330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886f

Hajime Ishida

楽しく記憶に残す読書 【記憶に残る読書…

楽しく記憶に残す読書 【記憶に残る読書法】 いくらたくさんの本を読んでも 記憶に残っていなければもったいない。 活字中毒と自認するくらいに たくさんの本を読まれる方でも 本の内容を伺うと ちっとも頭に残っていないことがある 本の内容は理解しているが 頭には残らないのだそうだ。 書いている内容を 思い浮かべながら読むと 記憶に残りやすくなる。 頭の中で思い浮かべていない情報は 自発的に思い出すことが出来ない。 記憶はイメージすることと、 それを何回も繰り返すことで 強化される。 隙間時間にイメージ力を鍛えることは、 記憶に残してたくさん読むために大切。 良い本は繰り返し読むと味が出る。

201

コメントした本

死亡フラグが立ちました!

ライト感覚で読めるミステリー 奇想天外ではありますが、トリックはよく考えられていて楽しめます。 「悪い奴らは善良な人間よりもはるかに勉強家で、ずっとずっと努力家である。その甲斐あって奴らは日々進化している。未解決事件の多くは俺たちが奴らに置いてけぼりを食らった負の経歴だ」 という作中に出てくる言葉にハッとさせられました。 全てに当てはまる訳ではありませんが、自分は悪いことはしていないということに安住して、危機感なくぼーっと生きていたらダメですね。 「株も男も損切りする勇気が重要」という女性の言葉にも脱帽。

22日前

46baa3a2 b5d4 481f a76a 26f9ada3ac55D6175a51 e5bc 4084 ac2a ee7be59ca16d63431f95 baa0 45f1 a133 e2115e25ab7e458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c21feb4c0f d54a 4e5d a8dc 823c503401f65840061e e30d 4972 9035 47bc120185df71b5c952 1be0 4f69 ad05 129c1f71b1d5 8
シャイロックの子供たち

同じ銀行の同じ支店を舞台とした10編の短編集。 それぞれ主人公は違うが、話は関連している。 銀行という舞台で、それぞれの家庭を守るために戦う男女銀行員を描く。 中盤からミステリが浮上し、謎解きの要素も出てくる。 予め伏線が張られているので、通読してから読み返してみるのも楽しいかも。 この本を読んで絶対に銀行には就職しないと決めたという学生さん?の感想をネットで見た。 しかしこれに似たことは、どの業界にもあるのではないかと思う。 (ミステリの部分は別として) 解説の方が書かれているように、働くことの目的や誇りを失わずに、地に足をしっかりつけて働き続けることが大事だなあと感じた。 最後は、「いろいろあるけど、もうちょっと自分も頑張ってみよう」と思わせてくれるところが、池井戸作品の魅力ですね。

約1か月前

Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09bBe0e464b 877d 45aa 9cf9 41ce60aa9469A903902a b2d5 4ad8 aa49 01641034b832Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderA7a029ac 7107 494c b57d 801d364672c3 17
オレたちバブル入行組

数年前にブレイクしたテレビドラマ半沢直樹シリーズの原作1作目。 とても読みやすく、話の転回に引き込まれる。 随所に銀行や金融業界に関する説明があるので、楽しみながら勉強にもなる。 解説に書かれているが、主人公が小突き回されることにより、読者もプレッシャーや腹立たしい感情を共感出来る。 それだけに逆転に成功した時の爽快感がより際立つ。 そして最後は自分も仕事頑張ろうと思える勇気が湧いてくる。

3か月前

Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09b421b7531 6270 43bb 98c1 c6004cdc45c81589ab15 bc91 4551 83ec 2a88bb4c65a3642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df749b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f74Icon user placeholderIcon user placeholder 61
ナミヤ雑貨店の奇蹟

5つの別々の話で構成されていますが、それぞれが後々つながっていきます。 1話目ではそのやりとりの面白さに引き込まれ、2話目では感動し、面白さと感動のサンドイッチを繰り返しながらいろんな話が続きます。 娯楽でありながら、人の心の勉強にもなるおすすめの一冊です。

5か月前

0a83a93d 9ec1 4e05 814d 21cb4749c69fB357c5d4 925d 41dd 87d5 a56b70265399D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f0Icon user placeholderBe0e464b 877d 45aa 9cf9 41ce60aa9469E94f8ff0 5578 4082 9a48 36ad15b20e9fIcon user placeholder 152
仏果を得ず

文楽を知らない私でも、魅力を知ることが出来て楽しめた。 文楽をご存知の方は更に楽しめると思います。 印象に残ったのは、文楽作品は登場人物の心情をより深く理解することにより、更に楽しめる奥の深い芸術だということ。 この事を知ってから文楽を見ると、更に楽しめそう。 恋愛のドキドキ感も味わえます。

