A6a90c6c 0984 4ced b368 5305abbeb82a

Shiki Watanuki

(^∇^)宇宙について、宇宙の始まりにつ…

(^∇^)宇宙について、宇宙の始まりについて、宇宙が始まる前について、宇宙の終わりについて、時間について、意識について、DNAについて、脳生理学について、生物の存在意義について、興味があります。好きな作家。村上春樹、森博嗣、中山可穂、恩田陸、山尾悠子、小川洋子、皆川博子、大塚英志、川上弘美、川上未映子、クラフト・エヴィング商會、北園克衛、伊藤計劃、太宰治、夏目漱石、宮沢賢治、芥川龍之介、夢野久作、有島武郎、折口信夫、梶井基次郎、アンナ・カヴァン、ウィリアム・ギブソン、ロートレアモン、ハイネ、ゲーテ、ボードレール、バイロン、シェイクスピア、ドフトエフスキー、ヴェルレーヌ、ランボー、リルケ、サリンジャー、ポール・ギャリコ、ステファン・マラルメ、コクトー、ヘミングウェイ、アンドレ・ブルトン、モーパッサン、ウィリアム・ブレイク、タゴール、ラ・ロシュフーコー、アントナン・アルトー、マルクス・アウレーリウス、ポール・ヴァレリー、キェルケゴール、シュレディンガー、ハーラン・エリスン、ヴァレリー・アファナシエフ、以下略。

31

コメントした本

意識はいつ生まれるのか――脳の謎に挑む統合情報理論

普段当たり前に存在している意識が何処でどの様なシステムで生まれるのかを専門的な知識がなくてもわかるように書かれた読み易い本です。タイトルにある通り、意識が生まれる場所や過程についてを合計9章、各章の中に副題で多数分けて書かれているので、ゆっくり読む人でも読み易い本です。読み易いとは云っても、内容は高度で、知識欲を十分に満たしてくれるので意識について興味がある人にはお勧めの本です。

約2年前

C90b86b7 44c5 439b 88b8 4e7ba578a5411e5c5d77 136c 4e6c 84c2 dce2a97dde55Icon user placeholderF42c9bc6 3205 4a7f a4d0 18cd6f5ef9358fc289ad c21b 4f3d b05d 332dc07a48508a3718e0 3761 4b9c b4ed 829fd37e959791da4f56 a889 4f93 a7c9 e82818975d05 12
ナイン・ストーリーズ

何てことのない事柄を何てことのない文体で描いた短編集。不思議に好きな本です。

約3年前

Icon user placeholder92921a81 2531 4064 a689 cc6d1319fd9cE33c5665 ee0f 46b7 9f5d e0a7408efad11b5acfa3 79d7 4125 af4b bda96d01cdad2a7011ad 1023 4a28 9610 18ac8022a01dAkiaivjyeuyp25rambwaC6babf18 4a1d 4470 91fe 0ebd639a94d0 41
人間失格

私が純文学に触れた初めての作品で最高の作品。太宰治はこの物語を書くためだけに生まれたのだと私は思っています。

約3年前

3ed9eefb d1b8 4b47 b34d 213a0340ad43Fc3d5934 9c3d 44e1 9415 ffe44b1ad953F9f7780e 014f 4422 bcd2 66688f6fdb6560e56c58 0bca 4079 a305 9d5eec5440ccEe287a7f 8300 4bdf b9cf d715cd1e9f72D64b3a18 41aa 4374 8b45 2936e7253274640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff 78
魔的

森博嗣の詩集。小さな森の中のように静かで柔らかな風が吹いている。

約3年前

6c5c4c7e 0584 4b13 a229 f2869ec908852d1e8bcb 860c 4a49 b1d8 ea9deb2a3c9dEb17372f 55dd 4e88 b0b5 f68ba916d4d3
世界の中心で愛を叫んだけもの

エヴァのサブタイトルになったSF小説の短編集。短い物語ばかりなので読みやすい。タイトルの短編がやはり1番好きです。

約3年前

43e632b4 ea13 4b82 879b 94153c6d2b2740deeedb c1a3 44e2 8f16 b81c4d19201f5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc238e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b182395ecefc8 1fb3 4784 9b5e 215a9a3ed5dd
女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN (新潮文庫)

