Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
Fe8978d4 403e 4d90 b818 199a8d60f0cd

GOTO.M

金融機関勤務

金融機関勤務。コーヒーと帽子と散歩が好きです。最近は半分くらい仕事の本。

29

コメントした本

51h9ivbthol

これなら「おいしく」冷凍保存できる、と作者の方が思った、下ごしらえを冷凍保存するタイプのレシピ集です。最近冷凍庫のある冷蔵庫を入手した加減で、冷凍保存の本をいくつか検討しましたが、なんでもかんでも冷凍が性に合わず、今のところ自分に1番丁度いい本です。

4か月前

5793a552 0e68 4f55 8a2d fe98850bb3216cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cB531c9bb 2ecf 4088 ae24 8931bb4201c53a01e815 96e8 4da4 8644 775919edcf517fc1ca47 5865 4dca 80ca d1a147049c34
51dpjqu4yll

facebook、ブログ、HP、Twitterなどを利用して「箱庭」さんという団体がどうやって情報発信してきたかのノウハウを書いた本です。お店の広報の教科書的な本には『効果的にメデイアをミックスさせて…』みたいなことがよく書いてあるんですが、正直よくわかっていなくて、この本でようやく腑に落ちた感じがあります。ブログとfacebook、どう使い分けるんだろう…とか。とりあえずwebで情報発信したいんだけど…という方の参考になると思います。

約1年前

50d70d83 2014 445b a680 f09b8a70efc18c251e4e 893d 4551 910f b76dda2bb65f825104de 01ff 4e63 a032 acce0d92d3b41550aac7 09a1 45b9 9aac 26e4b2c6b77e3fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798bFbfa30dd e745 4005 ba38 1017ef14bd40A17c04d9 2740 4cf4 bf9a 5f22bc9aed14 18
41474ake0ol

建築家の方から見た街づくりの本なんですが、どんな街に住んだら自分が本音で『幸せ』なのか、という視点が貫かれていると思います。最大公約数的な利害を大事にする公共施策や、今の所、経済的な切り口に頼りがちな統計数値では、そのことはごっそり落ちてしまっていると思う。街づくりに関心のある方ほど視野が狭くなりがち(私もでした)なので、いつもと違う切り口の本もよんでいただきたいな、と思いました。

1年前

Bd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bd75e54cd0 91fc 4138 bea3 918e00dcec031cd55dd0 33e9 4c12 8724 8c74b7de9451Bd56352d d484 4313 b668 66f728996fb53a0e11b9 e6e0 4c2f 8e32 18fe7ed4fa506c50fd20 5836 43c5 9950 e3657ff59629
41rn6pvjyjl

「長い」ことで有名な『罪と罰』の内容を未読の4人でよってたかって推理します。名前覚えにくいって文句言ったり、主人公、やな奴だってばっさり切ったり、愛のある暴言が炸裂し放題です。私は読んじゃった方の人なのですが、読まないまま、読みたかった本です(もちろん読んだ後も楽しめます)。みんなで本について話す楽しみって、こんなんだよね、と思います。

1年前

5793a552 0e68 4f55 8a2d fe98850bb3217b401418 5669 4657 b744 aeedef1eaea42dac5629 77a8 49f8 af96 b6cea7a039a529c0e168 065d 4336 9132 f09c0985248375e54cd0 91fc 4138 bea3 918e00dcec0311afb8da 1bf6 4272 bc30 39ed2c8540325596b9d4 40c3 496a b8ce 2686b5bfde15 20
51ahwslvqsl

「のりひこ」である著者が愛する飛行機に乗りまくる本です。著者の方はマンボミュージシャンでもあり、会員制餃子専門店のオーナーシェフでもあり、グリーンランド国際サンタクロース協会公認サンタクロースでもあり、マン盆栽家元でもあります。人生は自分で楽しくするものなんだ、とこの方の本を読むと思うのです。飛行機って、こんな楽しいんだなあ。

1年前

41f67rp2fql

「嫌われる勇気」の岸見一朗さんが、認知症の父親を看取るまで、どのように考え、新しい関係を築いていったかを綴った本です。アドラー関連の本でも岸見さんの著作は少し他のものと(良い意味で)違うな、と感じていました。ギリシャ語哲学の思考(岸見さんはギリシャ哲学の研究者でもあります)と両親との関係で悩んできたという体験がそうさせるのだろうと思っていました。その「体験」部分についての本が出されて、自分の両親はまだそのような状況にはないのに、読んでみたいと思いました。老いた両親と生きて行くなかで、岸見さんが考えて得た、自身の結論が書かれています。私も家族と暮らしていく上で、このような考えに至ることはできるだろうか。 至れたら、いいな。

