25c10f7b f123 457f 9aee a8caa05542d9

あや

奈良出身、京都在住。 読書日記です

奈良出身、京都在住。 読書日記です。 一箱古本市に参加してます(屋号はヴィオラ書房)。

153

コメントした本

514jbrnhx5l

ついに新刊!待ってました。 あかりさん、モテモテ(当たり前)。誰を選ぶのかな…。島田さんがオススメだよ、あかりさん。

11か月前

13270021 7db5 4940 9051 2599bbe4f0c7D0673300 0bad 4bbb 996a 8ebeb30b179f6fa59ee1 de85 4f25 9e0e 9caed7f9102489e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e2bad8a6f f077 4bce b6be 726113c92253B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca194dbcf5 38c1 4bd2 862d cb36246c3a84 9
614ngjcz yl

twitterで知って。 「今宵も何処かで涙の匂い」 ちょっとした幸せとか、やるせないなぁという悲しみを、感じさせてくれる。ついホロリと泣いちゃうんですよね…。

12か月前

A73e8a20 ae9e 405e 875d edefb8a38a6a75e54cd0 91fc 4138 bea3 918e00dcec036efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f5837659b69345 fd38 4c60 9112 b8f1b167579eFcd78a68 5507 494c a56a b3dcf49699db
51mb6ynfxvl

超オススメ! 高校一年生の勉強一筋の雫と、学校に入れない破天荒な行動ばかりハル。思いがけない出会いを通して、2人はお互いを見つめながら、自らを見つめていく。 きっとこういう相手に出会える事が人生における幸せのひとつなんだろうなぁ…。

12か月前

96720e30 7fbb 4be5 9f88 65102b0ab49e9fe8e8e1 8d7c 4371 b80a 1b563b3dd7cbE8340c3a 9896 4d24 9e72 4c9adc092904
31vrfchmgwl

再読。ミドリのショートケーキの話、すごくよくわかります…。昔読んだ時は読み飛ばしてたのに。 20才の頃の眩しい時が過ぎ去った後に再読すると、その時が哀しみして感じられるのかも…。冒頭のワタナベくんみたいに。こんなに胸に刺さる、何遍も思い出す作品になると思わなかった。

約1年前

1f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585A6f35b9e ff78 4349 af5b 80496a9e88aa705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c52f2dc317 12d9 4c52 9738 f964578be5fc9bc34478 5361 482d b5bc 3e857a5f25d1E9640120 30a9 4d5d 8183 fe541ce30b87352d27b6 0f0e 4c0c 99d1 f39573040311 51
51tprazlrvl

安定の面白さ。ヒロインの妄想力と度量の広さにカンパイ!

約1年前

51jub8hukgl

私、今までBLを誤解してました。こんなに女性的感覚とBLが近しいものだったとは…。今話題のサンキュータツオさんが春日さんにわかりやすくBLを解説するという形ですすみます。 男性にこそ読んでほしい!BLを理解できると世界の理解が広がるんです(読めばわかります)。

約1年前

8c2edbaf 970b 4af3 92c3 d60fd68dbe01Ce6676dd 05fe 4fe1 bd60 44f7b05f9af3
51kn80w60yl

この本は古くならないですね。グリム童話のお話を河合先生がユーモアに溢れた語り口で解説。ユング心理学の元型論やユング心理学の理解のための一冊としても優れたテキスト。最近気づきました…。

約1年前

Ed124480 0d17 4e09 bca4 8bd2f8eeca59583aa2f4 bbfc 4e9d b370 6b34ee362f79
41ux6znf12l

私の持ってるのは古い版でした。国民に目の前が真っ白になってしまう奇病が流行る。ただひとりその奇病にかからない人の視点を通し、物語はすすむ…。 白の闇というのが、作者が提示する現代の問題を表現する暗喩なんですよね…。すごいです、この本は。

約1年前

22b3a3bf 0bd7 4c5a a63b da875268a8e77ddded9e 9c38 4e7f 8201 528fa1525b5e
41djalnm6tl

