D71abcef 2ec4 4475 9220 016e07293365

enanobananas

家族、仕事、わたし

家族、仕事、わたし

76

コメントした本

ぞうくんの あめふりさんぽ

ぞうくんとおともだちのまぁるいフォルムが可愛すぎる! 展開にちょっとドキドキして…わ!え!?はわわ〜!良かった良かった〜 しぶきが気持ちいい、ぞうくん良かったねの拍手としぶきのパシャパシャが重なってお池も喜んでるみたい。

約2か月前

まほうの夏

これはヤバイ! 夏に田舎に帰れない人は見ちゃダメ!

4か月前

やぎのはかせのだいはつめい

懐かし!私の幼少の頃に本棚にあった本。もう30年近く前! 古本屋さんでみかけて即購入。 娘にもヒットでなんども読み返しました。 やぎはかせの大発明は街の人の役に立ちました。最後の最後、本当にはかせが欲しかったモノとは?それは笑顔かもしれません。

5か月前

マドレーヌとパリのふるいやしき

マドレーヌは夜に行動するお話が多いなあと思います。今回もマドレーヌの夜の勇敢な活躍が人助けをします。

6か月前

はしれ、トト!

ちょっと5歳の娘には難しかったみたいw 競馬場に漂うアジアの路地裏感。子供は入っちゃいけない世界に、おじいちゃんに連れられて一歩踏み入れてしまった女の子。 女の子の無垢さがトトの白さと相まって、競馬場の灰色感とのコントラストが面白い。

6か月前

7日だけのローリー

片山健さんの絵がとっても癒される。 7日間の中で心情が変化してローリーにも愛着が湧いていく。ずっと一緒!と思ったのもつかの間…。まさかの展開。 ちょっとさみしいけど受け入れるのも心の成長。 ローリーの名付けの理由も好き。

7か月前

まっくろけのまよなかネコよおはいり (大型絵本 (32))

愛することは独り占めすることじゃなくて受け入れること。 ジョンブラウンの複雑な心境。それから優しさ。 5歳の娘と読んで、意外にもちゃんとジョンブラウンの気持ちを理解していて驚く。

7か月前

もりのてがみ

春を待つひろこさんから森の動物たちへの手紙。ひろこさんの中のファンタジーを親目線で見守っているようで、彼女の夢が壊れないように少し不安になったりしますが、最後はあぁやっぱり夢じゃなかった!と心がほんわかします。 絵が本当に素敵です。手紙には子供らしいあたたかな筆跡が。森の様子は低い目線からのダイナミックな構図が。 お気に入りはもみの木の子どもたち。

8か月前

ぼくの あかちゃん (ぬぷん絵本シリーズ (1))

第二子妊娠中にお姉ちゃんになる娘へ読み聞かせ。 男の子のだだこねが少し先の未来の姿かもと思えただろうか。お母さんの男の子への愛が自分の母の愛に重なっただろうか。 娘にも私にも来る日のための心の準備になる本であった。

約1年前

お友だちのほしかったルピナスさん

ラウラとふしぎなたまごと同じ作者。 ラウラは多くを語らずとも、気味の悪さや心細さを絵の力で表現されていた。 ルピナスさんはもっと物語を読める内容。パタコトン氏、前作に続くハンプティダンプティなど魅力的なキャラクターも登場。ラストもハッピーエンドだが根暗て゛とっても良い。

約1年前

おばけドライブ

絵本界のパンクロックみたいだと思った! 独特の世界観は他のどの絵本とも違う。スピード感と、繰り返しが楽しくて◎

約2か月前

アメリカのマドレーヌ

バーバラベーメルマンスの語りで、マドレーヌシリーズを書いたベーメルマンス一家を少し知る事が出来ました。 もっとマドレーヌシリーズが好きになります。

5か月前

あさえとちいさいいもうと

本屋さんで立ち読み。 ヘタなスリル小説よりもずっとドキドキしてしまった。全身の毛が逆立つような胸騒ぎ。子どものころの同じような体験…なんてしてないけど、あまりにリアルで。林明子さんの絵が子供目線の怖さをよく表している。。

5か月前

マドレーヌ、ホワイトハウスにいく

ウサギの魔術師がかける魔法がなんとも素敵。夜明けの風景が美しくて、その一瞬の儚さがマドレーヌとペネロペの寂しい気持ちをよく表しています。 また、あとがきに作者が、この本に出てくるウサギに扮する魔術師は本人のおじいさんが受け継いだキャラクターでおじいさんそのもののようだと明かしています。 そのことも加えて読むと更に深みがあって優しい絵本でした。

6か月前

クリスマスの三つのおくりもの 全3冊

ふたつのいちご ズボンのクリスマス サンタクロースとれいちゃん 林明子さんの絵が現実とファンタジーをゆっくり優しく混ぜ合わせる。

7か月前

うどんのうーやん

なんちゃって関西弁で何度も読んでいる。 なんでも乗っけてしまううーやんの懐のデカさと出てくる食べ物たちのキャラクターが面白くて娘は大好き。

7か月前

9fe8e8e1 8d7c 4371 b80a 1b563b3dd7cb3266ce63 f21e 43b2 a877 008dbbe310bb0f7503ec f720 4b67 8326 7397152d217c
よあけ

1ページめくるたび、朝の音が聞こえてくるよう。いつか私も浴びたことのある朝の光を身体中が思い出す。

8か月前

A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b132618a3718e0 3761 4b9c b4ed 829fd37e95973a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43C017f974 2539 4a01 a5e5 77ca477904caE8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d11615477185df63fa8 2246 482b 9da4 69582046dd5406c4cd57 92a0 4ffb ae8b 84d8aaca53a4 10
おちゃのじかんにきたとら

こんなトラが来たら嫌だ!変なトラ!と娘と言ってたのですが、2度目に読んだら、もしかしたら、これはパパとお食事に出かけるためのママと女の子のかわいい言い訳なのでは?と思いました。 言い訳をしている2人の空想が絵本になったような。そして分かっているのにそれなら仕方ないから食事に行こうと受け入れてくれるパパ。それを思うと、ふふふと笑いあっている食事の風景がなんとも温かく想像できて、最初の印象と全く違う印象を受ける本です。

約1年前

バーバ・ヤガー

森の奥に住む魔女と女の子のお話。 字数もなかなかで読み応えもあり。 何と言っても、版画の絵がオシャレ! 表紙と裏表紙がバーバヤガーの小屋の表と裏になっているのも気が利いている。

約1年前

ソーニャのめんどり

優しく命を頂くことはどんなことか伝わる本。 食物連鎖や、食育、と堅苦しくなく、ちゃんと物語にのって優しく伝わってくる。お父さんの伝え方が素敵。 手書きの絵も温かく、切り重ねた影の出方も味があってとっても良い。

約1年前