Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
1e5c5d77 136c 4e6c 84c2 dce2a97dde55

新田洋平

職業プログラマ。77年生まれ

職業プログラマ。77年生まれ。福岡市春吉在住。読書と飲酒に生かされています。 twitter.com/youhei

55

コメントした本

モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書

Kindle Unlimited でサクッと読んだ。若い人たちのモチベーションの在りようの変化を書いている本。 生まれたころから物質的に満たされている「乾けない世代」は仕事のやりがいを達成感ではなく意味合いで満たしている。その変化を認識していないとジェネレーションギャップが拡大するよ、と。 中盤に山岸俊男教授の名前が出てきて、自分もそうだけど40代前後のIT業界の人にとって「安心社会から信頼社会へ」はバイブル的な存在なんだなあと再認識した。

5日前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a69668846bbe f9fe 4f84 9769 b3159f1b0d9885b0508e bc7d 47ed a968 8716313bbc4bIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder4cb5381c bdd6 4e98 84b4 d06377af82ef 8
未来の年表 人口減少日本でこれから起きること

ある程度のデータは前もって頭に入ってはいたが、人口減少に連動して起きる問題はやはり深刻だといえる。子育てしている者として頭が痛い。 一方で著者の訴える処方箋は個人的な主張が多く含まれているからかあまり賛同できない点が多かった。

21日前

Icon user placeholderFe92f963 ea97 4e8d b5f3 767b64cc0baeIcon user placeholderIcon user placeholder1f00d153 09b9 4aef ae95 b3ca6aaf28b5Icon user placeholder8580b2f3 a10c 4cf6 92b7 76d8d1bcde93 44
パラノイアだけが生き残る 時代の転換点をきみはどう見極め、乗り切るのか

戦略転換点という概念をインテルのメモリ事業撤退という実例を通してインテルCEO自らの実体験から教えてくれる名著の復刻版。戦略転換点はテック業界に身を置く者として避けられない事象といえる。これは企業も個人も激しい痛みと混乱を伴う。 自身の乏しい業界経験を振り返ってみても、著者の訴える切迫感を生々しく感じることができたし、常にその感覚は持っていたい。 テック業界で普遍のコンセプトを教えてくれる教科書のような本。

約1か月前

Icon user placeholder84adbeca 9513 462d ab76 a9114998d9049727e8b0 10dd 4c31 b733 85abb59bdfbb04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca
聖の青春

タイトル通り彼が「青春」を謳歌出来たのは、森信雄との稀有な師弟関係があったからだと思う。 羽生や谷川の天才性と異なり村山聖のそれは彼の死生観とダイレクトにつながっていて、手塚治虫と水木しげるの違いを思わせた。

3か月前

D6ad3910 da2b 4fd4 87cb 8fee25fff124Icon user placeholder81b325a4 3128 49d4 b65f 14c97e51ba57Icon user placeholderIcon user placeholder94672d9e 97e5 4749 af08 3f6f1cecc2feCe41cdbf 7b1d 4b0e a2b2 dd29e0c534e6 26
コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学

コンサルタントに限らない汎用性のある思考について教えてくれる本。 あえて直接的なアドバイスを避け、実体験を通して読者に気付いてもらう形式を取っている。現在の自分が著者の真意をどの程度汲み取れているかはわからないが、折に触れ読み返したくなる本なのは間違いない。 ぼくは「ものごとがそうなっているのは、そうなったからだ」というトートロジーともとれるボールディングの逆行原理がお気に入りです。

3か月前

小説 微熱少年

1960年代の東京の青山通りを走る路面電車。気障でいけすかないけれど硝子のように繊細な十代の音楽少年。フィクションと史実の間にある物語。

3か月前

ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える

Google の人事(People Operations)の仕組みをオープンソースよろしく惜しみなく公開している。 「社員全員にとって採用活動は仕事の一部」という採用方針と「採用基準を厳しく設けているのであれば社員の職能は正規分布ではなくべき分布になる」といった考察や、採用や人事考課に彼ららしくエンジニアリングを導入している点(オープンデータ、データ分析、A/Bテストなど)が興味深い。 また、マネージャー不要論を証明しようと立ち上げた Project Oxygen が結果としてマネージャーの必要性と良いマネージャーの資質を導き出すことに成功したという逸話に逆説的なおかしみがあった。 エンジニアリングを武器に公正さと公平さをここまで追求している人事は他にないだろうと思う。