森の中の孤独な王国の女王デボウ・スホの美しさと重なり合う事件の終焉。すこし冷たい優しいファンタジー。

約3年前

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cEd17a1f0 2f50 42ec a243 e8163423603f2431e89a 3f32 4955 bd04 75f9d814504e50592606 6c0f 453d 89f7 e97110e4d3beDa89d462 9367 4b41 968a 24fe70ba90575a8a499c ffee 4107 9fad 3c209d7669edA26e4845 1e26 4848 be07 0d7579fc67eb 12
悪の華 (集英社文庫)

「悪の華」ボードレールの詩集の代表作。タイトルに惹かれて興味を持って手にした本。読んでいると眠くなるけど、たくさんの詩篇の中に心を掴み潰されるような一節を見つけたりする。電子ブックで常に読めるので、いつも時間が出来ると読んでいる。手離せない本のひとつです。

3年前

5da5fe40 923d 406d ba4b 08d3bd9465dd23770895 a834 4a83 b7b4 fa8e2cea13f801711302 1023 4eaf 95eb 7ada2e496be2B339c751 5ed9 4f7e ba6d 367c7bee4694
ドイツ名詩選

ゲーテ、ハイネ、リルケなどドイツの著名な詩人の詩集。原文も載っているのでドイツ語で読みたい方は嬉しいでしょう。何よりゲーテやリルケなどに初めて触れてみたい方にオススメしたいです。

3年前

C0f655d8 2708 4387 8151 aef6b5d7e7464d3d6b2e 91e7 438b a253 0dff44d39d93
ハーモニー

前作の「虐殺器官」とは文体が変わって少し軽いかなと思いましたが、読み進めていくうちに気にならなくなりました。登場人物の個性的なカリスマ性やサイバーパンク的なガジェットの新鮮さが魅力的で、何より物語自体が面白いので、やはり既に他界されていることが悔やまれます。

3年前

11906ce1 cec6 42e1 97f4 2507e03c1908Bf10f679 14de 44fe b692 f16ae60cfaa0D462f391 9bc1 457a a1f7 11d782c303a95c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdIcon user placeholderD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c50f65d73 0572 4f32 a950 2045c8fb0ec9 66
スプートニクの恋人

村上春樹の作品の中では短い物語ですが、相変わらずの喪失感と物語の面白さ、それと虚しさ。ノルウェイの森、と比べれば軽い読み物ですが、それだからこそ、気軽に読めて村上春樹の世界に浸れるというのは嬉しいことです。

3年前

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd243c4d95 2c31 41f3 812d 2ee3122abdc5Ac8450bb 96b6 475d 9a26 f8a500cd5ed665c12427 15d9 42bf 971b 1c9691ef9fa3Aa8adbfc 9571 4e08 9230 812bd0b246fb4158f124 d394 4b8b ae3d 048569db598878a45888 7582 4a41 bb42 b6ae08bbaf5a 73
ジュリアとバズーカ

悲しさや恐怖や失った喜びをとても美しく丁寧な文体で淡々と進むお話を短編小説のように15の章にわけて描いた小説です。アンナ・カヴァンを読んだのはこれが初めてですが凄く好きな作家になりました。

2年前

5da5fe40 923d 406d ba4b 08d3bd9465dd7ddded9e 9c38 4e7f 8201 528fa1525b5e
すべて真夜中の恋人たち

タイトルに惹かれて衝動買いしました。ページを開くと、「真夜中は、なぜこんなにもきれいなんだろうと思う。」という一文に私の中の疑問の一つが解けた気がしました。とても愛しい作品です。

約3年前

A13cfc2c 655b 48aa 9a13 29ccd51ddcfbIcon user placeholderB9182c16 bd43 4b77 a0de 255c70e4fa0f5fb24a66 6d9a 48df a070 fda9a18ed96b20020554 f198 454e 91e8 1f0d2e6b66cc5e6a7c73 6b65 4d42 b07b a73eb7fc2f41Ooebgixj normal 54
こころ

