0c5f0435 8852 4ed7 be9a 27f721c6fad7

mai

((*゚∀゚))

((*゚∀゚))

78

コメントした本

AX アックス

久々に伊坂さん読みました。やっぱりいいなぁ。 今までの作品に出てきた名前もあって再読したくなりました。兜の家族への思いや、家族の何気ないエピソードが、ほっこりしたり、ホロリとさせてくれたり。

26日前

1bb5671b 96b7 4375 9a8d a6ee1cf193873b1984e7 90a5 4314 9b49 a65600d890feE6ee65b9 8746 4655 a197 5d08a55d6d30Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093Ae8cfcb0 2072 4547 8dff 115b138b72e2F753ec1a 26bb 4036 a6ff 8b0a370c0cf2Icon user placeholder 60
論語物語

孔子と弟子たちの会話から孔子の教えを知ることができます。弟子たちがいい意味でとても人間らしく、小説を読むように楽しめます。孔子が音楽にも通じていたことを初めて知りました。「天命」や「道」についての考えは感銘を受けました。

4か月前

C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5fIcon user placeholderB2380b4a 127d 4f09 abad 8522096599b731dd4e77 1842 47a7 9bc5 9712584e8d46
自分の小さな「箱」から脱出する方法

何か人間関係に悩んだり行き詰まったりしたときに自分は箱に入っていないか??を常に問いかけたい。無駄な虚栄心や自己欺瞞、被害者意識に気づけるようになれそうです。

5か月前

A432e0fd 517b 4039 a0a9 b1b5d5edcfd1783444e6 84e8 4a08 94f2 1884cb6815b7522b2427 7b6f 4545 9fc6 099fc68c2211Icon user placeholderIcon user placeholderD8485b64 0a86 44ba 85a6 c925a1cbdc2fIcon user placeholder 39
おとなの小論文教室。

表現するって特別なことものかと思っていたけど、特別なものではない。相手に伝える努力を惜しまないことが大切とこの本を読んで教わりました。

5か月前

26f8034f e38d 42e2 9b13 2f242b3877b8D9a82045 dfe9 4fc1 8423 7e2a73a0e8406ad2a32e 9d2a 416b b167 0d13bc4202da47447c07 c188 4a46 a700 79a4bc3d1a55
恋歌

水戸藩にこんな歴史があったとは知りませんでした。歌子の激動の人生にどんどん引き込まれました。その時代背景や心情を理解するとそれぞれの人物が残した歌が胸に刺さります。

11か月前

Aeb68673 c3b5 49d0 8b42 48f7080c5a9eIcon user placeholderA6f35b9e ff78 4349 af5b 80496a9e88aaE323458d 7470 4a37 9b26 7b39e079358f1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad42bad8a6f f077 4bce b6be 726113c92253040c1f4a 5718 4ca3 b0ed 54c32f508fc3 9
バガヴァッド・ギーター

ヨガ教室においてあるフリーペーパーで紹介されていたのがきっかけで手にとって読んでみました。注釈と解説が半分を占めていて、本自体のページ数は多くないですが内容はとっても深いです。宗教的なところもありますが、ところどころにはっとさせらせる言葉がちりばめられていて、今後も読み返したいと思わせる内容でした。アーサナ(ポーズ)や呼吸法の先にあるヨーガについて考えを深めることができます。ヨガをやっていなくても自己啓発としておすすめ。感官を制して、憎むことなく、期待せず、執着せず、常になすべき行為を遂行せよ。自ら自己を高め、自己のうちに幸福を見出す。人智を超えた存在が万物の中に遍く存在する。という内容が印象的です。

11か月前

F157a395 dd8e 4942 a829 47ec55fc798b705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5
死神の浮力

最愛の娘を殺された夫婦と死神の7日間。主人公に突きつけられる現実に心がえぐられるけど、主人公の父との思い出や千葉さんとの会話にふと心が軽くなります。千葉さんの真面目な仕事ぶりは今回も健在です。

約1年前

Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b709311a604ac 86d0 4060 a3cc e149b56dcc5f5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc25b7bf3d2 16d1 44e0 9012 c31318f9357cIcon user placeholder3461f976 7283 4644 a020 6250675cff38Icon user placeholder 37
家族を撮る。子どもとの10年を残す、デジカメLesson