1年前

5793a552 0e68 4f55 8a2d fe98850bb321Bd56352d d484 4313 b668 66f728996fb5
51 wpkpzeyl

ジャズ黄金時代のジャズミュージシャンの逸話集。ジャズってちょっと気取って難しそうな音楽だな、と最近までは思っていましたが、実際にライブに行く機会があって、とても楽しい音楽ジャンルだと知るきとができました。この本のミュージシャンたちもインテリな芸術家、というより、身体を使う職人さんのような人間くささがあるように思います(そうでない方もたくさんおられるとは思いますが)。庶民的な小噺が好きな方にもお勧めです。ついでに、是非、ジャズも好きになってみて欲しいです。

1年前

59b69345 fd38 4c60 9112 b8f1b167579e2970514d f58b 4b33 988c faad88c878d6
51jfjv bbvl

著者の方のロシア愛溢れる、読みづらいロシア人名ガイド。教科書や小説などで目にする〇〇スキー等の人名を、きちんと音声化せずなんとなく字面だけで判別していた自分としては、「ずっとそう思ってたよ!」と気持ちいいくらいに思います。名前とともに、人物の紹介もありますので、ロシア文化ってなんかとっつきにくい、と思っている方にもお勧めです。

1年前

9ce666be a60a 4761 a2b9 06b0f7503c145c983e56 89d8 4b92 b8e8 16f903fd123e2162479a 34d3 4aa4 8b00 76884b16b27cB34804e8 ae54 46ae ae70 ffc9a44d841d
51ifa6e3qll

東京にあるクルミドコーヒーさんの店主の方が書いた本です。利益優先させる商売とやりがいを求めるスローな生き方の間を探しておられます。一般的なビジネス書の経営論と、個人の方がやっておられるお店とは、考え方というか、やり方というか、理想というか、うまくいえない、なんともいえない開きがあって、私の職業柄「経済ってどうあるのが幸せなんだろう」ということを自分が考えるのに参考にさせていただきました。若輩者につき、未だ答えはでておりません。(頑張らないとね)

1年前

34ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb6039ab553c c44b 4182 85e3 20c9abed19e0Ac300fd7 9282 4a62 8769 c98ceb1c7d1679db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bdC90af09e baf2 4bf0 8186 c80c3c1a56173fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798bBd56352d d484 4313 b668 66f728996fb5 17
51t7q1rxl4l

イラストレーター、佐藤ジュンコさんの日常をかいた、ゆるくて可愛らしい漫画。佐藤さんの住む街や周りの方の温もりが、ほんのり残っているような本です。旅行記や食べ歩きの本ではないのですが、お店を訪ねに、仙台に行ってみたくなりました。

1年前

5c983e56 89d8 4b92 b8e8 16f903fd123e572644c3 d8d0 41a2 bcd5 d564c99b219a2162479a 34d3 4aa4 8b00 76884b16b27cFbfa30dd e745 4005 ba38 1017ef14bd40B157b007 4c8d 403f ab76 05595a1fbba1
41lfkcaehkl

身の丈にあった商売、自分の周りの小さな問題を自分の責任で引き受けることを『小商い』として、その考え方(やり方ではありません)を論じた本です。ビジネス関係の本を読んでも読んでも解決しない個人的な素朴な疑問(例えば、売上をひたすら拡大する、できるって本当だろうか。なんだかグロテスクじゃないかな…というような)の出口が、こちらの方に見えるような気がしています。

約1年前

Icon user placeholder1550aac7 09a1 45b9 9aac 26e4b2c6b77e9463565a f6ea 40bc 93dd 4b4775f32cc7F6dfa475 f015 477a a2a7 177e44d571244936812e bdf2 4b26 a801 6ed8e2c459d933acf478 6b9b 4bef 9367 480c8e9dea23
51ji4%2boexll

都市には盛衰がある(なので当然、なくなることだってある)という前提でどのようなケースでどのような事象がおきるか、ということを考察している本です。 ちょっと昔の本なので、最近の地方の問題に興味がある方が読むと『そんな例を出されてもな…』というようなものもありますが、都市同士の力関係で富や人が動くよ、というのは今でも充分通じる話だと思います。 個人的には、『富とはなにか』という考察について言及している部分が新鮮に映りました。

1年前

C9ad7b89 a817 4c3f b339 f6caacecb39667ead0c1 498d 494d ae6c 328eb22e2b3a8b59dc2b 2e4c 4f14 9f40 a2f550bfc48a565087b5 d3fb 404c 85d7 b767a6b1f37875dd2710 dc1f 4b08 a7b9 20e4b8794ab1
51fvxl2v11l