私を作るためのとても大切な部品です。

約3年前

D64b3a18 41aa 4374 8b45 2936e725327435febbaf 965e 4a53 8879 a37b3862c0e42c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6fE860fe77 0edc 43a3 bd14 077ec9fdf645Icon user placeholderIcon user placeholderA3117d24 5880 4a6c b095 379d6198574b 114
新編宮沢賢治詩集

私の大好きな春と修羅が入っている詩集です。私に影響を与え、私を進化させ、私を悲しませて、これはそういう類の詩集です。

約3年前

6ee54434 4c75 4e11 863f b1c41a663c2c375047f0 3ed1 4470 b9b3 edcb7f51c4a081da90a8 3ff0 4437 b700 8b20225939f6Icon user placeholder4798581c a703 4097 b3a0 2250982a7b05F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf9
迷宮百年の睡魔

「女王の百年密室」の続編。淡々と描かれるミチルの感情の連なり。こちらも優しく冷たいファンタジーです。

約3年前

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cDa89d462 9367 4b41 968a 24fe70ba90575a8a499c ffee 4107 9fad 3c209d7669ed5b3edbd4 ddf5 40b4 87b9 8a21a7958ca928bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31
ニシノユキヒコの恋と冒険

四月みたいな少し冷たい空気感が好きです。

約3年前

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f2c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a045267Bd0de724 a96a 4d3a 9dec f2c5c2dfb44989564ccc 1bac 4f9c 9bb3 b68d70b8f3378b0d7518 e7ce 4f48 80a5 fdf0ada87125E200c20d cad6 4d17 8d18 63b710f4190991cbbfc4 a786 45db a9f5 86da0ccccffb 22
檸檬

この有名な短編小説には「桜の樹の下には屍体が埋まっている!」と云うとても有名なフレーズが出てくる物語が入っている。そのフレーズだけが有名になるほどの魅力的な物語がこの短編小説に入っている。思うのだけど、梶井基次郎を知っていても、「桜の樹の下には」以外は読んだことのない読者も多いかもしれない。でも、他の作品もとても美しい文章の連なり。この短編をきっかけに梶井基次郎をもっと知って欲しいと思う。

3年前

F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacA93c4d85 1b90 4d47 85f3 ed44e623a822Ce5d21cd cf6d 4b88 a74c 3aa3aa94721f1e251ad4 6e1a 4aaf be54 1a999663ecf7Fc3d5934 9c3d 44e1 9415 ffe44b1ad95303487e9b da2f 430f 8706 963a87c3209fEc9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25f 79
RE DESIGN―日常の21世紀

既にデザインが洗練されているものを異なる視点でリデザインする。竹尾ペーパーショーの展示作品を写真付きでデザインの意図を知ることができる。装丁も含めて、クリエイティブディレクターの原研哉氏のデザインに対する意識の高さが伺える。毎年行われている竹尾ペーパーショーの中では、今のところこのリデザインが意義の高さでは秀逸だと僕は思います。

3年前

1d5586ae 5320 49a4 909a 337ef92532aa15807308 83f2 4ab3 aaf8 9c984727f5deFc3d5934 9c3d 44e1 9415 ffe44b1ad953
虐殺器官

ウィリアムギブソンのニューロマンサーが大好きなら、必ずはまると思います。出てくるワードやガジェット、ストーリー、全てが新鮮です。執筆活動2年にして他界されているのが、本当に惜しいです。

3年前

11906ce1 cec6 42e1 97f4 2507e03c190824a8bcb7 2020 4a2b 8cbb c346bd1b26a3Bf10f679 14de 44fe b692 f16ae60cfaa09b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d101f1fe9 aebc 4e49 9b39 0cd04b237a2126a96fa6 ce1b 42f3 a369 7685ddc74a05Icon user placeholder 124
こころ

夏目漱石の作品はこれが一番好きです。先生の死、先生の手紙が忘れられない。僕もこれをきっかけに遺書を書きました。

3年前

B202f626 0795 4027 99ca 47cba8606095851fb264 0c5d 44e6 86f0 0bb8c5664509Icon user placeholderF456dd6c 5985 4bb4 9305 d2c780a3b4b03460025e e2b0 4b61 8233 ad371a2ad4f06c772498 aab4 4be7 afbe 7e36776d801bF47d0951 7455 4e86 b9c7 8bcd46ae10b3 92