子供の写真だけでなく家族の写真や、その日の雰囲気がわかる写真もぜひ撮りましょう。や、子供の自然な表情を引き出すコツ、兄弟ショット、記念日のオフショットのすすめなど、あとからみるのが楽しみになるような写真が撮れそうです。

1年前

TQ-心の安らぎを得る究極のタイムマネジメント

時間に終われる日々を何とかしたくて手に取った本。自分の価値観に従い、優先順位をつけて計画、行動することで、時間をコントロールし、人生をコントロールして心の安らぎを得ることを究極の目標とする。 本文にフランクリンプランナーの説明もあるが、月間予定と、一週間単位の時系列の予定が書き込める手帳があれば実践できる内容もあります。日付のインデックスとかはフランクリンプランナーでないと難しいかもしれないですが。 まずは自分の価値観を書き出し、毎朝10分の「計画する時間」を確保して続けることを実践していきます。

1年前

とっぴんぱらりの風太郎

分厚い、けど後半にかけて物語がどんどん加速するにつれて、長さを忘れるほど楽しめて、最後はページを繰る手が止まらなくなりました。出来損ないの風太郎のガッツに応援したくなる!風太郎以外の柘植屋敷出身の忍びやひさご様などの登場人物もそれぞれとても魅力的。

1年前

06746da7 973f 482b 885f 5b5db0c96fa6D612ffdc 6980 4f04 a495 dd766c914c6aF239bf4f e528 43f7 b5f6 1a87afa865f04ca4ec68 d5a1 41f9 b014 2153953b8009Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e3111c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01d1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4 22
わたしを離さないで

終始落ち着いた文章の中にある独特の世界観。 子供時代の思い出の宝物や、使命について、仲間を失うことについて、いろんなことを考えて余韻に浸りました。

4か月前

0a83a93d 9ec1 4e05 814d 21cb4749c69fC07662fb 24da 4c18 bfc7 8b3f646240f63b1984e7 90a5 4314 9b49 a65600d890fe2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f1b14913b e1c6 4126 adcd 1f5a003a921808c4b35f c5fb 4a62 b6ea 45951ec25ea7Icon user placeholder 158
君たちはどう生きるか

もっと早く読みたかったなあという気持ちと、いろいろ経験した今だからこそいろいろ響くものがあるんだなぁという両方の気持ち。青少年向けに書かれたものだけあって、とても読みやすく、内容がすっと入ってきます。読みやすいけれど、大人が読んでもいろいろな場面で内容が心にグッと刺さる。コペル君の純粋な気持ちに心洗われます。コペル君を優しく導いてくれる叔父さんやお母さん、コペル君のお友達も魅力的です。 解説を読んで、この本がこれからの子供たちへの希望を託して書かれたと知り、著者の思いや時代背景を考えると涙が出そうになりました。 初版本の後、現代風に言葉が変えられたり、内容が省略されたりして出版された本もあるようですが、私はこの岩波文庫版が当時の雰囲気が感じられて好きです。

5か月前

D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f02ee15a92 b663 4fcd af27 bd873c5d1ba6E4af67cb 76e1 4500 b9ae 7cc81eb91f60B3fd0ffa e716 4bd9 b3c4 c042a9d23124Bb13ac41 2d1e 49e0 a1d1 88fd96068d7cDf294017 d183 436e 8e14 12aa00edcccbBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311 108
長いお別れ

かなり昔の作品だけど、素直にストーリーを楽しめてマーロウの格好良さに痺れます。

5か月前

Icon user placeholder89091bc0 f74a 4635 9ef8 52c8446ba01397a21eba 6bcd 485f 8b8a baae7aaffb7c11d11e89 91d1 484f 8eab dd1c2b5cd1e0Bae159ae 23a1 4b82 bfcd f236ec4f97aaC1dfd8a6 1fda 4ca4 9c7e 6fc7889e0c25
新装版 ムーミン谷の仲間たち

キャラクターは知ってたけど、初めて小説を読みました。個性的なキャラクターや楽しいお話がたくさん。大人が読んでも深くて、ほかのお話も読みたくなりました。それぞれのキャラクターがありのまま生き生きと生きていて、それぞれのお話の中で見た目ではわからないけれども大きな内面の変化が起きるところや、ちょっとした優しさやユーモアを感じられるところが好きです。

5か月前

Icon user placeholder0a17d43d 1c1a 40be 807c ce17dd69d7a89bc34478 5361 482d b5bc 3e857a5f25d1B4573d22 bfce 450a 84a5 8e743b449df7Ea74e932 c741 462e b408 16365561098c135b803d 7ca3 4402 8442 5d742e74d211
昨夜のカレー、明日のパン