消えて行く古き良きものと、切れて行く電球、その電球を取り替える男の物語。ノスタルジーとファンタジーが同居するようなお話ですが、個人のお店に入り浸って、お店の方と話したり、商店街を歩いていたりする時に感じるものと奇妙に似通っているなと思うのです。みんな分別ある大人の顔をして生きているけれど、本当はおかしなファタジーを心に抱え込んでいるような。

1年前

41jdksgek5l

女性の働き方について、綺麗事を言わずに、著者の方の経験から語った本です。スーパーキャリアウーマンにもなれないし、ほっこりのんびりもちょっと違う、『輝く女性』とかいうけど、なんか違和感がある、そういった悩みを抱えた女性の方の実感に近いお話だと思います。共感できることも、できないこともあるけれど、紋切り型でない話を聞くと、自分で働き方を見つけていけばいいんだな、と安心します。

1年前

Fe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa461a2aff9 d6fb 402c ab84 1cf53e6173990bd7569a ae70 448f 9f65 90008b473ea3
51ovyfy9wgl

吉本ばななさんが、子どもたちが自分であることを大切に大きくなって行けるよう、願いを込めたお守りの本です。全ページに描かれた挿絵が優しく、ずっと何かがそばについていてくれるよな気持ちにしてくれます。草臥れた夜に少しずつ読ませていただきました。少し胸が温かくなります。

1年前

8412b8f1 871e 4f2f bc22 7c0221344a1eDbea8975 e92c 4a59 8a07 cbd61456d181015dce07 cf3e 4648 a2ea 9129980e65543880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a85793a552 0e68 4f55 8a2d fe98850bb321705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5E014b6cb 83fe 4e54 93cc 355c9b858fe0 41
517sttbg7ql

村上春樹さんの旅行記です。村上主義者の方には申し訳ありませんが、この方の小説はちょっと苦手です。でもエッセイはいいなあと思っています。この旅行記も、旅行中、ずっと青空が広がっているんだろうなあ、と思わせるような爽やかさがあります。きっと、自分が気持ちよく過ごせる過ごし方を、よくわかっておいでの方なのでしょうね。(憧れます。)文中、熊本県の本屋さんの看板猫「しらたま」さんが写真いりで出てきます。お目にかかったことはありませんが、名前といい、ころころ加減といい、なんていい猫なのだろう、会いにいってみたい、と思いました。

1年前

F060dddb 03e9 4547 8591 84afdcd4d779E35c0f13 2aeb 49c7 b68e 531ef922d62e705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5106177b4 064f 48a4 bea7 c9c422302bfc099dd5e6 a654 4556 a38a 2d8c84738dcd9dc594a2 5123 4faf 973a e2c3338e17cfE8c6b8d0 c407 409f 90eb f26870078629 21
513rzpem ql

イスラム地域の研究をされている方の書いた、青少年向けの、イスラム世界の解説書。やや難しい表現も多く、また2012年に刊行されたものであることから、現在の世界情勢を考える、という大きなことはできませんが、それでも、自分のような素人が「世の中には自分とは違う正しさの尺度を持った、善良な人々暮らしているのだ」と気づくには充分であると思います。

1年前

41v%2bpwelvel

「経営論」ではなく、「経営学」の最近のトピックスを紹介した本です。how-to本のように、分かりやすい答えを提示してくれる本ではありませんが、学問的な面白さが経営学にもあるんだということを教えていただきました。個人的にはソーシャルキャピタルと、組織の記憶についての話が面白かったです。

1年前

61u20jjr8pl

とにかくたくさん餃子のレシピが載っていて、本当にどれも美味しそうです。表紙の餃子のレシピはパラダイス山元さんのもの。皮から作ります。あんまりおいしそうなので、レシピ片手に同僚をあつめて、たくさん作って、たらふく食べました。手間がかかる=1日遊べる(しかもお安い)ということだと思います。楽しいですよ、餃子!

1年前

51bcu7fs0cl

漢方による体調改善の体験記です。実践のときも指導の方もゆるめです。漢方そのものより、指導を受けたときの受け止め方の素直さに私は感銘を受けました。『ああ、そうなんだ』と思って、そのまま受け止める感じです。なんか、憧れます。

約2年前

Icon user placeholder433331f6 49d0 4ef6 bbd1 ac6344930d41Fb06ff6f 72a4 4e0d a4cd e473fd02b6b461a2aff9 d6fb 402c ab84 1cf53e617399Fbd0a3ff 571f 4926 ab82 abb2ace8488eE8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3cDff94a99 b9ca 4556 9326 3460233ee3ca 15