Btn appstore Btn googleplay
51cnudzy69l

村上春樹9年ぶりの短編集「ドライブ・マイ・カー」「イエスタデイ」「独立器官」「シェエラザード」「木野」「女のいない男たち」。表題作は書き下ろし。 続き

コメント

ドライブマイカーの映画が賞を獲得したということで読み返してみた。映画はまだ見ていないが、この短編をいかに長編映画にしたかと思うと映画が見たくなった。短編集の中では独立器官が文藝春秋で読んだ時から頭にずーっと残る作品である。全体的に女性を喪失した男たちの物語だが、騎士団長に繋がっていく短編集だと思う。

その他のコメント

村上さんの作品の主人公はいつもいろんなことがありつつも、特別な存在のように感じていた。この短編集に出てくる主人公たちは私たち同じように失恋に向き合い、私たちと同じように感じている人たちばかりだった。すごく村上さんの作品を身近に感じられた。

傷心中に言い聞かせるように読んだのはいい思い出。
人の心はその人にしかわからないのが現実。

読者

341db26c 9db5 455e a9ee 9062830903a38c58aa47 6df2 4792 b7a9 860918ead01c8a147539 d412 4499 b071 084ec14a5be6A10abdb8 2d0d 4f3a 8906 03e246c19af3Icon user placeholder4c6e36fd 0654 41a1 ad3d 000dbaa36d879b92c5df 953f 473f be92 1f218474893dBd206ab0 388d 44d4 8aaf be7efce83af0 73人

村上春樹の本

辺境・近境

辺境・近境

Icon user placeholder

baro1n231

旅行をするという行為は、人に意識の変革を迫るもの、そして疲れるもの。日常から離れながらも、同時に日常に隣接しているか。 アメリカに1年いたときを思い出したな〜。 村上春樹もウィスコンシン州行ったことは個人的に嬉しい。

1年前

「象の消滅」 短篇選集 1980-1991

「象の消滅」 短篇選集 1980-1991

E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a

kasa

旅行や食に関する本、 海外文学、…

17の短編 午後の最後の芝生が今の夏の季節と相まって良かった。 実在の地名が出てくるので想像がふくらむ。 飯田橋や駒込、小田急線など、距離感だとか山手線逆に乗ったとか、よく分かるのが嬉しい

1年前

15
村上T 僕の愛したTシャツたち

村上T 僕の愛したTシャツたち

A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a

まる

発芽マニア? 旅と文庫本とビン…

この本の中で私が着たいTシャツはやっぱり、安西水丸さんのナマケモノTシャツかな。あとはレコード柄全般に、書体がいいなと思うレタリングTシャツ、あと森林火災防止とヴェンチュラ・サーフショップのTシャツもいいな。 村上春樹氏は小説よりもエッセイやコラムが好きです。邪道ですかね?

1年前

20