ちょっと変わっていて、寂しさ、愛おしさを感じられる登場人物の世界観やじんわり温かい感じが好きです。

11か月前

Icon user placeholderIcon user placeholderF11603e6 7980 4853 ba71 c021c99f74ca08f73de7 afa2 4a08 b4e1 de3c7dfd0224Icon user placeholder8d62f510 4f49 4a54 84bc 37979dc2c35c5cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16 41
LIFE SHIFT

人生100年時代と言われると、老後の資金のことやいつまで働けばいいの?という不安が真っ先に浮かんだけど、目に見える資産と同じくらい、目に見えない資産(パートナーや友人との信頼関係や心身の健康など)が大事なことがよくわかりました。常に学び続けること、未来を見据えて、目に見える資産と目に見えない資産のバランスをとっていくことが大事。柔軟な働き方なども今の私たちがいろんな実験を経てより良い生き方を模索していくことが大切なんだなーと実感。

約1年前

9e299f8b b8ac 49f8 ab08 db3f3c547464793d7c97 9483 4056 bbb0 4ad9482998dfC2553245 84a1 4fc5 9f70 0e2a6896e832Icon user placeholderCda577f6 55a7 45af 8c90 2ba5a74e1a27Icon user placeholderB307e392 1cca 43a1 919e 4f40d8e1fecb 111
悟浄出立

万城目学といえば日本の歴史×ファンタジーというイメージだったけど、中国の古典を題材にした小説があったとは!小学生の頃に初めて読んだ西遊記や、教科書に載っていた山月記を読んでその圧倒的な筆力に衝撃を受けた中島敦、歴史の巨人司馬遷など、自分も過去にすごい!と思った物語や人がテーマになって万城目さん流の物語になっていたり、触れられていて嬉しかったです。

1年前

Da7ed40f 2e85 4d0f b348 238216b8aa92F3b5f76b 9a8d 4ccc b31c 6a221f502f1000a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093A26e4845 1e26 4848 be07 0d7579fc67eb8c2e3305 ae04 4bae b596 15d812009c0b8b0d7518 e7ce 4f48 80a5 fdf0ada87125 13
周囲がざわつく自分になる 必要なのはコスメではなくテクニック

高いコスメに頼らずに、自然で崩れないメイクというコンセプトがとてもいいです。下地の使い方やリップやチークの塗り方など、ちょっとしたことでもちが良くなったり、いい感じのヌケ感が出たりするんだなーと参考になりました。

1年前

F51e8a3c db1f 4b15 ad1f b2f3f60e21d420f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520C4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26c989ccdb3 7f32 4c95 8137 1a85fa9487c7118d7970 3cc2 4db9 831c 045461a93c14Icon user placeholderIcon user placeholder 34
ソークラテースの弁明・クリトーン・パイドーン

ソークラテースの法廷での表明や、弟子との対話が記された本。 自分に嘘をつかず、自分が恥と感じることは決して行わず、毅然とした態度に勇気をもらえます。どんな概念的な事柄にも立ち止まって、時には様々な例えを用いて、時には弟子に問いかけながら、丁寧に順序だてて弟子にもわかるように説明していく姿や、謙虚な姿は、師とはこういうものなんだなぁと思わされます。 魂や死についての考えがとても興味深かったです。 最後に老友クリトーンに残した、「君たち自身を大切にしてくれさえすれば、たとえ君たちが何をしていても、ぼくにつくしてくれたことになるのだ」という言葉。魂の世話をすることイコール自分自身を大切にすることがソークラテースが友人達に残した最後の願いというのがとても印象的。

1年前

四十九日のレシピ

失ってから気づく、今まで当たり前のようにそこにあった存在や空気感や匂い、懐かしさに読んでいて胸がつまります。人間の不器用な部分も含めて人生や思い出って素晴らしい。愛おしいと思える、あたたかい作品でした。

1年前

018eeddc f1c0 4ec2 b1f0 0682fe7c74f17046ce21 ea1e 485e 97f5 3ad281c34a4d53faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e23880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a8Da499751 b5b9 4494 8913 7023be7bcec4Ec9152f4 9b64 401f a47e fe653175a098E23415a9 faea 4404 a89e 7bbe4ed5be9e 12