B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca

あなご

教育と心理の仕事。1987生

教育と心理の仕事。1987生。詩・短歌・俳句・小説が好き。特に中村文則・ドストエフスキー・三島由紀夫。

502

コメントした本

短歌は最強アイテム――高校生活の悩みに効きます

短歌エッセイっていうのが面白い。

28日前

C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7bAfbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535
私という謎 寺山修司エッセイ選

随筆というジャンルにおいてさえも自由に独自の世界観を創造する寺山。母子関係の歪みこそが彼の作品を支える大きな要因であったのだと知る。

約1か月前

連句・俳句季語辞典 十七季

「詩心が膨らめば、一人の時は俳句を作ってみよう」

2か月前

パノララ

評判が良かった気がして読んだけど、あんまり面白いとは思わなかった。柴崎友香は芥が賞受賞作を読んだ時も好みじゃないなと感じたものだけど、もう読まないかもな。なんかぼんやりした小説体が苦手だ。

2か月前

Af23a43c de7a 4b77 a911 0b5446efba2f80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aIcon user placeholderA4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186f1015f227 696e 4c84 84b4 7c2812a5f481
本好き女子のお悩み相談室

タイトルに惹かれて。一箱古本市で出会った本好き女子たちの悩みを聞き本を紹介して行くブックガイド的一冊。作者は男性。今まで知らなかった作者や新しい本に出会えた。本を通して読みたい本が増えるのは嬉しい。

2か月前

A432e0fd 517b 4039 a0a9 b1b5d5edcfd1Ff847fe3 22c2 4444 b1bc 60bfb27b599a9ce2e64e 6f31 4d75 b26f 84574d0ac6c3D4b88cf8 5d50 4fc1 ade0 d9e34f94b0abFe1994f9 977f 4dd6 b9bd 344b00b8a5c7C17e5ddf fd7c 4655 a028 d401a2587f88014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 8
風と共に去りぬ 第5巻

なんて面白い本なんだとびっくりしながらあっという間に最終巻!!登場人物達に随分入れ込んでしまって感情が目まぐるしく変化した。スカーレットに待つ明日はどんな明日になるんだろう。とにかくレットがかっこよかった。

3か月前

F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241E6ef29a5 955b 4561 9358 7d33581502bc89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e
王朝百首

もう数ヶ月も読んでいる。まだ読み終わらない。毎日帰宅したらめくり、和歌と出会う。式子内親王がたまらなく好き。最後まで読むのがたのしみな一冊。

3か月前

短歌タイムカプセル

出逢うのを待っていた短歌に出逢えます。

約1か月前

Icon user placeholderAac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a76426940f66a27 01a4 4b46 9365 4295a2f1660998890aaf 2d07 4311 8d59 aca2df815a601722439c e491 4f98 bde4 5e870e46d496
九マイルは遠すぎる

安楽椅子探偵ものが好きなんだよなぁ、と読んでいてしみじみ。久しぶりに本格推理小説読んで満足。

約2か月前

6c194b33 d5b9 4134 bb60 c0cde31bf661D70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009c48b8c55e 0ea8 4b52 8fa2 66d3dfd96988
象と耳鳴り―推理小説

短編なので空き時間に読みやすい。久しぶりに推理小説を読んだ。推理小説は独特の物語構造があって脳トレになる。気分転換におススメの一冊。

2か月前

D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaaE6ef29a5 955b 4561 9358 7d33581502bc
愛するということ

何度も読み直す価値のある本。精神分析のくだりが面白かったので他の著書も読んでみる。

3か月前

640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520262723bf 05a1 4308 bb45 bf8217c79bb7E91d09b3 2d05 4570 a069 ddc27730dbdfA432e0fd 517b 4039 a0a9 b1b5d5edcfd1057d2afe 8924 450d bb96 3e12f5f89a94Icon user placeholder 62
風と共に去りぬ 第4巻

次々に色々なことが起きて…一体どうなっちゃうんだろう?!

3か月前

F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241E6ef29a5 955b 4561 9358 7d33581502bc89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0eFf442bfb 6723 40fc 9ef2 a1d68eea6c6e
風と共に去りぬ 第1巻

実家で母親の本棚にあった記憶。新訳で購入し読んだ。面白い。全5巻、読みふけたい。

3か月前

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6fF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241Icon user placeholder22778061 5d70 4b98 ae41 380829cb8d37E6ef29a5 955b 4561 9358 7d33581502bc6a5814fa d45f 468d 8be0 ebcf09a42343 15
家と庭と犬とねこ

装丁も石井桃子さんらしい雰囲気で良い。子どもの本を多く世に送り出した石井さんの人柄を初めて知った。多く共感できるところがあった。戦後間もなくの日本の暮らしを石井さんが語ると他の作家とは視点が異なり一等身近に感じられた。

3か月前