9か月前

E84971bf 3031 4171 85f9 e46a3b515a7560c975e3 584e 4464 8fda cb46a3cda45d56eed120 4264 4b9d b3ee 8a4fa43a46065e7cb613 c27b 4500 9adf a469433e520792657f91 27f8 414c af22 c37a7811e65e5c1a005e fed2 49ba 9c5e a0686e3da3f3C1977286 8c9a 4c10 a1c2 40603c7d9404 25
奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール

タイトルで思わず笑ってしまい読んでみたけど、作者の体験が投影されていてじっくり味わえる深いマンガだった。 主人公は35歳で同世代の男性であれば頭を抱えて読むページがいくつかある気がした。

9か月前

693f3def c09b 44c5 a99c cc17f4601004402ef02f 62ef 4324 af17 52f675c5368f4dbd1cd4 c787 4191 bbcd ec7b3bb6e8ad0857be53 5037 4f47 8418 6ec0d377595cAfbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec15359182be3b afc8 4b74 8335 7d2cccdf86bd2438cfe3 d375 4f16 8de1 8bd75260bdf9 19
ブロックチェーン・レボリューション ――ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか

インターネットが国家の規制を受けない情報の交換を実現したようにブロックチェーンは金銭取引に限らないあらゆる価値の交換を第三者の仲介なしに実現する。その結果、中央集権的な組織は解体を余儀なくされていく。 個人的にはすっかりエスタブリッシュメント化したインターネットに飽きつつあったので、様々な国家制度をひっくり返そうとするブロックチェーンの自由で知的でアナーキーで反体制な雰囲気に興奮してしまった。

11か月前

De7addf8 ea13 4734 a4fa b9779c75da00E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e103f77166 9838 44e7 a679 fdc0e08671d9Icon user placeholderIcon user placeholderE4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4Aad5dec2 bc04 4e06 87db 1b2a6aa7dfcd 19
志乃ちゃんは自分の名前が言えない

志乃ちゃんの置かれた状況と思春期特有の不器用さがないまぜになっていて胸が苦しくなった。 「あとがき」も良い。

1年前

36a42025 db7b 4ef9 bc58 f48d8104feae#<actiondispatch::http::uploadedfile:0x007f064e4a12e8>60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c27b5a7494 d19d 4ce7 83e5 dc8e14676329
CD付 1日5分からの英語で子育て

「1日5分だけ英語のみを使う時間を作る」ことで英語好きの子になる、というテーマの本。 子に強制させる要素は一切なく親自身がまず英語に親しみ楽しむ姿勢を見せるのが大切、という点が説得力があって良い。

20日前

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

coincheck の経営者の本で、現在のブロックチェーンを取り巻く状況が非常にわかりやすく解説されている。 入門書とはいえ法整備の詳細や日本政府が仮想通貨に対して好意的な意図など、日本でビジネスを展開してきているからこその視点も多く盛り込まれていておもしろかった。

26日前

F323259c f50a 4e7a b901 7ff05ad808cd6ce17271 e83d 44c4 ae56 c7e82c207e369ed768a6 3eb3 4ae2 95e3 046a998e6635
明日クビになっても大丈夫!

タイトルに反して会社員をやりながら好きなことを続けることの大切さを説いている本だった。ヨッピーさんも商社時代に鬱屈した想いを抱えながら、インターネットに記事を書きまくったのがその後に繋がってると言えると思う。

2か月前

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f014253d4 6080 4951 9119 24735184a696A7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b57
ジャコ・パストリアスの肖像

ベース奏法に革命を起こした彼のデビュー以降の足跡を知ることのできる貴重な一冊。 一方でなぜあれほどの独自性のある音を「発明」出来たのかについてはヴェールに包まれたままなのでデビュー前の詳細がわかる資料があれば読んでみたい気持ちにもなった。

3か月前

Icon user placeholderEbb09403 2d11 48e9 8205 e3d48af895c01c780a73 0a19 4807 924f 082a6037127f
インカメ越しのネット世界

若い世代の文化を様々なWebサービスとの関わりを通してリアルに切り取っている。同じサービスでも自分の世代とは使い方や捉え方が全く違っていて興味深く楽しめた。Web業界で働く人なら読むと目から鱗が落ちる体験が出来るかもしれない。