5か月前

F3b5f76b 9a8d 4ccc b31c 6a221f502f10Icon user placeholderAe59d293 b9be 4dda 8237 87d5a9e26419Db067422 32df 448b 944e 3ea35eb3ade79af57cc8 d373 4abf 863c a65117f6825a76f7f5af 9c9a 4a22 85c2 e8a67e79ab6063bd1528 92f0 4d80 ad87 fff0a92563bc 9
天国はまだ遠く

生活の中で追い詰められて息苦しく感じ、自殺まで考えた主人公が、偶然がきっかけで体験した生活から、人の目に左右されることなく、自分に正直に生きていけるようになる。 彼氏とのすれ違いコミュニケーションが面白かった。 民宿のおじさんが「夢を叶えるゾウ」のガネーシャのように見えました。

6か月前

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2419ce2e64e 6f31 4d75 b26f 84574d0ac6c36f0691fd ce2c 4426 84d4 6cdc5c7521eeIcon user placeholder668fb9b0 11c1 4db3 8bd3 46808025df388a323169 7751 4e5b 8253 c12a8b8021f488630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3c 18
ふうたのほしまつり

兄想いの妹、妹想いの兄、二人を想うふうた。 二人を助けるためにふうたは走り出す。 みーんながハッピーエンドで良かった。 こころが癒されるお話でした。

9か月前

あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇

発売ほやほやのシリーズ4作目を本屋さんで発見。「商売の成功」という同じ目的に向かっていた夫婦。最初は良かったのだが、うまくいくに従って、妻の商才が目障りになる主人。呉服の材料の産地を育て、その素材の独占販売に成功。現在のユニクロやGAPなどのようなSPA(製造小売業)の走り。 ところが、主人は取引先への義理を欠いたために、信用を失う。 ここから主人公「幸」の活躍が始まる。 今回も商売のアイディア炸裂! 最後には、その男気にシビれます。

10か月前

Daf6073a 6c66 4126 bc03 676433aab319D6ccf8be 3e9a 4954 a19a 32116cce0d6eIcon user placeholderIcon user placeholder68cf50e6 a041 456b 916e 9f6380044ab6
花戦さ

人の考えの多様性を認めることの大事さと落とし穴について気付かせて頂きました。 専好さんのあっけらかんとした中に、こだわりのある生き方も魅力的でした。

11か月前

Icon user placeholderF3b5f76b 9a8d 4ccc b31c 6a221f502f10
あきない世傳 金と銀 源流篇

商人に対して嫌悪感を持つ父のもとに生まれながら、皮肉にも大阪の商家におなごしとして勤めることになった主人公。 逆境の中、「知恵がよりよく生きる力になる」そのために学問をしたいという思いは強く、わすかながら理解者も現れ、この先の展開が楽しみ。 おなごしは、一生商売には関われませんが、今後どんな展開で活躍するのだろうと、期待がいっぱい。 物が売れない時代にどんな工夫やアイディアが飛び出すのかも楽しみ。

12か月前

Daf6073a 6c66 4126 bc03 676433aab319Icon user placeholder63c52606 abf3 4cf4 8976 6dd4c613b6cb564ed7ed 4ffc 4ac7 a30c 28152d1ff557Ff5ad4ab 784c 48ad a80d 341802f65847
オレたち花のバブル組

何年か前のドラマ「半沢直樹シリーズ」を思い出しつつ読んだ。 一度は精神的に病んでしまったこともある、半沢の同期の近藤が、意外にも活躍していて驚くとともに頼もしかった。 半沢直樹の相変わらずの不屈の闘魂には脱帽。 ドラマで内容を予め知っていても楽しめました。

約1か月前

あきない世傳 金と銀(五) 転流篇

店の外部には悪役の影がちらつきますが、基本いい人ばかり出てきて心地よい。 この5作目でも主人公の商売の知恵、アイデアが大当たりで痛快。 でもまだまだ課題もあり、これからの展開が楽しみ。 当時の大坂や江戸での商慣習を知ることにより、生身の生活を感じられて面白い。

3か月前

68cf50e6 a041 456b 916e 9f6380044ab6Daf6073a 6c66 4126 bc03 676433aab319Icon user placeholder
嘘八百

地元堺市を舞台にした映画の本ということで購入しました。 骨董品の世界のことはよく知らなかったのですが、こんなこともあるのかなあという感じ。 堺市内の地名が出てくるので、イメージしやすかった。 後半、茶器を苦心して作るシーンがあるので、陶芸をされている方はより楽しめるだろうなあと思いました。 少しですが、利休や半井瑞策、長次郎のことが勉強になりました。 コメディなので気楽に読める作品でした。