チェロ弾きかつ新聞記者の著者が宮沢賢治の謎に迫る! セロ弾きのゴーシュが怒られる学長のモデルは斎藤秀雄ではないかなどなど。面白かったです。

約1年前

61jtpjs9qll

な、懐かしい…。中学生の頃はまって読み込みました。機会あり再読。 最近玄武のシリーズが始まったとか。また読もうかなぁ。

約1年前

51luqv3z37l

海街diaryとリンクしてる! いろんな恋のかたち。吉田秋生さん、本当に切り取り方も表現も素敵だ。

11か月前

2a83b852 93a3 4740 ac6c a4f492707a4b5353c40d abdd 41f0 af8f d974c5d471130d2c4f11 41bf 4a64 ae2c 64d2715e742c
41gdboug9ql

ホールデンは”the catcher in the rye”になりたいという。彼方の世界に行ってしまいそうな時、此方の世界に引き止めてくれる人…と私は理解しました。ホールデンにとってはそれは妹のフィービー。彼女がいて良かった。私も誰かのそういう人でありたいな。 思春期の時には世界を共有できる誰かが絶対必要なんですよね。 私は大学生のころ、このお話が読み続けられず、大人になってようやく読み終えることが出来ました。思春期の苦しみを言語化しすぎてて、読むのが苦しかったのかも。

12か月前

C23297ff 4e40 44bc 90f8 aa7d870dfd7b0b1940e1 27ce 42fd 90a1 3038f130f6d78bff9a1f ad9b 46d5 ba0d 3a17e703783011c10f8e ce5b 41f8 a001 c52029854ce87c3ca2ea 4d84 4876 88b5 ca265c14cbaf96f910bb 472d 47e5 8510 9a49971b71865cae61a8 b4f4 4bfc 9274 7fcfbfc38dbc 24
412swyiwb5l

「眠り」に新たに村上春樹が加筆した「ねむり」。夫、子と何不自由なく暮らしていた主婦の女性。ある日突然全く眠れなくなって…。 切れ味するどくなった印象。余韻あり。

約1年前

51uq3 kpral

若様とついに…⁉︎ 若様かっこよし!

約1年前

51d2bklfiil

最近再読。まだまだしっかり理解出来てない気がする、ヨハンについて。アンナが最後に思い出した記憶の意味についても…。 これを描いた浦沢直樹さん本当にすごいなとただただ驚嘆。

約1年前

0a818270 dad5 4dfb b74b ce5bb850dd9aFa8271f3 60a4 44e6 a532 08894ae2c002B720ba56 a940 4cb5 8556 1ec21475192b6a247d02 a575 4347 911b 09d51bdce85995ecefc8 1fb3 4784 9b5e 215a9a3ed5ddBc128466 79e2 4bc7 9659 5ccd556bb090
213hsy svrl

毎回言ってしまうけど、この号が最強なのでは⁉︎ グレイス・ペイリーさんの短編もよいけど、村上さんが訳したインタビューもすごい! MONKEYすごすぎる…。

約1年前

51khvqs2djl

フランス人写真家による日本のYOKAIたち。おどろおどろしさはなくて、清々しく、何だか可愛らしい。 ちょっと(価格が)お高いのですが、オススメの一冊です。解説も面白いです。

約1年前

41yvp0907fl

こちらは鎌田先生による宮沢賢治考。宮沢賢治は銀河鉄道の夜を再三書き直しており、その稿の変遷からの考察。こちらも面白かったです!

約1年前

61rx5tyxr l

装丁も可愛いけど、中身もGOOD。動物と音楽がテーマの短編集。可愛いだけじゃなくて、生きるということの喜び悲しみに迫るお話たち。「ルル」がよかった。いい名前だなぁ、ルル。

約1年前

34ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb60F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf971be520a 5897 4c18 bf30 3d806553ce79
51prqnjob4l

高校生の時に読み、それ以後何回も何回も読んでいる。 アフターストーリーの「アッシュ・リンクスの奇跡のような生に立ち会えたことを感謝する」という台詞は、一読者である私も本当にその通り思います。…また読もう。

1年前