3か月前

フェイスブック 不屈の未来戦略

フェイスブックの誕生から現在の道のりを丁寧にふりかえっている本。著者はインテルのアンディ・グローブともマーク・ザッカーバーグとも働いた経験があるという稀有な人物で、シリコンバレーの生き字引のような人だと感じた。 サービスのグロースと次を見据えた買収戦略、この二つが他社とは一線を画す強みだと改めて感じられた。 そして過去に盤石だったグーグルがフェイスブックに競争的優位を奪われたように、これだけ順風満帆な同社も、想像もつかないパラダイムシフトによりテクノロジーリーダー企業としての地位を譲る可能性があるのだと思うとシリコンバレーのダイナミズムに目が眩むような気持ちになるし興奮する。

3か月前

Ce41cdbf 7b1d 4b0e a2b2 dd29e0c534e6Ec35fbba 94bc 45d7 993e 5b89952ab5ac99243ee0 23bf 4299 8a2e 183607d5bf70
HIGH OUTPUT MANAGEMENT 人を育て、成果を最大にするマネジメント

インテルCEOが中間管理職に向けて書いた指南書。1983年の本だけど、Google や Facebook など現代の IT の巨人たちもこの本から強い影響を受けている。 本書での中間管理職の定義は一般的なイメージと違い、いわゆるスペシャリストについても隣接組織に与える影響力のあるノウハウ・マネージャーであるから広義の意味でミドル・マネージャー=中間管理職である、としている。 これはつまり、本書の有用な原理原則の大半が専門性の高い職能にも適用出来る、ということだと言える。 自身のキャリアでゼネラリストとスペシャリストのどちらを目標とするにしても避けて通れないテーマを扱っている本だと思う。

9か月前

Fcb59cf8 724e 4d01 b78d 3294e4e332b85a20e99d e9ce 46ec b737 1a6afce281b285b0508e bc7d 47ed a968 8716313bbc4bE907ef46 3795 4c33 84a0 e0bc2a7764f1866f24ab a98d 4cbc 9881 c512fc7ca5b4A9dfae95 289e 4552 8d69 27fdda1b293e71f179d9 4336 4ee3 957c 89270efa4522 17
ライト、ついてますか―問題発見の人間学

正しい問いをたてることの重要性を様々なかたちで繰り返し説いている。 解く必要のないタスクに忙殺したり、目の前の状況を見ずに頭の中の持論に夢中になったり。そんな風に偏りがちな思考回路の気付け薬みたいな本。

10か月前

4a802ab9 065a 4d7a 8df6 ad0a4ece460fC9740941 08fc 4240 84de 4d2945692e7427af29a8 6eaa 4560 b03e 1163c59a4b2979e04344 ba1d 4ce9 8b9f dbc4268fdf30B0107b7a f449 4a64 a939 34a41ef6c63266ddcdbc c048 428d b2dc c4c4f5aad240900b732e 9f2c 4cc0 8232 00b766d0f191 8
エクサスケールの衝撃

現在世界一のスパコンの1000倍の性能が実現したらどういった社会的変革が起きるかを予見した本。Green500というスパコンの省エネ性能ランキングがあるのだけど、著者はそこで1-3位を独占したこともある PEZY Computing の創業者。そのため途方もない程壮大なビジョンを示す一方で現実味を帯びた内容となっていて、そこが未来学者の妄想する未来とは一線を画している。 レイ・カーツワイルの「シンギュラリティは近い」から大きな影響を受けているが、この本ではカーツワイルが示した未来より少し前を「プレ・シンギュラリティ」として2020年以降に起きる変化に焦点を当てている。 読後に読んだことある人同士で議論がしたくなるような本だった。

約1年前

断片的なものの社会学

ふだんの暮らしの中でのとりとめのない思考の流れを再現したような本。 ひとつの話題が頭に浮かんでは、着地点を持たずさまよいながら消えていく。また別の角度から別の話題が首をもたげては消えていく。 なんら結論のない断片の集合体が、個人そして社会を構成している。

1年前

Icon user placeholder9d58de1b b527 49fe 9838 e24d6f5ecdbf09a422f2 9923 4b4c b36a 2c8b7a1e0881Icon user placeholder87327942 8e51 4a3a 924b 22ccc2399af2Cda577f6 55a7 45af 8c90 2ba5a74e1a27C4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26c 123