4か月前

日本史の内幕 - 戦国女性の素顔から幕末・近代の謎まで

テレビによく出演されている磯田先生が古文書から生身の歴史を紐解いている。 一つ一つの話が3ページにまとめられていて、読み進めやすい。 磯田先生が、自分の調査したい目的のために、職業や居住地を自由に変えておられる生活スタイルに驚くとともに、羨ましく思った。 個人的に興味深い話題もたくさんあり、スラスラと読み進められました。 個人的には、「山田方谷」に興味を持ちました。

5か月前

47447c07 c188 4a46 a700 79a4bc3d1a5568846bbe f9fe 4f84 9769 b3159f1b0d98Be2705bb 9ad5 4b79 9412 de0079a04aa35965ac89 7374 4416 a719 27e42627144bIcon user placeholderIcon user placeholder566582a3 d526 4a43 a87a 1ae5380ae684 8
天皇陵の謎を追う

地元堺の観光ボランティア活動のために古墳の基本的な勉強はしていましたが、分からないことも多く、何か詳しい本を読んでみたいなあと思っていた時にこの本に出会いました。 知らないこともたくさん載っていて、地元ボランティアにとっては百舌鳥古墳群と古市古墳群の部分だけを読んでも充分価値があります。 陵墓参考地や陵墓治定の話など興味深いお話がたくさんありました。 全てが明らかになる日は果たして来るのだろうか。

6か月前

舟を編む

言葉の勉強になるだけでなく、恋愛のドキドキや仕事を通しての信頼関係を感じるとともに「言葉の大切さ」を再認識出来ました。 読書の大切さも感じられます 恋愛に不器用な主人公が書いた長文の恋文を、最後に作品内の登場人物2人の感想、解説付きで公開。 岩波書店の辞書編集部の方が書かれた巻末の解説もおもしろいです。

6か月前

9de8a6e9 8ead 4e7a 9fd1 811a28cd3db90074039a 6087 4388 9a14 20afd3704b3711a604ac 86d0 4060 a3cc e149b56dcc5fD6af925a 0bc2 41d9 bd40 2395ae705382D185318e 50c9 4d7d 9f9d 97bc12d79a70D9297e0c 3bb3 4800 8622 daacb23965812c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f 257
死ぬほど読書

なぜ現代でも読書に価値があるのか?明確に答えている。 読書生活に為になる情報がいっぱいで、更に読書が楽しめそう。 本好きにはたまらない、読んでいて心地よい一冊である。

9か月前

458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c2Icon user placeholderD8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd02048104f9f90e8 ffb2 4acb a00c 3fb81bb7bc5cIcon user placeholder79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd865fadca 5273 4ec0 a42c 9a58c52348ea 47
明治維新という過ち 日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト

今まで常識だと思っていたことの逆の言葉がタイトルになっているので、気になって手にとりました。 賛否両論あるとのことでしたが、事実を別の視点から見ることの大切さを痛感すると同時に、知っているつもりでも知らないことがたくさんあり、自分自身の勉強不足を感じました。 もっと勉強したいと思いました。

10か月前

68cf50e6 a041 456b 916e 9f6380044ab6Icon user placeholder
卵の緒

知識を得るための読書というより、心の洗濯をするための読書。 生きていく上では、後者の方が大切なんじゃないかと思わされる作品でした。 どちらの作品もお母さんのお子さんに対する(実の子であるなし関わらず)深い愛情を感じ、感動しました。 また、子どももその年齢なりに、いろんなことを感じたり考えたりしているんだなあと勉強になりました。

11か月前

C9584f8f 2258 4507 a920 cb169b4ce715Icon user placeholder84bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae79ce2e64e 6f31 4d75 b26f 84574d0ac6c3488c9685 faf0 4507 af33 ff2533d932708a3c6c69 7e82 4ce3 b03d 6811f4e797c41ae94ddf c69d 4cfd 9e49 faf30b8c1b9b 34
有頂天家族

言い回しや文章が、文章を書くときの参考になるということで、オススメ頂きました。 こういった空想と現実が入り混じった世界の本を大人になってからは、読んだことがなかったので、最初はイメージしにくかった。 わざわざこんな言い回しをしなくてもと思うような言葉がポンポン出てきて読みにくかった。 読み進めるうちに段々入り込めるようになり、楽しめた。 ときにはこんなお話もいいですね。

約1年前

Icon user placeholderEf4056d8 4c77 4727 8c8a 4ec70402cae3A92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955fIcon user placeholderF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113Ce3ec283 9daa 48f6 b599 3235030bf6e2087bcd6b 9bac 4ee8 8cf0 a8bb23b811ed 63