a5b6d 82b6 4a25 8807 f4e4043cb59e 10人

吉田洋一の本

数学序説

数学序説

21d4e0ce 7713 4310 a55c be98f03b2f86

いあり

面白い本ならなんでも読みたい

難しいが少しずつでもわかるようになりたい。数学は一生遊べる趣味だと思う。

6年前